« 潤くんは世界一のプロフェッショナルです。 | Main | ナチュラル・エロ(失恋ショコラティエ第3話) »

February 01, 2014

過去の解釈を変える(失恋ショコラティエ第3話)

1、2話で盛り上がるだけ盛り上がった気持ちで、第3話を観たら、タル~くて、
せっかくハマった人たちや、評判を聞いて見始めた人たちが、
なんだ、面白くないじゃんか・・・と離れていくんじゃないかと思ったら、
爽太みたいに吐き気がしてきて、
どんだけ入れ込んでいるんだ私!って感じでした。

1話、2話の、畳みかけるような疾走感がなくなって、
あっちもこっちも片思いばっかりで、同じところをぐるぐるしているような感じ。。。
恋以外興味がないのかよと冷めていきました。
エロがあってもなくても、ドキドキワクワク感がなくなっちゃったんですよ。
相手の父親の前で、意を決して話したのがハムスターに例える恋って、はあ???

そんな中、一番リアルだと思ったのは、自分に気があると思った人のところにミニスカートで行ったのに、
何も起こらなくて、
あのとき、相手が何かしてくれていたら、自分の人生も変わっていたかもしれないのに・・・と言うサエコです。

結婚前に、爽太のところに行ったときは、爽太が何かしても、結婚をやめるつもりなんかなかったのに、
実際に結婚したら、全然楽しくなくて、幸せじゃないから、
過去のあの出来事の意味を、今の自分の都合のいい解釈に変えてしまったんだと思うんです。
しかも、相手の爽太のせいにして、
こんな結婚をしてしまったのは、私が悪いわけじゃないのよ・・・と。
これって、誰にでもよくある自分を守る心理状態だと思うんです。

たまたま彼女はモテモテのフォロモンをもっていて、
次から次へと男が寄ってきて、
それに適当に付き合ってあげていただけだから、
私はな~んにも悪くない・・・という人生を送ってきたんでしょうね。
そこが爽太からしたら、ピュアに見えるんだろうなあ。。。

でもね。サエコの気持ちや爽太の気持ちがなんだか切なくなって、
思わず、泣きたくなってしまう・・・という、不思議な感覚もありました。

もうね。石原さとみちゃんと潤くんの渾身の演技が、
その世界にグイグイ引きずり込むんですよ。

傍から見ると、ショーもない女とアホな男の恋愛ごっこなのに、
役者の力量でこうも違ってくるのかと。

この二人なら、本当の恋に目覚めて、波瀾万丈を乗り越えて、
凄いことが起こるんじゃないか・・・と期待させてくれるものがあるんです。

ということで、次回に期待というところです。


|

« 潤くんは世界一のプロフェッショナルです。 | Main | ナチュラル・エロ(失恋ショコラティエ第3話) »