« November 2012 | Main | January 2013 »

December 31, 2012

アラフェスDVD

アラフェスのDVD、やっと観ました。
素晴らしい!!!!!
これぞ、ザ・嵐!のコンサートだと思いました。

ただ、27万人の投票の上位曲で歌わない曲がたくさんあるのに、
なぜ、定番のお手振り曲をやるの?!という思いは相変わらずあります。
投票で選ばれたのは、単なる曲ではなく、
27万人一人一人が考え抜いて選んだ熱い想いの結晶なのですから、
公平に扱ってほしかったと改めて思います。

それ以外は、私にとってはエクセレント!
素晴らしい宝物をいただきました。

10年間、嵐のいくつもコンサートを観てきましたが、
記憶に残る素晴らしいコンサートというのは、
斬新なアイディアに次ぐアイディアで、
畳み掛けるように興奮の渦に巻き込んでいくんですよね。
独自の世界観があって印象に残るパフォーマンスがいくつもある。

今回のDVDは、嵐に興味ある人に自信を持って観てほしいと勧められます。

一言で言えば、豊潤。
Jrなしでやりとおしたことで、シェケシェケをはじめ、
5人の絆が主役として前面に出て、
ファンの投票結果に基づいて作ったことで、
人と人との絆が温かな潤いとなり、豊さ溢れるコンサートになったと思います。

サービス映像なしで、コンサートのみをDVDにそのまま収録し、
チャプターを敢えてつけなかったのは、
できるだけコンサートそのものに近い状態で観てほしいからかなと思いました。
堂々とした自信を感じます。

とりわけよかったのは、4分割のラブシチュエーション、5人のシェケシェケ、
時計しかけのアンブレラ、オーケストラと一緒のONE LOVE、 truth、 5×10、大宮SKで、
特に5×10は、思わず、こちらこそありがとうございます・・・と言いたくなりました。

国立に参加すると、あの場にいられる喜びと、
潤くんを追いかけるのがたいへんで(本物とスクリーンで)、
じっくり感傷に浸れない場合もありますが、
家でじっくり一人でDVDを観ると、
心に余裕があり、表情もよくわかって、
ああ、アラフェスってこういうコンサートだったんだと、その世界に没頭できます。

あいさつのとき、ニノが大宮SKができた喜びを語っていたら、
潤くんが、大宮の話はもういいから・・・とさえぎったは、えっ?と思った人もいるのではないかと思います。
裏事情はわかりませんが、
私が知る限り、大宮SKは、How’s it going?のDVDからバッサリカット、
イベントでニノが、事務所から大宮SKを怒られた発言。(単なるネタ話かもしれませんが)
大宮がかなり出演していたOneコンのDVDは発売されず、
台湾コンのアンケートで圧倒的1位だったのに、初回限定盤についた台湾コンDVDには大宮SKの影も形もなかったのです。
ですから、大宮SK復活のニノの喜びも、
潤くんが、それにセンシティブになるのも、わかるような気がします。

幸せで温かい気持ちにしてくれるDVDだからこそリピしたいですが、やっぱりチャプターがないと不便ですね。


|

December 27, 2012

popcornコンサートのアンケート回答をしました。

アラフェスのDVDを観る前に、popcornコンサートのアンケート回答しました。

私は、嵐がここまでになったのは潤くんがいるからだと何度も書きましたが、
特にコンサートでは、だからこそ、コンサートがイマイチだったり、好きなメンバーのソロがイマイチだったりすると、
他メンバーファンからの風当たりが強いだろうと思っていますので、
popcornコンサートについて、他メンファンから演出が素晴らしかったと言われたと星フリで読むと、
とてもうれしいです。

また、潤くんの生着替えからDJへ移行する場面で、前髪をかきあげたとき、
後ろから、ステキ~!と若い子の声が聞こえました。
私の動物的カンからすると、潤くんファン以外のような気がしてうれしかったです。
潤くんオンリーファンは、ああいう場面では息を殺して、体が硬直して、
ああいうアッケラカンとした声は出ないのではないかと思いますので。

