« 好きな女性のタイプ | Main | 紅白&引き際 »

December 27, 2013

テンションが上がる曲 下がる曲

年末で皆様、お忙しいことと思います。
私も異常に忙しくて、書きたいことがあるのに、なかなか書けずにおります。
潤くんや嵐メンたちは、忙しいなんていうレベルではなく、
人間の限界を超えて働いているんでしょうね。
でも、テレビや雑誌ではそんなこと、おくびにも出さず笑顔を振りまいています。
それを見ると、自分が忙しくてたいへんなんて言えなくなってしまいます。

LOVEコンが無事に終了、何よりです。
最後、スタッフや警備の人など250人も一緒にFunkyダンスを踊ったと知って、
とても幸せな気持ちになっています。

いつも、コンサートで30曲以上歌ったり踊ったりしていますが、
わあ~とテンションが盛り上がる曲と、あーあと盛り下がる曲があるんです。

盛り上がるのは、思いがけない演出その他で、ここまで考えて、スタッフを動かして、練習して、
私たちを楽しませてくれているんだと感激する曲だったり、
感謝カンゲキやマイガールなどのように、感謝や励まし、別れるのは寂しいけど皆の心の中にいるよ・・・など、
嵐メンの私たちに対する温かい気持ちがストレートに伝わる曲ですね。

せっかく高まった気分が盛り下がってしまうのは、
何故この曲をここでやるのかわからず、それが毎回毎回となると、またか~・・・となってしまいます。
なんらかの意図があって決めているんでしょうが、
それがこちらに伝わらないと、作った人の自己満足に思えてしまうのです。
その瞬間、つながっていた糸がプツンと切れてしまうのを感じます。

どんなに大きな会場でも、嵐が近く感じられるのは、
嵐の気持ちがこちらに届いて、共感して、互いの想いがぶつかり合い、受け入れ合って、
大きな幸せの渦に巻き込まれるからなのに、
またか~・・・と思った瞬間、嵐が遠くに行ってしまいます。

そんな風に思っていたとき、250人のいわゆる裏方の方たちも参加して、
ステージその他で圧巻のFunkyダンスをしたと聞いて、
彼らへの感謝やこれだけの人たちのおかげで嵐コンができていることを私たちに知ってほしいという気持ちなど、痛いほど伝わってきて、
想像するだけで、この上ない幸せを感じます。
Funkyを踊った方々も、日頃の苦労が報われたようで、とってもうれしかったのではないかと思います。

ジャニーズのコンサートは夢の世界。
ある意味、夢を壊すようなことかもしれないけれど、
それよりも、お一人お一人に対するねぎらいや喜びの方が遥かに伝わってきて、
夢と現実が融合して、夢だけの世界よりもスケールの大きな、人間的な膨らみを持った世界観を感じます。


|

« 好きな女性のタイプ | Main | 紅白&引き際 »