« レビューについて | Main | 美しく輝く北極星 »

November 16, 2013

ソロステージが見たいなあ。。。

欠点だと本人が思っていたことが、
それを強調することで、個性的な魅力になることって、よくありますよね。
潤くんの独特な歌声って、活かし方次第で、誰も真似のできない素晴らしい財産になりえると思うんです。

数か月前、夫の大学時代からの友人とその奥さん、そして私たち夫婦で、久々に食事しながら4人で飲んだんです。
私がマツジュンのファンだと知っているので、気を付けて見ているそうです。
彼曰く、「松本潤は、若いころの美〇明〇と重なって見える。プロデューサー的なこともしているんだろ?」
「えっ、どうしてわかるの?」
「見てたらわかるよ。そういう意味でも〇輪〇宏みたいなんだよ。」とのこと。

彼は、5万人規模の日本を代表する大企業のトップにまで上り詰めた人。
海外在住経験も長く、日本製品を世界中に売り歩いた人でもあります。
「勘違いしてしまった人をたくさん見てきたから、自分は絶対に勘違いしないようにしてきた。」
と口癖のように言っていて、
ハンサムだし、大学時代からよくモテたそうだけど、奥さん一筋で家族をとても大事にしている。
ハニートラップみたいなこともあっただろうなあと思う。

そういう彼には、潤くんはプロデューサー的な意味も含んで、美〇さんと重なって見えるとのこと。

出会いって、誰か他の人との出会いもあるけれど、
自分では今まで意識していなかった新たな自分との出会いってこともあると思うんです。

そういうものを掘り起こして、アリーナクラスの会場で、潤くんプロデュースのソロステージを見たいなあと思います。
或いは、まったく異分野の人の完全プロデュースでも面白そう。
他メンファンに、潤くんソロだけ長いなんて言われずに、
多彩な松本潤をおもいっきり堪能できたらなあと思います。

|

« レビューについて | Main | 美しく輝く北極星 »