« August 2013 | Main | October 2013 »

September 30, 2013

「おごってよ!」

Enjoyを見ても、潤くん忙しそうですね。
雑誌もテレビもたくさんありすぎて、ついていけません。
それに、陽だまりのネタバレを封印しているので、
映画を観てから・・・と思っているのですが、
そのときはもう雑誌は売っていないんでしょうかね。。。

そんな中、陽だまりに関係ない、月刊テレビガイドの鈴木裕美さんのインタビュー読みました。
『エデンの東』の演出家ですが、
私、潤くんを舞台俳優にしてくれたのは彼女だと思っているんです。
その前のウェストサイドストーリーの潤くんと、エデンの東の潤くんが、あまりに違っていて、
お芝居への感動と同時に、よくぞここまでしてくださった・・・と、
舞台を観終わったとき、泣きに泣いたんです。

蜷川さんは、観客をねじ伏せてまで自分の世界に引きずり込むような気がするのですが、
鈴木裕美さんは、観客に優しい・・・というか、観客の感情が動くまで待ってくれる演出のような気がします。
それが、俳優への接し方にも通じるのではないかと思うんです。

次の舞台のけいこ中に、「おごってよ!」と電話をしてきたそうですが、
そんな彼女だからなのかもしれません。
次の舞台というのは、蜷川さんの『白夜の女騎士』だと思うんですが、
別の演出家に相談するのははばかられるので、気を使ったんでしょうね。

俳優の使命は、観客を遠くに連れていってあげることと彼女は言っていて、
それは松本潤の得意とするところだと思うのですが、
実は、近くに存在することが難しいのではないかと思っていたんです。
でも、『はじまりの歌』では、私たちのすぐそばのどこにでもいる人でした。

最近つくづく思うのは、松本潤という人は松本潤という人でしかなく、
作り手次第で、大人のピーターパンにもなれるし、
芽の出ないカメラマンにもなる。
作り手の創作意欲を刺激する存在であり続けることが、もしかして一番大事なことかもしれないなあと思ったりします。

じゃあ、どうしたら作り手を刺激できるかと言ったら、
脚本家も演出家も人間ですから、好き嫌いとか相性とか、
身もふたもない話になってしまいますが、
どういうベクトルで、その人を好きになるかは千差万別ですから、
正解がないところが面白いんでしょうね。


|

September 25, 2013

『はじまりの歌』

『はじまりの歌』、いいドラマでしたねえ~。
潤くんの役も、他の方たちも、自分や家族に置き換えてとても共感できました。
わかる~、わかる~・・・って感じで。

どこにでもいる、ありふれた人たちの日々の頑張りが、
簡単に報われるわけではないけれど、
それでも精一杯に生きている。

潤くんの航(わたる)が最後、カメラマンをやめて、小学校教師になる決心をするけれど、
またやめたとか言いそうだな・・・という心もとなさが、
いかにもどこにでもいる若者風で、
だから、お父さんの「ダメならやりなおしたらええんや」みたいな言葉に救われます。

とまあ、ここまではよくある人間ドラマだと思うのですが、
『はじまりの歌』は、↓の4つのおかげで、とても味わい深いものになっていると思うんです。

・吉田松陰先生の言葉を子供が引用することで、その土地の精神的バックボーンが感じられる。
・写真を撮すたびに映像が一瞬ストップして、一人一人の内面のエネルギーが鮮烈な印象を残す。
・子供たちの歌声が風景と溶け合って、萩という土地の魅力が幾重にも厚みを持って伝わってくる。
・自信なさげな甥の男の子が、合唱によって躍動する息吹を全身で表している。

潤くんが主演したからというよりも、
萩という町と子供たちの合唱を借りて、日本人の心を凝縮したようなドラマとして、
繰り返し再放送されたらいいなあと思います。


|

September 23, 2013

甘くとろかす歌声(アラフェス初日)

21日のアラフェス初日、行ってきました。
10年間苦楽を共にしたあきさんと二人でいろいろ話しながら、
天空席から国立の全景や新宿のビル群、真っ赤な夕日、はためくオレンジの旗を眺め、
感無量でした。

コンサートは、なんといっても5人それぞれのプロデュースのコーナーという企画がよかったです。
今までのように、ここでこの曲をする意味がわからない状態で、延々とメドレーが続くよりも、
それぞれ個性的なミニコンサートが5つ集まった感じで、コンサートが短く感じました。
スクリーンに映るタイトルと歌詞を確認しながら、なぜ彼はこの曲を選んだんだろう・・・と、
想像しながら見るのも楽しかったです。
ニノが、『秘密』をやりたくなかったし、可愛くなかったから、
ぬいぐるみを着てもらったという挨拶に、
彼の才気が感じられ、彼プロデュースのコンサートを見てみたいと思いました。

