« March 2014 | Main | May 2014 »

April 26, 2014

松本潤ブランド

CMで松潤ブランドが確立しているとか。
ブランドって、一言でいえば、“イメージを裏切らない”ことだと思うんですよ。

庶民的で国民的人気の嵐のメンバーだけど、、
ゴージャスなイメージがあって、
それが松本潤という高級ブランドなんだと思うんです。

ブランドっていうのは、時間をかけたものすごい努力の積み重ねの結果で、
それを守り続けるのも、これまたたいへんなことだと思うのです。

ですから、本人も事務所も、このブランドイメージが壊れない結婚でないと、
Goできないと思うのです。
本人たちの気持ちはもちろんのこと、周りの人たちの理解や応援、
実態はもちろんのこと、日本や世界の人たちに向けたブランドイメージも、ものすごく大事ですから、
慎重に慎重になるのは、とても理解できます。

少しずつの段階的報道も戦略的な気がします。
どうなるんでしょうね。。。

|

April 17, 2014

Revolution

しやがれでのビートルズのイントロクイズ、
潤くん、凄かったですね~。

水トアナは、ビートルズオンリーでトレーニングしてきたんでしょうが、
潤くんは、マイケルジャクソンやジャニーズのイントロクイズでも、
すさまじい実力を発揮していましたよね。

出だしの音だけで、曲名がわかるということは、
何百、それとも何千という曲全体のイメージが頭の中にストックされているんでしょうか?

これって、たまたま曲名ですが、
もしかして、いろんな映画のシーンとかも、脳内にストックされているかもしれませんね。

彼のクリエイティビテイの源泉が、こういう無数とも言える脳内ストックなのかもしれません。
はあ~。とんでもない男だわ~。

ところで、ビートルズの曲で一番好きなのが、Revolutionとのこと。
ネットで調べると、「みんなだって世界を変えたいけど、破壊による革命は解決にはならないよ」
という歌詞のように思います。
ビートルズは、音楽の世界で革命を起こしたと言われていますが、
世の中に対してはどうなんでしょうね。

好きなアーティストのたくさんある曲の中で、特にこの曲が好きというのは、
その人の本質と共鳴するからだと思うんです。

潤くんも破壊や力による革命ではなく、エンターティメントによって世界を変えたいと思っているのでしょうか。

『花より男子』の成功で、おそらく一番演技の仕事が殺到したであろうときに選んだのが、
『スマイル』というドラマ。
世に問いたいことがたくさん詰まった作品でした。

『失恋ショコラティエ』も、常識や固定観念が大きく揺さぶられる作品でした。

でも、一番大きく日本社会に影響を与えているのは、おむつのCMじゃないでしょうか。
私が松潤が好きと言うと、「あのおむつのCMいいね」という人が多いです。

男性の育児休暇とか、イクメンとかいう言葉は、
本来、女がするものである育児に、男も参加していいんだよ・・・という、どこか弱気な印象があるんですが、
美しくかっこよくエロイ男が、赤ちゃんを抱いてのおむつのCMは、
男の育児のイメージを、主体的で力強いものにしています。

余計な話ですが、素晴らしいインパクトのあるCMなだけに、
男の育児のイメージはエンターティメントの夢の世界だけにしていただいて、
現実生活での潤くんの育児は、絶対にメディアに流れないようにお願いしたいと思います。


|

April 08, 2014

失ショコの影響

先日、久々に会った人から、「ショコロス、大丈夫ですか?」
と聞かれました。
「えっ、なんであなたがショコロス知ってるの?」
「だって、私の周りが皆、ショコロスだって言ってるから、
松潤ファンの〇〇さんは、さぞやたいへんだろうと思って。」
だそうです。

そして、まったく別口の超バリバリに仕事のできる女性が、
「失恋ショコラティエ、1話から全部、欠かさずに見たわよ。
うち、テレビないから、テレビの放映が終わる時間を見計らって、ネットに動画がUPされるのを待って見たわよ。
テレビが終わってすぐなのに、もう再生回数が凄いの。
面白かったわ~。続きが楽しみで楽しみで。。。
松潤って、やっぱりかっこいいわ~。
娘も松潤ファンだから、一緒に盛り上がったわ~。」と。
えっ、彼女に輪をかけてバリバリのキャリアウーマンの娘さんが、潤君ファンだなんて、
今まで聞いたことないよ。
今までなんとなくいいと思っていたのが、失ショコで、ファンに昇格した人たちって、結構いるんじゃないかな。

それほどメディアに取り上げられなかったけど、
日本社会に深く浸透してたんだなあと思います。

ところで、このところ、深夜のテレビをなんとなくつけていると、
タレントさんたちが、性についてすごくあからさまに話している気がするんです。
今までは、これほどのことはなかったと思うんだけど、
もしかして、失恋ショコラティエが視聴者たちに受け入れられたから?

ドラマ『失恋ショコラティエ』は、美しい男女のおとぎ話の世界だったから楽しかったんだよね。
おなじみのタレントさんたちの現実生活の話なんか聞きたくない。

潤くんには、夢の世界の恋愛ドラマを美しく演じられる俳優でい続けて欲しいなあと思います。
滅多にいないから価値があるんですもの。

|

« March 2014 | Main | May 2014 »