« May 2013 | Main | July 2013 »

June 24, 2013

なぜワクワク学校?

今年もワクワク学校が近づいてきましたね。
潤くんや嵐は、なぜワクワクをやりたいんだろう?続けているんだろう?
と、いつも思います。

募金目的だったら、チャリティコンサートでいいわけで、
その方が参加希望者がずっと多いと思うのです。

潤くんは本当は何をしたいんだろう? と思うとき、
ドラマ『スマイル』を思います。

花男の大成功で、おそらくものすごい数と種類のオファーや企画があったであろうときに、
選んだのが『スマイル』。
大金持ちの御曹司に一途に思われる『花男』は、女性の願望がめいっぱいつまった夢の世界。
一転して『スマイル』は、誰の心にも隠されている偏見が、人を殺させ、死刑囚にまでする・・・。
自分の心の認めたくないものに対峙させられ、きつくて、ファンでさえ避けた人も多いようです。

見たくないものをドラマにするのですから、視聴率がとれないのは十分予想でき、
花男の成功がなければ実現不可能だった、千載一遇の企画だったと思うのです。
それをあえて、彼の言葉によれば、「心中するつもりで」挑んだのが松本潤という人だと思うのです。
私にとって、あんなに泣いたドラマはないですし、
場面場面での数々の彼の演技が、深く脳裏に刻まれて、
俳優としてだけではなく、一人の人間としての誠実な魂が、私の心を大きく揺さぶりました。

そんな彼と嵐が、3.11をきっかけにワクワク学校を始め、「日々是気付」というメッセージで続けています。
潤くんの真の目的は何だろう?と思うのです。
何に気づいてほしいんだろうか?
今まで知らなかった社会の真実?
それとも、意識していなかった自分の心?

テレビでは視聴率という指標のためできないことを、お金を払ってでも参加したい人だけに、
自分たちがやりたいことをやるということなんでしょうし、
コンサートの動員数やDVDの売り上げなどの大成功があるからこそのチャンスなのでしょう。

でも、スポンサーのおかげでテレビやCMに出演している彼らができることは、ものすごく限定されますから、
それでも、やる意味のあることって何だろう?
その答えが、今回のワクワクで感じられるのでしょうか?


|

June 21, 2013

VS嵐視聴率安定の謎

VS嵐、ほとんどは録画して後から見るのですが、
たまたま先週・今週は、放送時に見ることができました。

録画して見ると、いっつも同じようなゲームで、嵐もたいへんだなあと思い、
早送りで見たり、潤くんだけを集中して見たりしていたのですが、
放送時に見ると、ドキドキハラハラして、意外なほど面白いんです。
それが、木曜夜7時のお茶の間に、安定した視聴者を確保しているんでしょうね。

マイナーチェンジはあっても基本が変わらないから、
期待通りの楽しみが得られ、安心してチャンネルを合わせる。
毎回違うゲストチームが、結束して真剣勝負に臨み、
迎え撃つ嵐も、ちょっとハンデをつけることで、人気絶頂なアイドルなのに、よく負ける。

VS嵐の嵐メンというのは、
体育祭とか旅行とか日常のイベントに、個性豊かなメンバー(嵐メンたち)が一緒に参加することで、
そのイベントが、遥かに楽しく盛り上がるという立ち位置だと思うんです。
つまり、ゲームがメインで嵐は盛り上げ役。
そういう一歩引いたスタンスが、ファン以外からも受け入れられ、安定した視聴率につながっているのではないかと思うのです。

そして、嵐の各メンの個性を生かした番組作りというような大上段に構えるよりも、
ゲームを必死に戦っている中で、ギリギリのところで発する言葉や態度で、個性や魅力がはっきりと浮かび上がってくると思うのです。
潤くんについて言えば、今回の雌雄を決するコロコロバイキングで勝つ方法(ボールを全部穴に落とす)を一瞬にして見抜き、
彼の頭の中のコンピューターの高性能ぶりが披露されたり、
大きなでっぱりを作って難易度を急激にアップしたクリフクライムに挑む姿は、
難しければ難しいほど燃える彼がよく表れていましたね。

