« 首が危ない(MDA) | Main | コンサート中の顔 »

April 30, 2013

愛狂椎潤の源

しやがれのゴールデンボンバーとの共演、楽しかったですね~。
常識の外にある人たちは面白い!
嵐は、だんだん常識内に収まるようになってきているようで。。。

即興バラエティと銘打って、即興がウリなんでしょうが、
スタッフのカンペに従っているんだなあということが、視線でわかるから、
常識内に収まらざるを得ないんでしょうか。
でも、嵐が常識的だから、ゲストの面白さが引き立つということもあるわけで、
うう・・・ん。

そのゴールデンボンバーの非常識な言語化(=ボンバーネーム)によって、
嵐メンの新たな魅力が刻み込まれました。
櫻吹雪翔、案本丹(あんぽんたん)雅紀、愛狂椎(あいくるしい)潤・・・。
それぞれの新たな飛翔が見えるようなネーミングですね。

紅白で同じ名前だからと言って、潤くんに話しかけてもらった歌〇場淳さんが、
こんな愛らしい人はいないと思ったことが、このボンバーネームにつながったわけで、
“松本潤=愛くるしい”を、30歳目前で印象付けてくださって、ありがとうございます。

ちょうど先日、映画『東京タワー』に関連して、その頃の潤くんのラジオの記録を読んでいたら、
彼の内面が伺われるようなものがありました。

仲良くない人とどうやって接しますか?・・・という質問に対して、
*僕も苦手なんだけど、決して無理には行かない。
*高校時代とかは、気さくに話しかけられるのを待っていて、そこから輪が広がっていった。
*仕事の上ではそういうことはない。
*以前は、仲良くなれなければ、なれないでいいと思っていたけど、今は、妄想・人間観察する。
 妄想で、その人を作り上げて、例えば、「こういう音楽好きじゃない?」とか話し掛けて、
 違っていても構わない。
 自分が想像したりして、人の見方が変わる。見えているものを見るだけじゃないから、
 キライとか苦手とかも受け入れられるようになる。
 人見知りだと思わないほうがいい。

高校時代は話しかけられるのを待っていたけれど、
20歳の今は、妄想でその人を作り上げて話しかけ、
そして想像し、見えていないものも見るようにするということでしょうか。

そんなスタンスで紅白の司会者として、馴染みのない人に積極的に話しかけた結果が、
歌〇場さんを感激させ、愛狂椎潤を誕生させたのかもしれませんね。


|

« 首が危ない(MDA) | Main | コンサート中の顔 »