« 親と子の想い | Main | ホストは適職かも。(失恋ショコラティエ第9話) »

March 09, 2014

サエコの目的は?(失恋ショコラティエ第8話)

サエコが家を出てショコラビに来た目的は?というお題。
私は、爽太にとって一番好きな人になってもらうためかなと思うのです。

サエコにとっての本気は、男性から一番好きになってもらうことだと薫子に言っていましたし、
そう話すサエコは、男性にかしずかれるのが当然の女王様然としていましたね。

7年前のバレンタインで、本気チョコだからもらえないと言って爽太を振ったのは、
爽太にとっての一番にはなりたくなかったのでしょう。
あの時の爽太は、それに値する男ではなく、
他に一番自分を好きになって欲しい人がいたから。

旦那さんとは、もしかして、前の奥さんと離婚する前から知っていたのかもしれない。
前の奥さんに勝って、旦那の一番になって、略奪するような結婚だったのかも。
結婚後も、旦那にとっての一番であり続けようと、家事も炊事も頑張ったけれど、
心は満たされない。

そんなとき、爽太がメチャメチャ本気チョコで告白してきた。
7年前と同じように、私は結婚して別の人がいるから・・・とメールを書いたけど、
送信せずに削除してしまった。
あのとき、旦那にとっての一番ではなく、爽太にとっての一番になろうかなと思ったのではないかと思うのです。

毎日1個ずつ爽太が作ったチョコを食べ、そのたびに爽太の一番になる気持ちを強くし、
チョコがなくなったとき、チョコを含む爽太のすべてを獲得しようと、実行に移した。
だから、他のどこでもなく、爽太のすべてのようなショコラビの店に泊まろうとし、
そこに居座ろうとしている。

旦那に残されたきちんとたたまれたパジャマは、私はあなたが望む家事はちゃんとやりましたよというアピールであり、
チョコレートの箱だけを残していったのは、あなたは物だけあればいいんでしょう。
私という人間を物としか扱わなかったんだから・・・ということかな。

閉店時にショコラビの外に現れ、爽太を見つめるサエコは獲物を見据えたハンターの目。
爽太にエレナという別の女性がいたことが、相手にとっての一番になりたいサエコのハンター魂に火をつけたのかもしれない。
一番になって、相手のすべてを獲得するためなら、Hに誘い込むことも、トイレ掃除するのも、同じことかも。


|

« 親と子の想い | Main | ホストは適職かも。(失恋ショコラティエ第9話) »