« やせた~!(嬉) | Main | 薄口な理由 »

June 05, 2013

PKを蹴るのは誰?

昨夜、サッカーW杯出場決まりましたね。
最後、本田選手がPK(ペナルティキック)を蹴るとき、
嵐がチームだとすれば、潤くんがPKを蹴って、きっと入れると思い、
本田選手と潤くんが重なって見えました。
そして、見事ゴールして、日本中を歓喜の渦に巻き込みました。

PKというのは、得点する場合もあるけれど、外すこともある。
外したら、責任は誰の目にも明らかなので、
延々と責められ、映像が繰り返し流される。

PK戦なら、両チーム合わせて10人だけど、
昨夜の場合は、本田選手一人に運命が託されるわけだから、
当然、チーム内で一番実力があると認められ、
しかもここ一番のメンタルが強く、
その重責を背負う勇気のある人ということになる。

それは、まさに松本潤だと思うのです。

作品や番組は、大勢の共同作業ですから、出来不出来はいろいろですが、
こと自分との闘いに関しては、潤くんは必ず勝つ人だと思うのです。

たとえば、去年のお正月番組で、一人だけごみ箱に入れることができたり、
10年前のジャニーズ感謝祭で、試合前は亀〇くんとのキャッチボールでボロボロこぼしていたのに、
キャッチャーマスクをかぶって試合が始まったら、どんどん活躍していって、
しまいには、先輩たちに指示を出していたほどの本番強さだったり、
『白夜の女騎士』の舞台で、声が出なくなって土下座したのに、その後不死鳥のように甦ったことなど、
その精神力、勝負強さ、本当に凄いと思います。

まず自分の恐怖や不安に打ち勝つ強さがあってはじめて、
人から運命を託される信頼を得られるんだなあと、
本田選手や潤くんを見て痛感します。


|

« やせた~!(嬉) | Main | 薄口な理由 »