« 98歳で運気が一番いい。 | Main | キャラが際立った活躍を! »

January 24, 2012

ラッキーセブン2話

今回は依頼者の日常とか描いていて、
話としてまとまっていたので、
初回よりは落ち着いて見れました。

新田と駿太郎が犬猿のライバルというよりも、
先輩・後輩のコンビという感じで、
今回は新田主役の回ということで、
そのうち駿太郎主役の回もあるんだろうなあと思います。

ただね、奥さんから情報を聞き出すために話す駿太郎の演技が、
あまりに下手に見えたんです。
人妻不倫担当ということで与えられた任務に、
新婚の妻も一緒に行くって、頭おかしいとしか思えない。
愛する妻の前で、人妻をコロッと落とすなんて、
できるわけないでしょ。

長時間の撮影で、何度も繰り返し演技をさせたりしているみたいですが、
そんなことより、「ここに飛鳥がいるのはおかしい」と言う人はいないんですか。
つまらない脚本とか薄い脚本というのはよくあるんでしょうが、
自分で作った設定を自分で破壊している脚本って、前代未聞。

それから、駿太郎のメイクが濃くて感情移入できないんです。
役者は開き直ってナンボ!
自らをさらけ出した末に透けてみえる何かに、
観る者の感情が動かされるのに、
綺麗に見せる濃いメイクと映し方が、
役者と視聴者の心の通い合いを遮断している。

俳優・松本潤の資質はこんなものではないはず。
今後に期待しています。


|

« 98歳で運気が一番いい。 | Main | キャラが際立った活躍を! »