« 被災地ライブ | Main | キツネにつままれたように素晴らしい!!!(ラッキーセブン9話) »

March 10, 2012

ワイハにあってラキセにないもの

先日のHey Hey Hey。
嵐の名曲リクエストTOP10.
1位がOne Loveは当然な感じですね。
だって、以前バラエティで、カラオケで嵐の曲5曲リクエストされたら終わりという企画で、
One LoveばかりのOneLove地獄に陥っていましたものね。

覚えやすいメロディで、歌詞がわかりやすく単純で、
歌の世界観がイメージしやすい。
花男Fの内容と、ウェディングソングというコンセプトがバッチリ結びついているし、
一般の人たちというのは、嵐に思い入れがないだけに、
わかりやすい!というのが、まず第一なんでしょうね。

ワイルドアットハートのフルの披露、カッコヨカッタですね~。(ハート)
振付も斬新で、マイクを蹴飛ばしたり、ワイルド感バリバリ。
そして思いました。
ドラマ『ラッキーセブン』に欠けているのはこれなんだ!と。
ワイハにあってラキセにないもの、
それは、主人公がド真ん中にいて、ワイルドに他のメンバーを率いて大活躍するということ。

駿太郎にはワイルド感がない。
つまり非常識感がないイイ子ちゃんなんですよ。
だからラッキーセブンのTOPに立つというパワーが感じられない。

もし、続編や映画化があるとしたら、
新人探偵は卒業して、7人のメンバーを率いていくオーラ満載の駿太郎がいいなあ。。。
新田がどんなにカッコよくても、アウトローなカッコよさですからね。

Mステでは、どうしちゃったの潤くん?というくらいハイテンションでしたが、
ジャニーズの中にあって、彼はダントツにワイルドだなあと改めて思いました。
男っぽい風貌とか、見た目のワイルド感ではなく、
大きな構想を持つとか、人がやろうとしないことに挑むとか、
人間的なワイルド感が、歳を重ねるとともに、外見にもあふれてきて、
大人の男としての力強さと、常識では測りきれないスケール感が出てきましたね。

これがあるから、ますます彼の持ち味の色気が引き立つのであって、(ワイハを歌って踊る彼は色気バリバリですものね)
今後のラキセでは、この魅力が炸裂することを期待しています。
ドラマと主題歌のコンセプトの一致は当然だと思いますもの。

|

« 被災地ライブ | Main | キツネにつままれたように素晴らしい!!!(ラッキーセブン9話) »