でも、私は私の主観的感想をアンケートに書きました。

潤くんは、コンサートの始まりで、「5万5千人(国立なら7万人)を幸せにしてやるぜ~!」と叫びます。
以前、ひみつの嵐ちゃんんで、国立でのこの場面が繰り返し流されたとき、
恥ずかしがっていましたね。
素の一人の人間としては、とてもできないことだけど、
嵐の松本潤として、本気で観客全部を自分の力で幸せにしてやるぜという覚悟を、声の限りに表明しているんだと思います。

でも、どんなに頑張っても、彼はファンの気持ちにはなれないのですから、
彼が思うファンの幸せと、ポイントがちょっとずれている場合もあると思うのです。
それをファンも本気で伝えることで、よりよいコミュニケーションができて、
お互いがもっと幸せになれると思うのです。

ということで、popcornコンサートのアンケート回答、お願いいたします。
多種多様な主観的感想、あるいは偏見が集まることで、より客観性が高まると思います。

↓は、私の回答です。
==================================

★ 【Popcornドームツアー】アンケート

(1)総合的満足度 4.1

(2)いつ・どこに 12月13日・東京ドーム

(3)性別&年代 女性 50代

(4)感激した瞬間ベスト3
1.ウォータースクリーンの演出

(5)歌、踊り、演出した総合したパーフォマンス曲名Best 15

1.リフレイン(水と傘の演出)
2.Cosmos
3.We wanna funk, we need a funk(潤くんソロ)
4.旅は続くよ
5.それはやっぱり君でした(ニノソロ)

(6) 衣装ベスト3
1. リフレインの時の衣装
2. 無地とチェックの色違いベスト

(7) 装置・特殊効果ベスト5

1. 水のスクリーン

(8)良かった点

*ウォータースクリーンの幻想的な美しさ・・・素晴らしかった! これに尽きます。

(9)残念だった点

*Popcornというテーマだから、たまたまそうなったのか、あるいは意図したものなのか、
不特定多数の人に楽しんでもらおうという感じがしました。
ディズニーランドの中で嵐がコンサートをやっているような感じで、
装置や演出が目立って、嵐の存在が小さく感じたコンサートでした。

*MCが、ほぼ各メンの今後の仕事の紹介だった。

(10)良かった点

*グッズの販売日や場所を増やしたり、改善があったこと

(11)残念だった点

*私の席の近くを、コンサートを観ている様子のないおじさんが、行ったり来たりうろうろし続けたこと。
ルールを守って、チケットをとるためにひたすら努力したにもかかわらず参加できないファンがたくさんいるのに、
興味のないおじさんが参加していることが悔しく、腹立たしかった。

(12)DVD発売についての意見・要望

参加できなかった多くのファンが、細部まで楽しめるよう、そういう心遣い・思いやりの感じられるDVDを作って発売してください。

(13)今後の嵐コンサートについての意見

嵐の人気が国民的になり、コンサートに行ってみたいという人が増えるのは喜ばしいことだけれど、
ファンクラブ会員が納得するチケット販売方法にしてほしい。

(14)全体的な感想

コンサートとしてよくまとまっていたけれど、
嵐の存在感が薄いというか、結局、印象に残ったのは、ウォータースクリーンと気球だけというのが正直なところです。

そして、大衆化するというのはこういうことなのかと思いました。
不特定多数に喜んでもらおうとすると、個々人に深く刺さらない(少なくても私には刺さらなかった)。
私は、嵐には、エンターティメントを知り尽くした人が驚愕するような、尖がったコンサートを作ってほしい。
そういう嵐のコンサートを過去何度も見ている私からすると、物足りなかったです。
嵐の実力は、こんなものではないはずです。
大衆化はテレビにお任せして、
これでもか~!と、観客に挑んでくる、
こんな喜びがあるのか?!と、観客を高みに連れて行ってくれるザ・嵐!のコンサートが見たいです。