毎回違う10秒チャレンジも、大筋は変わらない番組の中で、変化をつける仕掛けの一つでしょうが、
視聴者のアイディアを取り入れることで、大好きな番組作りに自分たちも参加できている感覚を持てて、
とてもいいことだとおもいます。

何年にもわたって、同じような内容の番組を続けることは、
嵐もファンも忍耐のいることかもしれませんが、
それが多くの視聴者が求めていることならば、続けるべきなんでしょうね。

そういう安定した番組を持ち続けているから、新たなチャレンジの機会も与えてもらえるし(同じフジの『あたらしあらし』等)、
CMやドラマの話もあるんだとおもいます。
だって、ファン以外は、同じイメージを繰り返し繰り返しインプットされて初めて認識しますからね。


|

June 17, 2013

日村さん、ありがとう!

バナナマンの日村さんのしやがれ、久々に大声出して笑ってしまいました。
いやはや楽しかったです。

潤くんのすっきり麗しいお姿を見せていただけるだけで、
もう、心がときめいて、ドキドキしました。

先日も、潤くんは自分との闘いでは必ず勝つ人だと書きましたが、
新宿新次の再来か!というほど体を絞るのは、自分との闘いだと思うんです。
でも、ちゃんとやるんですね。
心底、尊敬します。

そこに、あの変顔4連発。
素晴らしい!
エクセレント!

グラビアやCM撮影などの、かっこいい潤くんも、
ブサイク変顔も、要求されたことを淡々とやるだけなんでしょうね。
それがプロフェッショナル!ということでしょう。

日村さんに丸投げ状態のようでしたが、
年間400本以上もの番組や俳優としてのお呼びがかかるというのは只者ではない。
そして、相方に対するように、嵐という共演者に対しても溢れる愛情が感じられるんですよね。

VS嵐などで、よく潤君のドSが日村さんに炸裂していましたが、
それを受ける日村さんが素晴らしいから、潤くんのドSを楽しめるんですね。

嵐5人、特にリーダーと潤くんの変顔があまりに面白くて、
せっかくこんな才能があるんだから、それを生かしたコント番組とかやったらいいのに・・・
と相変わらず思ったのですが、
歌やダンス、コンサート、ドラマや映画の仕事がたくさんある嵐は、
時間的制約だけでなく、
バラエティでは敢えて、こういう受け身のスタンスがいいのかもしれないと思いました。

自分たちで作るバラエティ番組というよりも、
才能あふれる様々なゲストによって、常に新しい嵐の魅力を発見してもらうという感じでしょうか。
それだったら、かつてのまごまごボート部のように、4週くらいかけて、
何もできなかったのが、できるようになっていく過程を見せてもらうとか、
じっくり腰を据えれば、いろいろできるのではないかと思うのです。

日々テレビから流れてくるのは、区別もつかず、記憶にも残らないバラエティがほとんどですが、
嵐5人の誠実な才能が何らかの形になって、多くの人たちの記憶に残るバラエティもあり得ると思うのです。


|

June 11, 2013

薄口な理由

しやがれの杉〇太〇さん、私はとっても面白く見ました。
ただ、彼の独演会のような感じで、嵐の存在感が。。。

彼が隠れブレイクしている理由が分かった気がします。
薄口というのは、彼は、”わかりやすく”と言いましたが、まさにそれなんでしょうね。
政治は魑魅魍魎の世界。
既得権益その他、利害関係が各所に張り巡らされていて、
真面目に話せば話すほど、深入りすればするほど、敵を作ってしまう。
それだったら、表面的なところを薄く、面白おかしく話して、”素晴らしい!”と言っていれば、
あっちでもこっちでも喜ばれる。

清掃員から政治家になった話も、
これぞ!と思う相手の喜ぶツボを心得ているんでしょうね。
だから、外資系の証券会社に入ることもできたし、
自〇党の候補にもなれた。
バラエティでひっぱりだこなのも、
1円にもならないプライドを捨てて、視聴者に喜んでもらえるツボをつかんでいるのだと思います。
(嵐のメインのファン層も、あえて、10代20代と言ったと私は睨んでいます)

