« つ、つ、つ、強え~! | Main | 潤くんも一人の人間 »

September 22, 2014

HAWAII ライブビューイング(21日)

21日のライブビューイングに行ってきました。

ヘリから降り立ったのは、『トップガン』嵐でした。
さあ、アメリカに足を踏み入れたぞ!という演出かなとも思いました。

私は、10周年のときの豪雨の国立をびしょ濡れで体験し、
15周年も私が観れたのは、豪雨の回でした。

“嵐”というグループ名、
怒涛の嵐に打たれても負けない、
疾風の嵐を自分たちの内に取り込んでさらに強くなるグループかなと思いました。

10周年の国立で、豪雨でぼやけて見えない国立競技場の中、
ムービングステージ上で繰り返し歌われた、♪明日に向かって生きていくのさ♪の明るい声が、
ずっと耳の中でリフレインしていました。
そして、今回雨の中、一番印象に残ったのが、♪ビバ青春 胸を張れ♪の元気なリフレイン。
どんな過酷な状況の中でも、明るく元気に前を向いていくのが“嵐”というグループ。

だからこそ、このような盛大な15周年を迎えられたのだろうし、
多くの人たちを勇気づけてくれる。

潤くんの2日目の挨拶だけで言われた「みんなにとってこの15年はどういう15年でしたか?」という質問。
私にとっては、松本潤という人と歩んだ最高に幸せな11年半でした。
彼の活躍を楽しませてもらっただけではなく、
起業してからの7年半、どれほど彼に励まされたかわかりません。
私は天命と思い、世界中の誰もしたことがないオリジナルの道を切り開いています。
チェレンジにつぐチャレンジだからこそ面白いし、幸せを実感しています。

事業を起こしたからには、当然成功を目指していますが、
最近、成功って何だろう?と思います。
莫大な財産を築いても幸せになれない人もいますし、
人気の頂点に立っても、そこから転げ落ちる人もいる。

ですから私は、一生成長し続けることが成功なんではないかと思うようになりました。
潤くんが、占いの人に、98歳で運気が最高になると言われたのは、
98歳までチャレンジし続け、成長し続けるからなのではないかと思うのです。

潤くんは、「チーム嵐で道を切り開いていこうと思うんで、その同じ道をみんなで歩いていけたらと思っています。」
と言っていましたが、
私は、道を切り開いていく潤くんや嵐を横目で見ながら、
私自身の違う道を切り開いていこうと思っています。


|

« つ、つ、つ、強え~! | Main | 潤くんも一人の人間 »