|

December 24, 2012

松潤問題

あんなに場所をとる回るスパイス入れをクリスマスプレゼントでもらっても、
我が家の台所には、置いておくスペースもなければ、
あんなに数多くのスパイスを使い分ける技もない私は、
高校の調理室でも作れるネギ・ジャコ・梅干しパスタをお昼に作りました。
美味しい!と家族にも好評。(マツジュンの真似と言ったら、評価が大幅ダウンするので、ナイショ)
九条ネギで作ったけれど、塩を振って焼いたネギも甘くておいしいし、
本当に、ネギの美味しさを引き立たせるメニューだと思いました。

ところで、マ○コさんの松潤問題。
なぜ、彼女(彼?)は、潤くんにどうアプローチしたらいいのかわからないのか?

思うに、彼女をはじめ、ほとんどの人は、世の中を泳いでいる。
マ○コさんなんか、毒舌という武器を使いながら、
芸能界の海で、いい波に乗っかって、
どこに行っても、何をしゃべっても、ギリギリのところで、
うまいわね~、面白いわね~と喜ばれる賢明な技を持っている。
抜群の波乗りマ○コ。
多くの人は、いい波に乗りたいと思っているから、マ○コさんなんて、そのカリスマ的存在だと思う。

だけど、潤くんは、そんな彼女の手の内に入らない。
なぜなら、彼自身がいい波、大きな波そのものになりたいと思っているから。

おととしの国立で、ジャケットの背中に『Deeper&Higher』と縫い込んでいたけれど、
深く深く掘っていくことで、高く高く上がっていけるという潤くんのスタンスは、
海を泳いで、いい波に乗ろうとしている水平移動のマ○コさんとは、
意識がかみ合わないし、別人種なんでしょう。

でも、あえて松潤問題と名付けて、その絡みづらさを指摘してくれたおかげで、
潤くんのスター性をクローズアップという結果になり、
やはり彼女は芸能界の波乗り上手。

それに、ペロンされても怒らないけれど、
どうするかわからないよ・・・と言う潤くん。
笑顔の下に、どう仕返しされるかわからない怖さが垣間見えるというのは、
デキル男の特徴だし、
歳を重ねてさらに魅力ある俳優として活躍するには、強力な武器になると思います。


|

December 21, 2012

希望の種

ひみつの嵐ちゃんって、
女の子(実年齢を問わず)の潜在的な願望を叶えてくれる番組だと思うんです。

りかちゃんハウス的な、着せ替え人形のマネキン5で、
好きな子をちょっといじめてみたいとか、
シェアハウスで好きな人の家に行って、一緒にお料理を作ったり・・・とか。

でも、来年には嵐は全員30代。
そろそろ、そういう役割を卒業するための、番組終了なのかなと思ったりします。

お正月番組用のすべてのTV誌の表紙は嵐5人という絶頂時だからこそ、
惜しまれているうちに、次のステップの準備をするということなのかなと。

そして、NHKの『嵐の明日に架ける旅~希望の種を探しに行こう~』、
いい番組ですね~。
スタッフが準備にどれほどエネルギーをかけたか、わかる気がします。
宮古島の地下ダムを始め、最初のたった一人の思いが何かを大きく変えていくんですね。

取材された方々は、皆すばらしい希望の種でしたが、
嵐の5人もそれぞれが希望の種だと思うんです。
取材される側と取材する側ともに、希望の種×希望の種でできた番組だから、
すがすがしい感動があります。

そして、希望の種は、誰のそばにもあって、
それを見つけ、がんばって育てる人がいるかどうかなんだということが素直に納得できます。
つまり、物ではなく人なんですね。
30歳でも、50歳でも、70歳でも、100歳でも、
その人の意識次第で希望の種になれると思うんです。

ひみつの嵐ちゃんの終了→希望の種を探しに行こうの開始は、
女の子たちに期待される役割を演じることから、社会に働きかける嵐、
潤くんがよく言う、アクションの喚起なのかなあと思ったりします。

でも、個人的には、マネキン5のSPがまた見れたらなあと願っています。


|

December 16, 2012

子供や孫たちの将来

どの政党がということではなく、
日本の危機をあおり、徴兵制をやればいいと公言・あるいは匂わす政治家・ジャーナリスト・作家・学者たちがいろいろいます。
今はネットがありますので、その気になれば、かなりのことが調べられます。
私たちがしっかりしているかどうかで、子供や孫たちの将来も違ってくると思います。


|

このままでいいのか!?

