« 「地元にいたら泣かしますからね!」 | Main | 明るい未来をつくろうと思います! »

August 12, 2012

福島のワクワク学校

ボクシングで金メダルをとった村田涼太選手。
新宿新次の風貌ってこんな感じかも・・・と思っていたら、
彼の言葉に出会いました。

「金メダルは狙っていた。夢じゃなく目標だった。ただこれが僕の価値じゃない。
これからの人生が僕の価値になるので、恥ずかしくないうように生きていく。」

最初の24時間TVの相葉ちゃんの手紙で、「トップになろうね」と話していた嵐も、
目標通りトップになりました。
そして、これから嵐の本当の価値を作っていくのでしょう。

福島でのワクワク学校開催は嵐の価値ということで、大きな意味を持っていると思います。
茶々丸さん、福島の放送のレポありがとうございます。
読んでいて、思わず涙が出てきました。

福島の名前の由来などを調べたり、生まれ育っている地元に関心を持ってくれることは、
自分を尊重してくれていると実感できると思うのです。

潤くんの「昨年の震災から、特に福島は他の県と違うたくさんの被害があったと思いますし、」という、彼の立場で言えるギリギリの言葉。
誰もがわかっていることなのに、日本人の事なかれ主義で見て見ぬふりをされているがごとき昨今、
ワクワク学校に参加された方々はどんなにうれしかったことでしょう。

潤くんが18歳のやせっぽっちの体で酷寒の滝に打たれて叫んだ、
「嵐のこの5人にしかできないことをして、世界中の人を幸せな気持ちにする~!」を、
まさに実行していますね。

応援するということは、放射性物質が入っている可能性のあるものを食べて応援!とかではなく、
一人一人の自尊心を喚起することだと思うのです。
自尊心があって初めて、困難に立ち向かえる。
潤くんも嵐も、福島でワクワク学校を開催することは簡単なことではなかったと思いますが、
事なかれ主義の逆を行く潤くんが先頭に立って、嵐だからできることを模索し続けているのでしょう。

そして、トップにいる嵐がすることだから感激してもらえるという側面も大いにありますから、
潤くんのストイックさは、やりたいことをやるため、さらに価値あるトップになるため、
内なる渇望を実現するためなのではないかと思っています。


|

« 「地元にいたら泣かしますからね!」 | Main | 明るい未来をつくろうと思います! »