« May 2014 | Main | July 2014 »

June 30, 2014

今回のワクワクで思ったこと。

嵐のコンサートは夢の世界だけど、ワクワクも別の意味で夢と幻想の世界なんだなということ。

友情がテーマだったけど、嵐が醸し出す世界は理想郷だよね。
悩み相談も、まだあまり現実を知らない10代のみ。(29日夜の部)

観客も、嵐5人も、実は、甘くはないいろんな経験をしているんだと思う。
でも、こうだったらいいよね・・・という世界を、今回のワクワクは描いていたのではないかと思うんです。

その理想郷を、演技ではなく、素の雰囲気で出せるのは、
嵐5人しかいないんだと思うんです。

嵐のコンサートは素晴らしいけれど、他のグループと差別化できるのは、
嵐5人のこの空気。
努力したから獲得できるものではなく、長年かけて築き上げてきた阿吽の呼吸のようなもの。

今回のワクワクを見た後、なんだか悔しさがこみあげてきて、自分でもどうしちゃったんだろうと思ってしまいました。

コンサートの歌や踊りなどは、最初から同じ土俵になんか上がれないから、わが身を振り返るということは全然ないけれど、
友情というは、誰にとっても永遠のテーマ。
嵐は、あっけらかんと、「みんな仲良くしようね~」と笑顔で手を振り、円陣を組む。
でも私は、「そんな簡単な話じゃねえよ」と、つい言いたくなってしまう。

ふと、芸能界のたくさんの人たちが、私と同じような口惜しさを、嵐に抱いているかもしれないと思いました。
どんなに芸を磨き、どんなに凄い才能を発揮し、作品に恵まれようと、
嵐5人のあの輪の中には入れない。

ボーイズラブ的な雰囲気さえ感じた今回のワクワク。
ファンは嵐のあの空気が永遠に続くことを願っているんだろうなあと思いました。

|

June 27, 2014

全財産をかける!

先日の『世界一のSHOW TIME』で、潤くんファンの歌〇場さんが、
「羽鳥さんじゃないほうの方(=潤くん)に全財産で!」とツィートしていましたが、
わかるなあ~。

私、ファンになって間もない頃から何度か書いていますが、
“松本潤”という株があったら、投資できる全額を“松本潤”株につぎ込みます。
11年前に”松本潤“株があったら、私は今頃、大金持ちですよ。

バイヤーとして、た〇の友〇さんが出演されていましたが、
最近彼女の自伝を読んだんです。
凄まじい!!!!!ですよ。
生い立ちは、まさに潤くんと正反対の、こんな悲惨な生まれ育ちがあるんだろうかと信じられないレベルです。

その彼女は、自分で稼いで貯めた100万円を全額はたいて、フランスにエステの勉強に行くんです。
ここぞというとき、持っているすべてをかけるんですね。
彼女の自伝、一読の価値ありです。

そして、今回の『世界一のSHOW TIME』、
彼女がお金を出す相手、理由、金額の大小、
ビックリするくらい私と同じで、笑っちゃいました。


|

29日の募集について

29日ワクワク2部の後の、
私の個人的な飲み&食事会に、参加申込みくださった方々、
ありがとうございます。
申込みは締め切らせていただきます。

もし、参加申込みのメールを送ったのに、
場所・時間・会費などをお知らせするメールが届いていないという方がいらっしゃいましたら、
再度、私の名前の下の線をクリックして、メールをくださいませ。

何か持って行った方がいいですか・・・という質問があるのですが、
プレゼントやお土産など、いっさいナシでお願いいたします。

潤くんへの溢れんばかりの熱い思いだけを持ってきてくださいませ。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

|

June 24, 2014

募集!