ジャニーズwebの潤くんの一言がどうしても気になって。。。

今年もあとわずかだけど、本当にこのままでいいのだろうか・・・というような言葉、
私の勝手な妄想ですが、
二つの意味があるような気がするんです。

福島原発の危うい状況に加え、
軍備拡張、徴兵制の話まで出ている、日本の命運を決めると言われている選挙。
でも、無関心な人が多くて、このままでいいのかと。
彼のラジオ番組のJUN STYLEで、劣化ウラン弾の話や選挙に行こうという話をしていた頃もありますし、
勉強家の彼だから、考えていること、言いたいことがあるんだろうなあと。

そんな状況の中、たくさんのCMや紅白の3年連続の司会、お正月が嵐祭り・松潤まつりというありがたい状況。
でも、次々と仕事をこなしていくだけでいいのだろうか。
勘三郎さんの死もあって、生きる意味とか、与えられた命をどう使っていくべきなのか・・・などなど。

今この時期に、敢えて、ファン向けのジャニーズwebに、意味深なことを書いたのは、
ファンに言いたいけれど言えない何かがあるような気がして、
勝手に妄想してしまいました。
全然違うかもしれませんね。

いずれにしろ、人気絶頂の今、浮つくことなく、
本当にこのままでいいのだろうかと危機感を抱いているということは、凄いことだと思いますし、
そういう彼だから、ここまでになれたのだろうと思います。


|

December 15, 2012

これで最後です。

皆様のご意見、本当にありがたく参考になりました。

私もおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、いろんな人たちにファンになってもらいたいし、
嵐の素晴らしいコンサートに参加してほしい、観てほしい、
テレビとは違う嵐メンたちの素晴らしさを知ってほしいと思います。

以前、小○智○さんが、嵐のコンサートを観てビックリして、
翌日のご自身のWSで「反省しました。」と、
嵐コンの素晴らしさを語ってくれたように、
胸張って、日本中、世界中の老若男女に見て、驚いてほしい、
嵐のこれまでの努力、来てくれた人たちを絶対に幸せにして返すという心根を感じてほしいと思います。

でも、私は人間ができていませんから、ちょっとしたことで頭に来ることもあります。
どうぞお許しくださいませ。

これから長く続くであろう嵐のコンサート、
そのときどきでいろんなやり方があると思っています。
これほどの会員数の先輩がいないのですから、試行錯誤が必要なのでしょう。

これを書くとまた批判にさらされるかもしれませんが、
潤くんの発言で頭にきた自分を知って、
もっと強くファンになったのも事実です。

正解がないから面白いし、
いろんな感情の起伏があるのが、ファンの醍醐味だなあと、
実感した次第です。

ということで、さらにいろいろご意見があるかもしれなせんが、
この件については、本当にこれが最後にしていただきたく、よろしくお願いいたします。


|

ありがとうございました。

潤くんの言葉を聞いたとき、
あんなに一生懸命チケットを取るのに頑張っているのに、コンサートに参加できずに悲しんでいるファンのことを思い、
頭にきたのは事実です。

あらゆる努力をして応援しているファンが報われるチケット販売方法を考えてほしいと、
切に願っているのも事実です。
私はウソを書けません。

でも、それが多くの方に不愉快な思いをさせてしまったようで、
申し訳ございませんでした。

また、個人的にいただいたいろいろなメールも含め、
皆様のお考えはよくわかりました。
ありがとうございます。

この話題については、ここでストップとさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


|

December 14, 2012

客を大事にしない商売は滅ぶ

16世紀に書かれ、以来500年間にわたって読み継がれてきたマキュアベリの『君主論』に、
「人は恐れている人よりも、愛情をかけてくれる人を容赦なく傷つける」という言葉があります。

