« トコトン行くしかない(失恋ショコラティエ第1話) | Main | ラブシーンの功罪 »

January 19, 2014

憧れの松たか子さん

しやがれのゲストが、潤くんのあこがれの松たか子さん。
女性なのにカッコいいからと。

高校生になるとき、もうここで学ぶことはないからと芸能界デビューを決めたとのこと。
カッコいいというのは、凡人にはなかなか捨てられない無用なものを捨てられることだと思うんです。

松本潤という若くて大人気の俳優・アイドルに慕われて、
その気になる可能性だって、ゼロではないと思うんです。
でも、潤くんは芝居の感想を細かいことまでバンバン言って、
それに対して、演劇助手をしないかと、
男女や友人関係ではなく、仕事の可能性を求めたということですね。

互いの距離の置き方、線の引き方が素敵だなあと思います。
だから長い間、刺激的な存在であり続けているんでしょうね。

潤くんのラブシーンがどんなに激しくても品がよく綺麗なのは、
こんな風に、好きな女性の存在そのものや意志を尊重し大切にする姿勢があるからではないかと思いました。


|

« トコトン行くしかない(失恋ショコラティエ第1話) | Main | ラブシーンの功罪 »