« ありがとうございます。 | Main | 誰かを好き=自己愛(失恋ショコラティエ第8話) »

March 03, 2014

やらせていただける幸せ(失恋ショコラティエ第7話)

今日の失恋ショコラティエ第8話は、物議をかもしそうな・・・ということらしいのですが、
原作を読んでいない私は、
潤くんがこのドラマでどう評価されようと、やらせていただけるありがたさでいっぱいです。

折しも、潤くんが司会をしたミンテレ→ウタワラで、
当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった後輩Gの中心的存在だったJくんが、
事務所をやめたニュースがありました。

そのJくんと潤くんは、美貌も雰囲気も才能も環境も似たようなものだと思うのです。
強力なライバルになりえただろうに、今や大きく道が分かれてしまいました。
これから先のことはわかりませんが、これまでの違いは、
潤くんが考えられる限り、やれる限りのことを、人間関係も含め、
一つ一つ積み上げてきた結果だと思うのです。
優れたプロフェッショナルが集まって作品を創るのがエンターティメント。
いい仕事をしたいという高い志のある人ほど、しょうもない人とは仕事をしたくない。

失恋ショコラティエ、原作からして、わかる人にだけ楽しんでもらえばいいという尖がった世界だろうし、
数多くいたであろう主役候補から、そういう原作者にOKをもらえてスタートしたドラマ。
人間の奥深くに食い込んで、一人一人の今まで築いてきた硬い殻をグチャグチャに壊してしまうドラマなんて、
そうそうあるものではない。
松本潤ならできる!と思われ、松本潤と一緒に仕事をしたい!と思われて初めてキャスティングされるのだから、
視聴者にどんな後味を残そうと、このドラマをやらせてもらえるのは、本当に幸せなことだと思います。


|

« ありがとうございます。 | Main | 誰かを好き=自己愛(失恋ショコラティエ第8話) »