« 音楽のちから2014 | Main | 一般受けするには、わかりやすいストーリー作り »

July 26, 2014

毎度おなじみVS嵐

先日のVS嵐。
まるで水戸黄門だなあと思いました。

お決まりのゲーム+ヒリヒリ演出+柳○慎○さんのポリスネタ+ニノの天城越えから嵐デビューまでの80回話

毎度おなじみが繰り返されるたびに、待ってました!のワクワク感。

長寿番組はこれが必要なんでしょうね。
テレビのバラエティ番組は、日常生活の中で、だら~んとリラックスして、何も考えずに見れて、
その中で、いつ見ても、安心して楽しく見れる。

仲のいい嵐がいつも楽しそうに番組やゲストを盛り上げる超優良番組。

何年も同じことをするのも、嵐もスタッフもファンもある意味たいへんだなあと思いますが、
こういう番組を作り上げ、視聴者を飽きさせずに続けるのは、奇跡的なこと。

芸能界を見渡してみると、長くトップの座に居続けられるかどうかは、
こういう長寿の冠番組を持てるかどうかにかかっていると言っても過言でないような気がします。

次々と新しいことにチャレンジするのも大事ですが、
視聴者は、変化についていくより、おなじみの安心感をテレビに求めているんでしょうね。
そして、何度見ても面白いものを提供できるかどうかが、
嵐やスタッフの力量ということなんでしょう。

|

« 音楽のちから2014 | Main | 一般受けするには、わかりやすいストーリー作り »