« Re: 企業戦略 | Main | 放映されたものがすべて(あたらしあらし) »

July 19, 2013

大阪が終わってから書こうと思い、遅くなってしまいました。

コンサートを希望するファンが多いのに、なぜワクワク学校を開催しているのか?

私個人としては、↓のような理由からかなあと思っています。

(1)TVでバラエティにたくさん出ているけれど、
内容より視聴率が優先されたり、
編集によって、予期しない印象操作もされてしまうので、
嵐だけで嵐がやりたいバラエティを生でやりたい。

(2)3.11以降の日本人を応援をしたいが、
頑張ってください・・・という上から目線ではなく、
自分たちも皆と同じ一人の日本人として、共に学び、頑張ることで応援したい。

(3)嵐に学校のイメージをつけ、他のジャニーズGとの差別化をしたい。
長い間活躍しているグループは、それぞれはっきりした色合いを持っていると思うのです。
歌が下手でスキャンダルが多くても逞しく生き残るG、ガテン系G、下ネタOKのハチャメチャG・・・などなど。
各Gがキャラ立ちし、棲み分けが行われることで、ジャニーズ全体が共存共栄していくということでしょう。
嵐はそれぞれ才能があって仲がいい・・・というPTA公認Gというイメージでしょうか。
学校には必ず新入生が入ってくるし、共通の価値観で教育が行われる場所ですから、
そこをつかんだら、長期間にわたって強いですよ。

(番外編)
じゃあ、『日々是気付』は何のため?

3.11以降、今まで気づかなかったことに気づかされた日本人も多いと思います。(嵐メンも含め)
でも表面的には、何事もなかったかのようにしていないと、この社会ではやっていけない。(芸能界も)
もう自分と家族の身は自分で守るしかないんですよ。
だから、日々、いろんなことに気づいて、勉強して、
正気を保って、生きていってね・・・
というのが、隠されたメッセージではないかと、
個人的には思っています。

|

« Re: 企業戦略 | Main | 放映されたものがすべて(あたらしあらし) »