26歳で国会議員になったのは、総理大臣になっているという話。
彼なら、ありかもと思います。
日本社会でトップになるのは敵を作らない人。
つまり、足をひっぱられない人なんですよね。
女性スキャンダルがあっても、叩けば埃が出る体でも、
〇蔵なら、仕方ないとすまされてしまいそうです。

「上がれ~」と念じているだけで資産運用をしているようなことを言っていますが、
投資で成功するには、情報分析力、機敏な判断と行動、ものすごい頭脳と胆力が必要なこと。
薄口評論家の仮面の陰で、何をたくらんでいるか、興味津々です。


|

June 05, 2013

PKを蹴るのは誰?

昨夜、サッカーW杯出場決まりましたね。
最後、本田選手がPK(ペナルティキック)を蹴るとき、
嵐がチームだとすれば、潤くんがPKを蹴って、きっと入れると思い、
本田選手と潤くんが重なって見えました。
そして、見事ゴールして、日本中を歓喜の渦に巻き込みました。

PKというのは、得点する場合もあるけれど、外すこともある。
外したら、責任は誰の目にも明らかなので、
延々と責められ、映像が繰り返し流される。

PK戦なら、両チーム合わせて10人だけど、
昨夜の場合は、本田選手一人に運命が託されるわけだから、
当然、チーム内で一番実力があると認められ、
しかもここ一番のメンタルが強く、
その重責を背負う勇気のある人ということになる。

それは、まさに松本潤だと思うのです。

作品や番組は、大勢の共同作業ですから、出来不出来はいろいろですが、
こと自分との闘いに関しては、潤くんは必ず勝つ人だと思うのです。

たとえば、去年のお正月番組で、一人だけごみ箱に入れることができたり、
10年前のジャニーズ感謝祭で、試合前は亀〇くんとのキャッチボールでボロボロこぼしていたのに、
キャッチャーマスクをかぶって試合が始まったら、どんどん活躍していって、
しまいには、先輩たちに指示を出していたほどの本番強さだったり、
『白夜の女騎士』の舞台で、声が出なくなって土下座したのに、その後不死鳥のように甦ったことなど、
その精神力、勝負強さ、本当に凄いと思います。

まず自分の恐怖や不安に打ち勝つ強さがあってはじめて、
人から運命を託される信頼を得られるんだなあと、
本田選手や潤くんを見て痛感します。


|

June 02, 2013

やせた~!(嬉)

VS嵐で、スッキリ痩せた潤くんを見て、キャー♪と嬉しくて、
惚れ惚れと見てしまいます。
でも、ミニステで豆腐とキムチ・納豆・かつお節で3キロ近く落ちたと聞き、
しやがれで、ジムに通って、卵だけ4個とバナナを持ってきた話など、
そりゃそうだよね。痩せるってたいへんだよ。(しみじみ)
それをキープするのは、もっとたいへん。(←体験者は語る)

でもね。かつてかっこよかったり、綺麗だった人が、太ってしまって、
ただのおじさんやおばさんになってしまったのを、テレビや雑誌で見ると、
ああ、見られることから降りてしまったんだなあと思う。
見られてナンボの芸能人を続けることは、本当にたいへんなことなんですね。

特に潤くんは、シャープでかっこいい、有無を言わせぬ美貌があってこその松本潤。

しやがれで翔くんが駐車場で見た、
超かっこいいTシャツとティアドロップのサングラスに、
パソコンと黒いう〇こバナナを両脇に抱えた姿が、まさに松本潤だと思うんですよ。

超かっこいいTシャツというのは、超かっこいい人が着るからカッコいいのであって、
どんなぶっ飛んだ変な格好をしても、カッコよく見せてしまうのが松本潤。
そして、抱えていたパソコンは、彼の頭脳の象徴であり、
う〇こバナナは天然ちゃんのシンボル。

シャープな体は、常に攻めてチャレンジし続けている彼の象徴ですから、
なんとか、この体型を維持し続けてほしいなあと切に願います。


|

« May 2013 | Main | July 2013 »