« July 2012 | Main | September 2012 »

August 31, 2012

潤くんに堕ちるのは。。。

佐渡裕さんは、何をきっかけに潤くん好きになられたのでしょうね。

私、松潤好きを公言すると、「松潤いいよね~」と言ってくれる人というのは、
そろいもそろって、ものすごく優秀で、自分の信念に基づいて行動する、尊敬する人たちばかりなんです。
彼のことをちょっとしか知らなくても、一瞬で彼の本質が見えちゃうんでしょうね。

その中の一人は、テレビ見てるとバカになると言って、一切見ないし、
24時間テレビなんて、偽善の最たるものとして目の敵にしているのに、
いったいどこで何で潤くんのことを知ったんでしょう。
そのうち聞いてみますが、
彼女は、後に世界的大大ベストセラーになったものにいち早く目をつけて、独占権をとったような目利きですからね~。
なにかのきっかけで潤くんの色気にはまったらイチコロでしょうね。
底なし沼にずぶずぶと溺れてもがき、こんなはずではないのにと日夜身を焦がし続けるのでしょうか。

ところで、昨夜の嵐ちゃんの潤くん、
素で綾○さんに興味があるようで、
観ていてドキドキ!
はあ~。。。


|

August 29, 2012

『スマイル』のようなドラマとは。。。

『スマイル』で一緒に仕事をされた美術監督さんのブログ、うれしいですね。
賛否や批判の中でドラマを作り続けたからこそ見える人間の本質があるのだと思います。
http://ameblo.jp/mono-da9/entry-11338062546.html

また、『スマイル』のようなドラマに出てほしいなあと思います。
題材がどうとか、テーマがどうとかいうことではなく、
松本潤という俳優が、それまで築き上げてきたものをすべて捨てて、
ズタボロになりながら、這いつくばってでもその役を生きてやるという魂が感じられるドラマです。

ドラマって、放映されているときは混乱していたり、
視聴率に一喜一憂したりして、よくわからなかったことが、
時が経って、客観的に見えることがあると思うのです。

TBSの『きみはペット』『花より男子』『スマイル』は、
それ以前の彼の成功パターンを破壊して、観る者の心を震わせる新たな魅力を創り上げているんですね。
『ごくせん』のクールなリーダー→可愛いペット→おバカな俺様→人種で差別される死刑囚

ところが、その後のフジテレビの二つの月9は、
それ以前の成功パターンを壊さず、松本潤の魅力に乗っかった企画・ドラマ作りをしているように思うんです。
すると見た目は綺麗なんだけど、魂が見えない。
TBSの上記の3つのドラマのような、延々と語り継がれるひっかかりがないんですね。

歌でもドラマでも映画でも、永遠の命を持つものは、
いつの時代でも、一人一人の心に住み着いて対話できるものではないかと思います。

|

August 28, 2012

明るい未来をつくろうと思います!

私は、嵐が出なければ、24時間テレビのような番組は観ない人間です。
ニノのドラマも、予告を見るといかにも・・・という感じで、観ないつもりでいました。
ところが、出だしを見てしまったら、ぐいぐい惹き込まれ、私の心に深く刻まれました。
ニノの心の声が、こういう状況になったら、こう思うだろうなあという突き刺さる真実に溢れていて、
まるで私が、ニノの役を一緒に生きているかのような共感を覚えました。
素晴らしいドラマというのは、無自覚な現実よりも遥かにリアリティがあるんですね。

ちょうど私は、仕事のことで悩んでいました。
その先に起こるかもしれない恐怖で決断ができずにいたんです。

でも、ニノのドラマを観て、与えられた運命に対してベストを尽くすしかない。
与えられた出会いを活かすことで、思いがけない道が開けていくのだと思いました。

私は、恐怖を乗り越えて、大きな一歩を踏み出す決心をしました。

そしたら、潤くんが番組の最後、未来へのメッセージで、
「迷っている人の背中をちょっとだけでも押したり支えられる自分になれたらといいなと思っています」と言いました。
あっ、まさに私だわ!
迷っている私の背中を押してくれたのはニノのドラマだけど、
これからの自分を潤くんが支えてくれると思いました。

そして、「僕は絶対に明るい未来をつくりたい、つくろうと思います!」という決意表明。
明るい未来をつくるのは自分自身しかない。
そう決意する人のところに、明るい未来をつくろうとする人や仕事が集まってくるから、
必ず、明るい未来を実現できると思うのです。
これから先、日本や社会がどんな悲惨な状況になったとしても、
潤くんのあの決意表明を見て聴いた人は、
松本潤や嵐の未来は明るいと確信したと思います。

ワイドショーで見た、番組終了後のインタビューで、
「今回は伝えたいことがあったので、それを伝えるまではと涙をこらえていました」という言葉。
伝えたいことというのは、自分の未来は自分しかつくれないんだよということではないかと思います。
厳しい芸能界にあって、望んでいたことを実現させてきた彼だからこそ、
自信を持って伝えられることですね。