6月29日(日)ワクワクの2部が終わってから、
私と一緒に、飲んで食べてくれる方を募集いたします。

私、きれいごと言いませんので、それでもOKという方のみ、
名前の下の線をクリックして、ご連絡くださいませ。

|

June 23, 2014

嵐や潤くんの活動に賛否両論OKです

管理人様、不快でしたら削除していただいても結構です、、、
と書いて、言いたいことを書かれる方がいらっしゃいますが、
現実生活で、見知らぬ人が突然現れて、批判的なことを言って、
不快でしたら、今言ったことを取り消していただいても結構です、、、
なんて人がいたら、まともな人とは、誰も思いませんね。

星フリは賛否両論OKなサイトです、
それは、潤くんや嵐の活動について賛否両論OKということです。

それが受け入れられない方は、ご自身の感性にあったサイトに書いてください。

|

June 16, 2014

海外でワクワクのパブリックビューイングへの疑問

シンガポールでもワクワクのパブリックビューイングですか。
海外への本格的市場拡大路線ということでしょうか。

でもね。市場拡大したいなら、嵐の最高のコンサートライブをパブリックビューイングすればいいのに、
なんでよりによって、日本のファンですら、もういいわ・・・というワクワクなんでしょう。

今年のワクワクはまだ見ていませんが、皆で仲良くとか、お母さんのお弁当・・・という話が伝わってきます。
皆で仲良くなんていうのは、日本の集団主義的文化の象徴ですし、
仲良くよりも個人が突出することをよしとする文化の国も多いです。
アジアでは、共働きが当たり前で、お弁当どころか3食とも外食というのがポピュラーな国も多いようです。

歌とダンスがメインのコンサートなら、あらゆる国の人たちを楽しませることができるエンターティメントと言えますが、
ワクワクは、学校というコンセプトで、実は日本の文化だったり倫理観を教えるもので、
それを海外進出に使うのは、戦前の日本のアジア進出で、現地の人たちに学校で日本語を使わせたりしたことを彷彿とさせます。

戦後の日本企業の海外進出は、結局、その国独自の文化や働き方など、その国のやり方を尊重した企業が成功しているようです。

嵐が日本で大成功したからと言って、日本文化や倫理観をそのまま海外に持っていくというのはどうなんでしょう?
日本はすでに、いろんな意味でかつての栄光はなく、
アジア諸国にとって憧れの存在ではなくなっています。

そんな中、日本の嵐はこんなに凄いんだぜ!とアピールしたいのなら、
遠くて参加できない人たちのために、コンサートの素晴らしさをパブリックビューイングすればいいのにと思います。

(追伸)
日本のファンですら、もういいわ・・・
【その分、東京・大阪だけでなく、日本全国でもっとコンサートをしてほしい】という声があるのは確かです。

言葉足らずであったのと同時に、
としこ様がおっしゃるように、行きたいのに落選していけなかったファンが大勢いるという事実に
配慮しなかった私の至らなさを、
深く反省しています。

たいへん申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます。

|

June 12, 2014

愛情弁当

11年半前、ごくせんの再放送でファンになったとき、
松本潤は、どこぞのオーナー会社の御曹司だと思ったんですよ。
超お金持ちで、頭がよくて、愛情豊かで、いろんな意味で、ものすごく恵まれているご家庭のお坊ちゃま。
ファンになったばかりで情報が全然なかったころ、何の根拠もなく、漠然とそう思ったんです。
ですから、きみぺのときのはなまるマーケットで、玄関のスリッパの写真を見たとき、
豪邸の玄関なんだろうなあと思った私です。

経済的状況はわかりませんが、
賢くて、愛情豊かで、いろんな意味で恵まれているご家庭で育ったということは、
その後のいろんな情報から、私の最初の直観は当たっていたようです。

今年のワクワクの素晴らしいお弁当。
愛情と手間をかけておられて、凄いの一言ですが、
お母様が働き者なんだろうなあと思います。
朝早く起きて、あんなに手の込んだお弁当作るのは、
テキパキよく働く人なんだろうなあと思います。

だいぶ前の彼のラジオで、
お母さんが昼だけでなく夜も働きに行くことになって、夜寂しかったというようなことを言っていたことが忘れられません。
よく働く血が、潤くんに受け継がれているんでしょうね。

先日の嵐にしやがれで、潤くんがアメリカのテレビのMCとか言って、
豪華なソファに座って、やりたい放題のMCをやっていましたが、
あれは、潤くんの正直で天然なところがあるから成立するんだと思うんです。
天然というのは、計算やかけひきのないこと。
それは、ありのままの自分が家族からあふれんばかりの愛情を受けて育ったから得られた宝物だと思うんです。