親子関係だったり、夫婦関係だったり、
愛されていると思っているから、ひどいことを言ったり、したりする。
恐れている人にはできないのに、この人には何を言っても大丈夫と甘えているんでしょうね。

これって、事務所のファンに対するやり方を連想してしまいます。
グッズの販売方法にしろ、チケットの販売方法にしろ、
これだけ欲しいファンがいるから大丈夫となめているんでしょうね。

ファンクラブ会員は百数十万人を超え、前代未聞の領域に入りました。
これからも、ますます増えていくかもしれません。

でも、古今東西、普遍的に言われているのは、
「客を大事にしない商売は滅ぶ」ということです。
客、つまりお金を払ってくれる人ということですね。

どんなに時代が変わっても、どんなに状況が変わっても、
変わることのない普遍の真理です。

嵐は、今まで誰も踏み込んだことがない、未知の領域の開拓者になりました。
だからこそ、先人たちの経験と英知の結晶である普遍の真理を大事にして、
さらにさらに大きく、羽ばたいて、輝いてほしいと願っています。


|

潤くんに怒り心頭!

昨夜の東京ドームのコンサート。
スクリーンに映る潤くんの笑顔、美しい顔に、
ほれぼれ・・・、
なんて素敵なんだろう・・・
と思って見たら、
最後のあいさつで、その顔から出てきたのが、
「おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさんとか来てくれて、うれいい」という言葉でした。

私は、その瞬間から、「はあ~?!」と怒り心頭!

その連れられてきたお父さんだか、おじいちゃんとかが、
4階席の私の脇の通路を、コンサートの間中、
コンサートをまったく見ずに、階段を上ったり下りたりうろうろしていました。

潤くんと翔くんのあいさつの時、
それぞれ別方向から、男性の野太い声で何かわからないことを叫んでいて、
潤くんと翔くんに、自分たちの言葉を聞きたい人がいるんだから・・・という感じで、たしなめられていました。

「おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさんとか来てくれて、うれいい」という気持ち、
ファン層を広げたいという気持ちはわかりますが、
そのために、どれほどたくさんの熱心なファンが参加できずに悲しんでいることか!

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さんが、ファンクラブ会員になっているのなら、まったくOKですが、
連れられてきた人、付添で来た人が多いのではないでしょうか。

ジャニーズネットの動画で、嵐5人で「ルールを守りましょう」とアピールしていましたが、
お金を払った人に商品やサービスが提供され、お金を払わない人には提供されないのが、
社会のルール、世の中の基本ルールでしょう。

会費はもちろんのこと、CDやDVDやグッズをたくさん買ったり、様々な形で商売を支え、協力してくれている人たちよりも、
ファン層を広げたいという自分たちの勝手な都合のために、
たいして興味のない一般が参加できるようにしているとしか思えない今回のチケット抽選方法。
絶対おかしい!と思う私は間違っているでしょうか?


|

December 13, 2012

勘三郎さんの死に想う

勘三郎さんのお通夜。
メイクと笑顔という仮面を脱いだ、
素顔の潤くんが見れました。

勘三郎さんに叱られたり、アドバイスを受けたりプライベートの相談をしていたこと。
お別れの言葉を聞かれ、「まだ、かけられないです」と答えた彼は、
私たちと同じ、悩める普通の人間なんだなあと思いました。

