« 相手の幸せが自分の幸せ(失恋ショコラティエ第5話) | Main | 冥王星より遠かった月9にハマる男性(失恋ショコラティエ第5話) »

February 12, 2014

100%はない。(失恋ショコラティエ第5話)

連続投稿で、どれだけショコラティエ脳なんだ私!
仕事しろ私!です。

前回、薫子は、100%断られるのがわかっていて告白できる?
と関谷に言っていましたが、
100%ということはないと思うんです。

爽太は、薫子を恋愛対象と見ていないかもしれませんが、
結婚対象としてはあり得ると思うんです。

男性の中には、それまでいろんな女性と付き合ってきた上で、
世間的に受け入れられる人と、総合的に考えて結婚を決める人もいると思うんです。

仕事上の良きパートナーで、
父親が彼女との結婚を望んでいて、
彼女自身が自分のことを心底愛しているとわかったら、
結婚することもあり得ると思うんですよね。
彼女と結婚することが、自分にとって一番心地よい状態なんだと思ったらですね。

まあ、薫子が、サエコがショコラティエとしての才能を育てる存在として、
彼の意識の中に常にいることを受け入れることが前提ですが。

〇〇のような尻軽女と私は違うのよ!と、何があってもド~ンと構えていられたら、
爽太をゲットできる可能性が高まるのに・・・と思います。


|

« 相手の幸せが自分の幸せ(失恋ショコラティエ第5話) | Main | 冥王星より遠かった月9にハマる男性(失恋ショコラティエ第5話) »