« 男は振り回されたい(失恋ショコラティエ第9話) | Main | 人は変われない(失恋ショコラティエ最終回) »

March 18, 2014

美しい人生(失恋ショコラティエ第10話)

サエコは、旦那に考えてほしくて、とりあえず爽太の元に避難したという感じですね。
リクドーだったら、そんなサエコに何て言うんでしょう?

表面的には明るくモテモテなのに、誰にも心を開かず、
やっぱりあの旦那を選んでしまうサエコの心の奥底の哀しさ。
リクドーは、どう看破するんでしょうか?

刹那的に相手に気に入られるためのアドバイスをするサエコと、人生の深くを知ったリクドーのアドバイス。

リクドーがエレナに言った、「美しい体、美しい心、美しい人生、その三つを持っているのがあなたなのよ」という言葉。
なんて深く力強い励ましなんだろうと思いました。
私は、この三つを持っているのが松本潤という人なんだと思いました。

今回のネプリーグ、異常とも思える忙しさの中、彼がいかに様々な分野にアンテナを張っているかわかる回でしたね。
それは彼が美しい人生を送りたいという強い意志をもっているからだと思うんです。
美しい人生を送りたいと願い、アンテナを張り、
行動すればするほど、得るものと同時に軋轢や葛藤も生まれ、
その傷で心が鍛えられ、その一つ一つの判断の積み重ねが美しい心を作っていくんだと思います。

ボネールの「残念です」という言葉。
爽太だけでなく、潤くんも聞きたくない言葉でしょうね。
私も自分の仕事で聞きたくないです。

限られた人生、限られた才能、その中でいかに美しい仕事をしていくか。。。
一生の課題ですね。

ところで、今日までの2週間の私の個人ブログのアクセス、
男性76%。
信じがたい数字です。


|

« 男は振り回されたい(失恋ショコラティエ第9話) | Main | 人は変われない(失恋ショコラティエ最終回) »