友達のお父さんなんだけど、
芸能界の大先輩でありながら、自分のことをライバルと言ってくれる特別な存在。
悲しいというよりも、大きな喪失感かもしれない。

勘三郎さんの肉体は亡くなってしまったけれど、
彼の魂は、常に潤くんと共にあって、
いつでも、心の中で会話ができるのではないかと思います。

というのは、私は父に反発し、父にとっても私は許せない娘だったと思います。
でも、私と二人っきりになったときの最期の言葉が、「世のため人のため頑張れ」でした。
あまりに思いがけない言葉で、その時の私は、そんな大それたことより母をもっと大事にしてやれよと反発心しかありませんでした。

でも、その後の私は、天命と思える仕事に出会い、
気が付いたら、世のため人のため働いています。
こんなに感謝される仕事はないのではないかと自負しています。
仕事の内容は父とはまったく違いますが、
気が付くと、父と同じようなやり方を選択し、
あのときはわからなかった、私に対する父の気持ちや愛情が理解できるようになりました。

年齢と経験を重ねないと理解できないことがあると痛感しています。
生きていれば、おそらくぶつかり合っていた父と娘ですが、
亡くなった今となっては、穏やかな気持ちで父と会話しています。

勘九郎さんや七之助さんは、天才の息子というたいへんな重荷を背負って、
他人にはわからない葛藤があるのではないかと思います。
勘三郎さんの負の部分や激しさをもろに受けてきたのかもしれません。

私も似たような年代の二人の息子の親になりましたが、
親の役割は、不完全な人間である親が、一生懸命生きて、
その生き様を身近で見せることなのではないかと思うようになりました。
子供たちが、自分を反面教師にしたり、反発を感じたりしながら、
それでも残る何かが、子供の中に育っていく。
その果実を見ることはないかもしれないけれど、
何かの機会に親を思い出して、何かの参考にしてくれれば、この上なく幸せなことと思います。


|

December 08, 2012

もったいない(FNS歌謡祭)

今年のFNS歌謡祭、
すごい気合が入っていて、カッコヨカッタですね~。
特にFACE DOWNは、素晴らしいダンスで惚れ惚れしました。

でも、もったいない・・・という気持ちが払しょくできません。
せっかくの2曲とも持ち歌の録画。

他の歌番組は、ついつい嵐以外は早送りしたりするんですが、
FNSは、いろんな歌い手の思いがけないコラボで、
本当に楽しくて、ワクワクして聴きます。
ときどき、アラ?!という状態もありで、それもまた一興です。
そんな生のドキドキ感が、いかにもテレビで面白いんです。

去年の嵐は、まさにそのアラ?!をやってしまったのですが、
私は、すごくオイシイ出来事だったと思うんです。

ファンにも一般にも話題を提供し盛り上がりましたし、
フ○テレビ側の失態ですから、
今年は、嵐側が交渉のいろんな有利なカードを切れたと思うんです。

なのに、2曲とも一番無難な持ち歌の録画。
嵐側は安心・安全かもしれませんが、
嵐に特に興味のない視聴者には、スル―対象かもしれません。
似たようなグループが山と出ていましたから、嵐と気が付かない人たちもいたと思います。

せっかくのチャンスなのに、
前線で戦わず、一歩退いてしまった感じなんです。

そんな嵐とは逆に、なぜこの人がこんなにたくさんいろんな唄を歌うの?と、
事務所・○ジテレビ・芸能界のパワーポリティックスが垣間見れた気がします。

ジャニーズには、歌のうまい先輩・後輩がいろいろいるにも関わらず、
長い間、一番人気を誇ってきたのは、
へ○な歌を悪びれもせず歌うS○○Pであるということが、
ダイナミックなパワーポリティックスを勝ち残る一つのヒントになるかもしれません。


|

December 04, 2012

CMに踊らされて。

20年来の洗濯機が突然、変な音をし出して壊れたので、
さあ~!とばかりに、日○の全自動の洗濯機を買いました。

ヨ○バシカ○ラで検索して、調べて入力すると、
すぐに電話がかかってきて(22:30過ぎです)、
翌日の夜(22:00頃)、配達・設置・リサイクル全部やってくれるんですね。
便利な世の中になったものです。
これじゃあ、中小の電器店は太刀打ちできないわ。
ヨド○シ○メラで働く人もたいへん。

