« 本当は甘くない『きみはペット』 | Main | 赤ちゃんのような笑顔 »

August 22, 2011

【La Familia】に想う

久々に”いざNOW”(2004年)のコンサートDVDを見て、
潤くん作詞の【La Familia】に心がとどまってしまいました。

私がファンになって、まだ1年半くらいしか経っていなかった頃で、
キャーキャー・イケイケドンドンだったので、
潤くんの繊細で不安な心に共感するという感じではありませんでした。

あれから7年の月日が流れ、
♪5年後はどうなってる?
♪そのとき誰が傍にいるだろう?
♪きっと5人でいるだろう
♪周りを見ればあなたがいる、 その願い想いをここに綴る
と歌う彼に、声をかけたくなりました。

5年後だけでなく、7年経っても、
私はそばにいるよ。
あなたへの思いは何も変わらず、ここにいるよ・・・と。

横浜アリーナから、東京ドーム、国立競技場と、
コンサート会場のスケールは遥かに大きくなったけれど、
松本潤を信じる気持は揺るぐことがなく、
ファンになったばかりのころも、今も同じ。
私にとっての松本潤像は、何も変わることがない。

震災や原発その他、自分の努力とは関係ないところで、世の中が大きく動いていて、
その影響を受けざるを得ない昨今。
誰でも、不安な心でグラグラしてしまうことがあると思うのです。

そんなとき、私にとっては潤くんがかがり火のごとく、
暗闇の中でも、行く道を照らしてくれるんですね。
私たちには、氷山の先端の輝いているところしか見えないけれど、
【La Familia】の歌詞から、
潤くんも人を信じられないときもあり、苦しむときもあり、
不安を抱えながらも、♪俺の足は地についている・・・と踏ん張って生きていると思えるから、
私にとってのかがり火たりえるんですね。


|

« 本当は甘くない『きみはペット』 | Main | 赤ちゃんのような笑顔 »