« MJダンス | Main | ドラマがぬるいと。。。(ラッキーセブン7話) »

March 03, 2012

幸せを運ぶリーダー

3月11日が近付き、嵐に期待される役割があるようです。

私は、「頑張って」と言われるのが嫌いで、
「人に言うより自分が頑張れよ」と思っちゃう人間です。
励まされるというのは、人からしてもらうことではなく、
歌とか言動など、励まされることを自分で選んで、
自分が自分を励ますんだと思います。

ですから、国民的アイドルが被災地で行うことを素直に受け取れない人たちも大勢いるだろうと思うのです。

今年の2月3日の週刊朝日の表紙の潤くん。
刺すような眼光で、頭の中ははちきれんばかりの知が詰まっているように見えました。
これまでのアイドル誌やファッション誌の写真とはまったく違う、
社会に挑むような、美しくも鋭い表情でしたね。
週刊誌は経済破綻や放射能汚染の裏側的記事にあふれ、
一人の有能な28歳の男性として、様々な思いを抱えてカメラの前に立ったのかなと思います。

解決策の見いだせない厳しい現実を百も承知で、
自分ができることを精いっぱい果たしていこうとする誠心誠意が、
今回のEnjoyの文章にあふれていました。

自分ができることはちっぽけなことだけど、
同じ空の下でつながっているファンが支えてくれる。
そして、それぞれ置かれている立場も状況も思うことも違うだろうけれど、
同じ空の下で生きているという共通項があるじゃないかと訴えているようにも思います。

一人では何もできない。
でもリーダーが存在することで、何かが動くことがある。
社会を変えようとするリーダーだったり、
ある考えを浸透させようとするリーダーだったり。。。

潤くんは幸せを運ぶリーダーだと思うんです。
全員に幸せを運ぶことはできないけれど、
誰かが一瞬でも幸せになることで、
その人の心の中の何かが動いて、プラスの動機づけになることがある。
これが、自分で自分を鼓舞するという一番の励ましかもしれませんし、
嵐だったら、そういう人をたくさん生み出せるかもしれませんね。


|

« MJダンス | Main | ドラマがぬるいと。。。(ラッキーセブン7話) »