翔くんコーナーのCool&Soulと、潤くんコーナーの(Re)markableが、
仲良しグループ嵐のトンガッタ大望が、今こうして実現したんだ!という自負が誇示されているようで、
鳥肌ものでした。

5人それぞれの意思が表現されたようなコンサートで本当によかったなあと思っていたら、
ラスト近くに、また夏虹が歌われ、ガックリしてしまいました。
なぜかしらワクワク学校のテーマソングのようになっていて、
Mステの春の歌特集で歌われ、
去年も今年も、ファン投票のベストテンに選ばれていないのにアラフェスで歌われ、
????????・・・・・・・・・・・・・・・・です。
潤くんの個人的な思い入れのある歌なのでしょうか?
潤くんファンの私ですら、こんなに強く疑問に思うのですから、
他メンのファンたちはいかばかりかと思います。
この歌がここで歌われるのが納得できる曲であれば、なんでもOKですが、
潤くん主演ドラマの主題歌が、ここまでわけわからず多用されるのは、
潤くん叩きに利用されると思うのです。
彼がどれほどコンサートや嵐に心血を注いでいるか知っているだけに、
考えた方がいいと思います。

今回のアラフェスで私がびっくりしたのは、
相葉ちゃんコーナー”サンセット”の中で歌われた『素晴らしき世界』の潤くんソロパートです。
潤くん独特な甘い高音が伸びやかで、夕暮れの中で情感があふれ、素晴らしかったです。
彼のあの声で甘いバラードを、これからどんどん聴かせて欲しいと強く思いました。

私にとって、ジャニーズで印象に残る歌声といえば、
郷ひ〇〇さん(今はジャニーズではありませんが)、堂〇剛さん、長〇智〇さんくらいなんですね。
歌の上手な人たちは他にもたくさんいるんでしょうが、印象に残らない。
今回のアラフェスの『素晴らしき世界』を聴いて、
潤くんのあの声は、これから本気に取り組めば、彼の大きな武器になると思ったんです。
あの麗しい容姿からは想像もつかない歌声だけど、
他の誰にも真似のできない、とろけさせるような甘い魅力を生み出せると思いました。

潤くんが「綺麗だね。。。」と見とれていた聖火のように、
燃え盛るオレンジの炎のような情熱を秘めた歌声が、
再び、国立の地で、
私たちの心をとろかしてくれることを楽しみにしています。

6年間、本当にありがとうございました。
7年後に、また同じ場所に胸張って戻ってこれる自分でありたいなあと思います。


|

September 18, 2013

Deeper&Higher=わかりやすさ

2010年の国立で、潤くんのジャケットの背中に刺繍していた”Deeper&Higher”。
深く深く掘っていくことで、高く高く昇っていけるということだと思います。

私は、深く掘ることって、同じことを検討に検討を重ね、試行錯誤しながら、
誰にとってもわかりやすくすることではないかと思うのです。

たとえば、池上彰さんは、以前『週刊こどもニュース』を長い間されていましたよね。
私の母が好きでよく見ていました。
複雑怪奇で、利害が対立し、欲望渦巻く世界の情勢を、
小学生の子供でもわかるように解説するということは、
膨大な情報量と深い洞察力と彼独自の視点を持って、
わかりやすく整理することだと思うんです。
その蓄積があったから、ゴールデンタイムのテレビで大人気となってひっぱりだこになったと思うのです。

今大評判のドラマ『半沢直樹』。
銀行という誰にとってもおなじみのものなのに、
その内側はよく知らないことが多い世界。
それを深堀りして、勧善懲悪のエンターティメントにして、毎週毎週ハラハラドキドキさせられる。
気が付いたら、我が家全員が見ていました。
敵味方がはっきりしていて、それぞれキャラが立っているので、
途中から見ても、話がわかりやすく、今まで知らなかった金融界の裏側も知れて面白い。

『嵐にしやがれ』でもこれが応用できるのではないかと思うんです。
今まで知らなかったことを学びながら考える。
ゲストは男でも女でも、年上でも年下でも、有名でも無名でもOKだし、
ゲストから学ぶでも、ゲストと一緒に考えたりロケしたりチャレンジしたり、
どのようなパターンでも可能だと思うのです。
せっかく各メンバーのキャラが浸透してきているので、それを生かせると思うのです。
たとえば好奇心旺盛な潤くんなら、得意の質問くんになって、深く掘り下げていく。
深堀りしすぎたと思っても、他の4人が絶妙にフォローしてくれると思います。

