« なぜワクワク学校? | Main | 潤くんの彼女は幸せ »

July 01, 2013

泣きたいほど幸せ

次々と情報が入ってきていますが、
なにはともあれ、ワクワク学校初日に参加しての感想を書きたいと思います。
ネタバレの嫌な方は、この先読まないでくださいませ。

10年後の自分に宛てた手紙を、ニノが封を切って読んだのですが、
潤くん自身も初めて聴くので、ドキドキやら笑いやら、彼の反応がリアルで、
膝のことや家族に対する思いなどが生々しく、ピュアでした。

そして、10年前の自分が望んだことの多くを実現できている自負で、
潤くんの顔は輝くばかりに美しく、男の自信が満ち溢れ、まさに美丈夫。
一生忘れられない顔になりました。
10年前の潤くんと出会う瞬間を、彼自身とともに共有できて、本当に幸せでした。

この手紙を書いた10年前、私はどっぷりファンで、
20歳の明治神宮のお祝いにも駆けつけ、
ラジオを一言一句、聞き漏らすまいと聴いていました。
決して口にしなかった膝についても、10年後にやっぱりそうだったんだと、
あの当時の彼の隠された思いを東京ドームの4万5千人の中で聞くことができ、
感無量です。

潤くんや嵐がTOPでないのはおかしいと思って、ファンサイトを立ち上げて10年目。
それが実現している喜びと同時に、
私自身が、彼からの宿題の10年後の自分に宛てた手紙で、
10年前の彼のように、野心に満ちたことを書けていることも喜びです。
チャンスを生かし、事業で大いなる利益を上げ、それを真に意味あることで社会に還元する・・・ということです。

翌日の潤くんの夢診断で、あたらしあらしの前に見た夢の話があったそうですが、
大きなチャレンジには強いプレッシャーを伴うのは当然で、
潤くんが乗り越えたプレッシャーなら、私も乗り越えられると、
大いに励ましになりました。
そんな感じで、ワクワク学校が終わってから、泣きたいくらい幸せに満たされています。

なぜワクワク学校?については、次回書きたいと思います。


|

« なぜワクワク学校? | Main | 潤くんの彼女は幸せ »