私も仕事を通じて、いろんな状況にある人や迷っている人の背中をちょっとだけ押したり支えられる人になりたいと思います。
そして、絶対に明るい未来をつくりたい、つくろうと思います。
そう決意させてくれた素晴らしい24時間テレビでした。


|

August 12, 2012

福島のワクワク学校

ボクシングで金メダルをとった村田涼太選手。
新宿新次の風貌ってこんな感じかも・・・と思っていたら、
彼の言葉に出会いました。

「金メダルは狙っていた。夢じゃなく目標だった。ただこれが僕の価値じゃない。
これからの人生が僕の価値になるので、恥ずかしくないうように生きていく。」

最初の24時間TVの相葉ちゃんの手紙で、「トップになろうね」と話していた嵐も、
目標通りトップになりました。
そして、これから嵐の本当の価値を作っていくのでしょう。

福島でのワクワク学校開催は嵐の価値ということで、大きな意味を持っていると思います。
茶々丸さん、福島の放送のレポありがとうございます。
読んでいて、思わず涙が出てきました。

福島の名前の由来などを調べたり、生まれ育っている地元に関心を持ってくれることは、
自分を尊重してくれていると実感できると思うのです。

潤くんの「昨年の震災から、特に福島は他の県と違うたくさんの被害があったと思いますし、」という、彼の立場で言えるギリギリの言葉。
誰もがわかっていることなのに、日本人の事なかれ主義で見て見ぬふりをされているがごとき昨今、
ワクワク学校に参加された方々はどんなにうれしかったことでしょう。

潤くんが18歳のやせっぽっちの体で酷寒の滝に打たれて叫んだ、
「嵐のこの5人にしかできないことをして、世界中の人を幸せな気持ちにする~!」を、
まさに実行していますね。

応援するということは、放射性物質が入っている可能性のあるものを食べて応援!とかではなく、
一人一人の自尊心を喚起することだと思うのです。
自尊心があって初めて、困難に立ち向かえる。
潤くんも嵐も、福島でワクワク学校を開催することは簡単なことではなかったと思いますが、
事なかれ主義の逆を行く潤くんが先頭に立って、嵐だからできることを模索し続けているのでしょう。

そして、トップにいる嵐がすることだから感激してもらえるという側面も大いにありますから、
潤くんのストイックさは、やりたいことをやるため、さらに価値あるトップになるため、
内なる渇望を実現するためなのではないかと思っています。


|

August 11, 2012

「地元にいたら泣かしますからね!」

昨夜のひみつの嵐ちゃん、
くそ生意気な風○ちゃんのこと、
「地元にいたら泣かしますからね!」

ク~! 胸どっきゅん。
泣かされてみたい。
どんなふうに泣かすんだろ?
ドSにグイグイくるんだろうな~

そしたら私は、ウソ泣きして困らせる。
そして怒涛の言い返し。
負けないもんね。
バトルにつぐバトルだよ。。

妄想~~。
楽しい~~。


|

August 07, 2012

科学エンターティメントの可能性

先日の嵐にしやがれ、科学界のインディジョーンズ・長沼毅さん登場、すごく面白かったです。
深海・南極・宇宙・微生物などなど、未知の世界だらけで、
何でも楽しんでやろうという長沼さんの笑顔と共に、ぐいぐい惹き込まれて見てしまいました。

嵐って、こういう科学エンターティメントとすごく相性がいいと思うんです。
すごく頭のいい人たちな上、子供のような好奇心と何でもやってみようというチャレンジ精神。
つまり、子どもの心を持ち続けながらフロンティアスピリットがある!
しかも、5人それぞれの個性がまったく違うから、同じものを見ても聞いても反応が違うから面白い。
こんな人たち、他にいないですよ。

私たちは放射能汚染などの現実に押しつぶされそうになっているけれど、
実はまだ未開拓な広大な分野が広がっていて、ただ知らないだけ。
経済優先の大人の論理ではなく、子供の目と感性を持っていれば、この地球はまったく別の世界なのかもしれません。
嵐は先生をするより、嵐にしやがれのように、いつまでも好奇心で目を輝かせて、
可能性の船に乗って、荒波でも必死にオールをこいでいる生徒の方が、
共感しやすいかもしれません。


|

アンケート集計&ロゴ、ありがとうございます。

【2012嵐のワクワク学校】のアンケート集計してくださった、
ファミさん、茶々丸さん、ゆきだるまさん、てんどんさん、ありがとうございます。
印刷を終え、ジャニーズ事務所に送る封筒の中に入れました。
ファミさん、アンケートBBSで私は編集できませんでしたが、
印刷するときに、追加しました。
ゆきだるまさんの円グラフ、素晴らしいですね。

そして、遅くなってしまいましたが、sumiさん、素敵なロゴありがとうございます。
このロゴを見ていると、星フリの8年半が甦ってきます。
いろんな方が登場されましたね。
Sumiさんがお考えになられたように、土星の輪はここに集う方たちの集まりのように思えます。
そして、輝く球体は潤くん。

先日、山○裕○くんのことを、亀○郎さん改め猿○助さんが、
「とてもいい役者さんだけど、これから、彼のために命を捨てられるほどのファンが出てくるかどうかがカギ」
というようなことを言っていました。

潤くんのために命は捨てられないけれど、
いろんな個性や能力のファンが集まって協力し合えば、命を捨てられるほどのファンに匹敵するかもしれないと思ったりします。
そのファンたちが輪になって、潤くんを守り押し上げているのが、
Sumiさんが作ってくださったロゴのイメージです。

いろいろ、本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


|

« July 2012 | Main | September 2012 »