« どっちでもOK! | Main | 華やかに! »

October 19, 2012

キャスティングの妙

ある会合に出席したら、ゲストスピーカーが、
映画「沈まぬ太陽」やドラマ「やまとなでしこ」などの若松節郎監督でした。
私、この方を全然知らなくて、なんの期待もしていなかったのですが、
お話、面白かったですね~。
さすが監督、講演もエンターティメントになっていました。

どこまで書いていいのかわかりませんので、
印象に残ったキャスティングの話を少しだけ。

「沈まぬ太陽」で、主役の渡○謙さんと対比的な、仲間を裏切り、出世街道をひた走る行天役を、
若松監督だけが三○友○さんを押して、
原作者の山崎○子さんが、CMで見た彼が白○タのように太っていたことから、イメージと違うと大反対したそうです。
撮影までに絶対痩せさせますからという約束で、
関係者全員の反対を押し切って彼をキャスティングしたとのこと。

佐藤○市さんや中井○一さんだったらすんなりOKが出ただろうけど、
それでは、今までの日本映画と変わり映えしないので、
今までのイメージと真逆な○浦○和さんを敢えて起用したかったとのこと。
キャスティングするとき一番考えるのは、俳優同士の意外な組み合わせで、
想像もしなかった化学反応が起こることだそうです。

私はこの映画をテレビで見たとき、ストーリーもよく覚えていないのですが、
三○友○さんは強烈な印象として脳裏に刻みこまれました。
健全で、いい夫、いい父親そうな彼があの役をやることで、
人間だれしも、こういう欲を抱えて生きているんだなあということが、
リアルな怖さを持って迫ってきたんですね。

脇役の人が今までと違う強烈な個性を発揮すると、視聴者はおっ!と引きつけられますし、
潤くんの沢田慎や、瑛○さんの新田なども、その例かもしれません。
また、きみぺの小雪さんと潤くんの組み合わせも、異質な肌合いの二人だからこその化学反応のように思います。

潤くんは、このところ彼の個性がよく活かされているCMが頻繁に流れています。
一般の人や業界の人は、これが彼のイメージになっている場合が多いでしょうし、
強烈なイメージがあるだけに俳優として使いづらいという面もあるでしょう。
でも逆に、そのイメージが覆されるほどのドラマや役に出会ったとき、まさに化ける俳優だと思うのです。

ラッキーセブンSPは、同じく○崎豊子さんの「白い巨塔」など社会派ドラマの多い、井上由美子さんが脚本。
アクションエンターティメン的ドラマだったラキセに、彼女の脚本がどんな化学反応を起こしてくれるか楽しみです。


|

« どっちでもOK! | Main | 華やかに! »