« 愛嬌ある浩介 | Main | プアなイノベーションより、優れたイミテーション »

October 21, 2013

真緒の正体を明かした方がいいのでは。。。

陽だまりの彼女のネタバレしています。

『陽だまりの彼女』、評判がよくて、ファンがリピートしてくださって、
何よりです。

ただ、真緒の正体を明かすのはタブーになっているようで、
私は、そこをアピールすることで、この映画はまさに化けるのではないかと思うんです。

あふれんばかりの宣伝がなされていますが、
ファンタジーラブストーリーと言われても、
何がファンタジーなのか、???。
潤くんの食わず嫌いのトコロテンのように、意味わかんない。
興味もなく、意味もわからないものは、スルーされるだけ。

実は、あの可愛らしい樹里ちゃんがネコなのよ・・・と知って、
えっ?!となって、初めて食いつく一般の人が出てくるんだと思うんです。

愛情を注ぎ、可愛がっている動物が、
綺麗な女性となって、自分に恋してくれるというには、
願っても叶わない夢物語。
だからこそ、それを映画で疑似体験してみたいという老若男女がたくさんいると思うのです。

「助けてくれた男の子に恋して、人間になったネコのお話」とか、
内容をわかりやすくした上で、潤くんと樹里ちゃんの美しい映像が流れれば、
今までの興味がなかった人も観たいなあ・・・と思う、ファンタジーになると思うのです。

ラブストーリーって、どこまで描かれるかわからないので、家族連れ動員は難しいと思うのですが、
”人間になったネコの恋物語”というコンセプトをハッキリ打ち出せば、
子供を一緒に連れていきたいと思う親たちも出てくると思うのです。

ジブリを始め、日本で大ヒットするのは、家族連れを動員できるものだし、
海外でも、”人間になったネコの恋物語”なら、理解されやすいと思うのです。

嵐が国民的人気になれたのも、家族が安心して見れるグループだからですし、
『夕鶴』をはじめ、似たような物語は繰り返し上演され、長く愛される命を持っています。

『陽だまりの彼女』が、これだけリピート鑑賞されているということは、
真緒の正体を知っても、或いは知っているからこそ、
その細やかな感情を追体験したり、新たな発見ができるからでしょう。

せっかく、普遍的な魅力を持った素敵な映画が出来上がったのですから、
広く長く多くの人たちに観ていただけるように、
宣伝のコンセプトを”人間になったネコ”を前面に出したほうがいいように思います。

|

« 愛嬌ある浩介 | Main | プアなイノベーションより、優れたイミテーション »