« 一心不乱 | Main | ❤男同士❥のラブストーリー(ラッキーセブン5話) »

February 10, 2012

男同士のラブシーン(ラッキーセブン4話)

1話はあまりに素晴らしいアクショーンシーンにドキドキワクワクすればするほど、
人が描かれていなくて、見終わって空虚な感じがしたんです。

2話、3話は、アクションなしの小さな人情話という感じで、
このドラマはこんな感じでいくのかな~と思っていたら、
4話は、謎に引き込まれ、適度なアクションと暗がりを利用したサスペンス調もあって、
やっとドラマとしてのギアが絡み合って動き出したという感じで、いいですね~。

なんといっても、最後の駿太郎と新田の見つめあっているシーンですよ。
今にもキスするんじゃないかとハラハラするくらい、
お互いをいとおしく思っている感情が伝わってきて、
潤くんのドラマで久々に萌えました。

新田を先輩として慕い、尊敬もしているからこそ、
理解できない彼の行動に、哀しみと憤りが駿太郎の表情に表れていて、
これぞ、松本潤!と思いました。
やっと、今まで見たことがない彼の表情に出会えました。(嬉)

彼はよくスロースターターだと言われますが、
それは、彼が情感俳優だからだと思うのです。
ドラマが進行していって、徐々にその役の感情が溜まったきたとき、
どこかで思いがけない形で、内面を突き抜けて表情に発露する。
しかも、ものすごく考え、多種多方面から感じる人だから、
それまでに溜まってきたものが彼独自の発酵を遂げていて、
醸し出すものが、知的で深い情感にあふれている。
そんな見たことがないものが突然見せられるので、落ちてしまう人が出てくるんだと思います。

それって、プロの俳優としてどうなの?と問われれば、返す言葉がないのですが、
それが彼特有の魅力ですから、仕方ないですね。


|

« 一心不乱 | Main | ❤男同士❥のラブストーリー(ラッキーセブン5話) »