« アゲハチョウとセミの抜け殻が意味するものは?(失恋ショコラティエ第5話) | Main | 頑張れサエコ!(失恋ショコラティエ第6話) »

February 16, 2014

(続)アゲハチョウとセミの抜け殻(失恋ショコラティエ第5話)

アゲハチョウとセミの抜け殻の解釈に答えてくださった方々、ありがとうございます。
なるほど~、なるほど~と思うばかりで、みなさん本当に本当に凄いです。
私のコチコチに固まった頭をかち割ってもらったような快感です。
自分が思いもしなかった解釈を読むのは、ものすごく楽しいですね~。

皆さんが書かれたものを読めば読むほど、どれもこれもなるほど~となって、
自分が感じたことを書けなくなってしまいますので、
とりあえず書きます。
あのケーキは、サエコへのメッセージを込めたんでしょうね。

「僕のチョコにハマったのに、僕の愛を拒否して結婚したあなたは、
繁殖を忘れて(=僕と一緒にチョコレートの世界を広げることなく)死んでしまったアゲハチョウ。
残された僕は、セミの抜け殻のようなもの。
でも、あなたの魂は僕のチョコレートを求めて、お店にやってくる・・・。」

ショコラティエとしての強烈な自負を感じます。

牢の中のお姫様(=結婚したサエコ)を助け出す役をできるかもしれない・・・
と考えたり、
ケーキを作りながらの妄想の世界では、爽太は強く逞しいショコラティエとして自由に飛翔している。

だからこそ、旦那さんがケーキを取りにきたとき、
これが現実なんだ・・・と夢から覚め、
自分の無力感に愕然としたのかも。

あ~、やっぱりせつないわ~。。。


|

« アゲハチョウとセミの抜け殻が意味するものは?(失恋ショコラティエ第5話) | Main | 頑張れサエコ!(失恋ショコラティエ第6話) »