嵐は、今のところ女性や子供のファンが多いグループですが、
そこにターゲットを絞ってわかりやすくすることを追求すれば、
上記の池上さんや『半沢直樹』のように、
誰にとっても面白いエンターティメントになって、ファン層を広げていけると思うのです。

今回の2曲のライブのように、ただ嵐の曲をバラエティ番組で歌いましたというだけなら、
まったく深堀りになっていないし、やらない方がいいと思います。
歌とダンスをしやがれでするなら、番組のコンセプトに沿ったやり方で、
番組の魅力もUPさせ、ファンでさえ知らなかった嵐の新たな魅力を発見できるようなものにしてほしいなあと思います。


|

September 15, 2013

悲惨なリニューアル

リニューアルしてパワーアップという『嵐にしやがれ』の生放送。
なさけなくて、涙が出そう。
どうしてこうなっちゃったん?

以前のしやがれ、面白い面白くないというのは、見る人の感性次第でいろいろだったろうけれど、
ゲストのアニキたちが、自分が今まで培ってきたものを惜しげもなく提供して番組を盛りあげてくれました。
そうでないゲストもいたけれど、少なくても番組としてそういうコンセプトがありました。

でも、リニューアル第1回の今日は、
ゲストの年表を見せて、わけわからないジーンズのメーカーを探しにロンドンまで行って、
見つからなかった・・・というだけ。

何よりも、一番感じたのは、
ライブの選曲を嵐に考えさせたとか、企画を視聴者の投票で決めるとか、
スタッフの責任逃れとしか思えない姿勢。
嵐の冠番組として、新しいコンセプトで、こういう番組を作るんだという意志がまったく感じられない。
それどころか、感謝カンゲキ雨嵐のバックに過去映像を流すという、まるで最終回のような編集は、
ド素人から見ても???

学ぶ嵐から考える嵐へ・・・というものすごく難しいチャレンジだと思ったけど、
蓋を開けたら、まったく中身のないスッカラカンだった。

日本のテレビ界には、嵐をプロデュースする人材がいないの?
そういう人を引っ張ってこれる力がないの?
どうしてこんな悲惨なことになっちゃったの?


|

September 02, 2013

天の計らい

ドームツアーの申込みが始まりましたが、
去年のような一般祭りはやめていただきたい。

私は、夫の実家の倒産、大病、家族の病気、起業、
その他もろもろの経験を乗り越えてきましたが、
そこに、天の計らいというものを感じるのです。

試練を与えられ、天に試され、天の意志に沿った努力をすることが、
幸せへの道だと実感しています。

嵐を心の支えに、コンサートに行くことを励みに頑張っているたくさんのファンを悲しませ、
一般をたくさん入れることは、
天の計らいに背く傲慢なことだと私は思っています。

日本人1億2千万人だとして、
嵐に接する機会が数多くあるだろうに、
その中から何度もふるいにかけられ、ファンクラブの会員になるというのは、
本当に凄いことなんです。
奇跡の出会いと言っても過言ではないと思います。

そういう人たちを大事にせず、悲しませ、泣かせ、怒らせ、恨みに思わせることは、
運とか、天の意志とか、自分の力ではどうにもならないことに対して、
悪い影響があるとしか思えないんです。

私に仕事で大きなチャンスをくれた人は、
小学校の同級生で、私の父と母に恩義を感じていた人なんです。
本人たちも覚えていないことに、恩義を感じる人もいれば、恨みを抱いている人もいる。
自分のしたことが子々孫々にまで影響を及ぼすと思えば、
慎重にならざるを得ないと思うのです。

24時間テレビのタップダンスが終わった途端、
複数の男性から、ブラボー!と声がかかりましたね。
日本中のテレビの前で、同じように思っていた人たちがたくさんいると思います。
一般の人をファンにしたかったら、テレビです。
数が圧倒的に違います。
本当にいいものは誰でも魅了されます。
その中から、何度もふるいにかけられ、ファンクラブ員になるんです。

参加できないファンクラブ員がたくさんいるのに、
身近な一般の人をコンサートに連れてきてもらって、
ファンやファンクラブ員になってもらおうというのは姑息です。

いい番組、素敵な作品を作って、正々堂々とファンを、ファンクラブ員を増やしていけばいいし、
嵐にはその力があると信じています。

土曜日の夜10:00の『嵐にしやがれ』は、一般にアピールする最良の時間帯です。
まずは、そこの改善ではないでしょうか。


|

« August 2013 | Main | October 2013 »