話は変わりますが、松〇聖〇さん。
私の知り合いに、以前いろんなアーティストのコンサートを手伝っていた人がいますが、
プロデューサーのような人と喧嘩をしているのを見たことがあると。
曲を減らすことになったとき、
お客さんは、このコンサート1回しか見れないんだから、絶対減らすべきでないと強く主張していて、
彼女はプロだと感心したとのこと。
この世界で長く活躍している人は、観客を大事にして、そのためには喧嘩もするんだと思いました。


|

June 03, 2014

欲望の渦の中で。。。

嵐フェス‘13のブルーレイの、臨場感あふれる映像を見ながら、
蜷川幸雄さんの「アイドルは大衆の欲望を具現化している」のような言葉を思い出しました。

どんなに願ってもこの場にいることができなかった大勢のファンの悲しみも、
強い欲望があるからこその悲しみで、
また、参加できない人たちがたくさんいるからこそ、
参加したいという欲望が高まって、参加できたことの喜びがあふれている。

これだけの人気者の嵐だからこそ、大きなスポンサーがたくさんつき、
メディアのみならず、国の機関なども、嵐を利用していろんな策略を考えている。
事務所の思惑や制作に携わる会社その他、
嵐がスターであればあるほど、あまりに多くの欲望が巨大な渦となって、
複雑に絡まりあいながら、国立競技場の嵐のコンサートを覆っている。
あらゆる清濁を飲み込んで、あのようなスペクタクルでゴージャスなコンサートが実現しているのでしょう。
だからこそ、この世のものとも思えぬ輝きが四方八方に炸裂し、
観るものの心を夢の世界へと連れて行ってくれるのだと思います。

コンサート中の潤くんは、まるで赤ん坊のようにけがれない笑顔ですが、
人間社会のあまりの醜さとか、いろんなことを知れば知るほど、
そこを超越し、昇華した姿が、コンサート中の潤くんの笑顔のような気がします。

と同時に、もっとも強い欲望を持っているのも潤くんだと思うんです。
エンターティメントを追求したい、観客を喜ばせたいということはもちろんのこと、
2020年東京オリンピックの新しい国立競技場で、さらに進化した嵐が主役を務めたいという欲望。
今の嵐はその一番手にいるような気がしますが、6年後にどんなミュージシャンが出現しているかわからないし、
ジャニーズ事務所がどうなっているかもわからない。

ハワイのコンサートも、上海のパブリックビューイングも、
東京オリンピックに向けての戦略の一つだと私は思っています。
常に新しいチャレンジをし、メディアや国にインパクトを与え、嵐の存在感をアピールし続ける。

ファンの一人一人に欲望があるように、潤くんにも巨大な欲望があり、
それがファンの欲望と一致しないどころか、時には真逆になることもあり得るでしょう。
でも、彼はその欲望を実現するために、体を鍛え、エンターティメントを研究し、様々な人間関係を張り巡らせ、
ファンのために私生活を隠しているのではないかと思います。

そういう彼の欲望と、ファン一人一人がどう折り合いをつけていくか。。。
与えてもらうものを待っているだけではない、一人一人に課せられた課題のような気がします。

------------
付け加えます。

ファンは不満でもなんでも、本音をぶつけるべきだと思うのです。
本音を知ることで、対策も立てられます。

ファンというのは、何の責任も義務もないのですから、
本音の感情がすべてです。
本音で興味がなくなったら、それで終わりです。

スポンサーにしろ、国にしろ、メディアにしろ、
嵐自体が何も変わらなくても、ファンが離れ人気がなくなれば、
手のひらを返したように去っていきます。
つまり、スポンサーや国やメディアにとって魅力なのは、
嵐そのものではなく、その人気であり、購買力のあるファンなのです。

1名義4人までのチケット販売方法とか、ハワイや上海とか、
アメとムチというか、ツンデレというか、
感情を大きく揺さぶることが、欲望を喚起する有効な手段だということを、
本能的に知っているのだと思います。

でも程度問題です。
ふと、あほらしくなって、どうでもよくなったら、
見たいとか聞きたいとか触れたいとか、欲望もなくなってしまいます。

アイドルも本音の欲望をぶつけられているうちが華。
アイドルとファンがバトルする中で、新たなアイディアや意欲や欲望が湧いてくるのではないかと思います。

・・・と私は思いますが、我慢するファンもいるでしょうし、
うまく折り合いがつけられず、去っていくファンもいるでしょうね。

|

« May 2014 | Main | July 2014 »