« 福島のワクワク学校 | Main | 『スマイル』のようなドラマとは。。。 »

August 28, 2012

明るい未来をつくろうと思います!

私は、嵐が出なければ、24時間テレビのような番組は観ない人間です。
ニノのドラマも、予告を見るといかにも・・・という感じで、観ないつもりでいました。
ところが、出だしを見てしまったら、ぐいぐい惹き込まれ、私の心に深く刻まれました。
ニノの心の声が、こういう状況になったら、こう思うだろうなあという突き刺さる真実に溢れていて、
まるで私が、ニノの役を一緒に生きているかのような共感を覚えました。
素晴らしいドラマというのは、無自覚な現実よりも遥かにリアリティがあるんですね。

ちょうど私は、仕事のことで悩んでいました。
その先に起こるかもしれない恐怖で決断ができずにいたんです。

でも、ニノのドラマを観て、与えられた運命に対してベストを尽くすしかない。
与えられた出会いを活かすことで、思いがけない道が開けていくのだと思いました。

私は、恐怖を乗り越えて、大きな一歩を踏み出す決心をしました。

そしたら、潤くんが番組の最後、未来へのメッセージで、
「迷っている人の背中をちょっとだけでも押したり支えられる自分になれたらといいなと思っています」と言いました。
あっ、まさに私だわ!
迷っている私の背中を押してくれたのはニノのドラマだけど、
これからの自分を潤くんが支えてくれると思いました。

そして、「僕は絶対に明るい未来をつくりたい、つくろうと思います!」という決意表明。
明るい未来をつくるのは自分自身しかない。
そう決意する人のところに、明るい未来をつくろうとする人や仕事が集まってくるから、
必ず、明るい未来を実現できると思うのです。
これから先、日本や社会がどんな悲惨な状況になったとしても、
潤くんのあの決意表明を見て聴いた人は、
松本潤や嵐の未来は明るいと確信したと思います。

ワイドショーで見た、番組終了後のインタビューで、
「今回は伝えたいことがあったので、それを伝えるまではと涙をこらえていました」という言葉。
伝えたいことというのは、自分の未来は自分しかつくれないんだよということではないかと思います。
厳しい芸能界にあって、望んでいたことを実現させてきた彼だからこそ、
自信を持って伝えられることですね。

私も仕事を通じて、いろんな状況にある人や迷っている人の背中をちょっとだけ押したり支えられる人になりたいと思います。
そして、絶対に明るい未来をつくりたい、つくろうと思います。
そう決意させてくれた素晴らしい24時間テレビでした。


|

« 福島のワクワク学校 | Main | 『スマイル』のようなドラマとは。。。 »