そして、その洗濯機。
そんな多機能はいらんわな・・・というくらいいろいろあって、
ダンナと二人でDVDで使い方を学習(25分だったかな)。
たかが洗濯機の使い方をDVDで勉強しなくてはいけない日がくるとは!
もっと安くて、単純なのがいいのになあ。。。
こんな多機能洗濯機、円高の海外では売れないだろうけど、
嵐のギャラと広告費が含まれているんでしょうね。

そして、○産ノート・メダリストのCM。
お~!
デキル非情な男・松本潤。
ゴージャス・松本潤。
そうよ。そういうあなたを待っていたのよ。
キャー!!!

と思って、ネットで見たら、庶民のコンパクトカーのノートの中で、
ちょっとゴージャス感をふりかけたかっただけなのね。

それにしても思うのは、嵐はCMに使いやすいだろうなあ。。。
いろんな層をターゲットにできて、
高級感をプラスしたかったら、松本潤。
そして、価格をちょっとつりあげる。。。。。


|

December 02, 2012

松潤比

先日の嵐ちゃん、武井咲ちゃんという若くて経験の浅いゲストだったせいか、
素顔の潤くんが垣間見れたようで、興味深かったです。

19歳で遊びまくっていたという潤くん。
遊びって何ですか?と思わず、具体的に聞きたくなる私。
過去の話として言えるってことは、今はどうなんだろう???

ぶっ壊しちゃえばいいとか、我慢しないと言う潤くん。
演技指導にイチイチどうしてそうしなくちゃいけないのか聞く潤くん。
以前、週刊文春の嵐の紹介記事で、潤くんのことを業界では「扱いづらい」と評判のようなことが書かれていましたが、
そういう潤くんだからでしょうね。

日本人はとかく波風を立てず、自分が我慢することが美徳のような風潮がありますが、
その結果が、今の日本の衰退を招いていると思います。

先日、私、嵐をここまでにしたのは潤くんがいたから・・・と書きましたが、
潤くんが外と闘って、ニノをはじめ我慢してしまう4人を含む嵐を守ってきたのだと思います。
嵐が我慢する扱いやすい人だらけだと、権力を持つ人間の勝手な都合に振り回されますからね。
と同時に、他の4人が我慢するタイプだから、5人の嵐が成り立っているんでしょう。

それにしても、ベストアーティスト、VS嵐、ひみつの嵐ちゃんと、
潤くん、スッキリ痩せて美しい~、カッコいい~!!!!!
ラキセを撮影するときは、体を絞るんですね。

VS嵐のときの、襟ぐりの大きく開いた青いセーターは、長い首のラインの美しさが強調され、
もうすぐひみつの嵐ちゃんのときの、歩く後ろ姿の美しさ、
惚れ惚れしました。

潤くんの体型って、小さい頭、長い首、広い肩幅、細いウェスト・・などなど、
普通ではない部分部分が絶妙なバランスで成り立っていて、
黄金比ならず、松潤比とでも呼べるもののように思います。
一つでも欠けると微妙なバランスを失ってしまう松潤比が、
今は、見事に表れているように思います。

それなのに、なんですか、マネキン5のあの入院患者ガウンは?!
せっかくの松潤比が、ものの見事に壊されて、重心がダラ~ンと垂れ下がってしまいます。

とまあ、自分のことはこの上ないほど棚に上げて、いろいろ書いていますが、
先日、フィットネスクラブをいくつも経営している女性と話をしていて、
「女性は私の細かいところまで凄く見ているのよ。いやんなっちゃうわ。」というようなことを言っていました。
そのとき思いました。
彼女に憧れているからこそ、細かいところまで目が行ってしまうんだろうなあと。
どうでもいい人だったら気にならないもの・・・と、松潤ファンの私は納得した次第です。


|

« November 2012 | Main | January 2013 »