« ドラマが立体的に(ラッキーセブン6話) | Main | 幸せを運ぶリーダー »

February 24, 2012

MJダンス

先週のしやがれの、マイケルダンス、素敵でしたね~。

私、嵐がトップアイドルになって本当に良かったなあと思うのは、
いろんな分野の超一流の人たちから教えてもらったり、共演できたりすることなんです。

どんなに実力があっても、人気がないと、なかなかそういうチャンスを与えてもらえないし、
人気があることで、テレビなどで大勢の人に観てもらえますものね。

一流だから、分野が違っても嵐5人の素晴らしさを理解するし、
そういう嵐と仕事をすることに刺激を感じてくれるのでしょう。

SAMさんが、この話をもらったとき、めんどくさいと思ったと言っていましたが、
コンサートチケットが日本で一番とれないと言われている嵐の実力を知っているし、
その人たちをテレビというどんな人が見ているかわからない媒体で、
見栄えがよくて、プロもうならせて、さすがSAMと思ってもらえるものを作るしんどさから来た言葉ではないかと思うのです。
でも結局、コンサートも作っているし、一番めんどくさそうな潤くんを指名するところに、
彼のプロとしての自負を感じます。

HIDEBOUさんのブログを拝見すると、大ちゃんの京都時代に一緒に仕事をしているんですね。
大ちゃんにしろ、HIDEBOUさんにしろ、
それぞれが自分の持ち場で努力を重ねて、
長い時を経て、テレビという晴れ舞台で共演できるのは、
本当にうれしいことではないかと思います。

潤くんのMJダンス、華麗でしたね。
男の人のダンスは、どんなに鍛練して美しくても、
男性の体の線の硬さがあるのですが、
潤くんは、柔らかくしなやかで独特の華があります。

振付をしてくれたのはSAMさんでも、
カメラの前では松本潤スイッチが入って、
観る者を惹き込む色気がありますね。
教えられたことをそのままではなく、自分独自の世界で翻訳して表現する。
厳しい基本の鍛練があってこそ可能なことだと思います。


|

« ドラマが立体的に(ラッキーセブン6話) | Main | 幸せを運ぶリーダー »