« June 2011 | Main | August 2011 »

July 26, 2011

原田芳雄さんの死に思うこと

原田芳雄さんのお通夜に潤くんが参列していた映像がWSで流れていましたね。
原田居酒屋によく行っていたのでしょうか。

原田さんはいろんなドラマや映画でおなじみでしたが、
私にとっては、なんといっても『火の魚』です。
テレビをたまたまつけていたら、広島のNHK地方局が作ったこのドラマが始まって、
グイグイ引き込まれて、のめりこんで見ました。
数々の賞を得たドラマだそうですが、
偏屈で傲慢な老作家の孤独がひしひしと伝わってきて、
え~?! これがあの原田芳雄???と、驚愕でした。
俳優って、結局、どんな空気を醸し出すかに尽きるような気がしました。

2009年制作のこのドラマを撮影時には、
原田さんの家族は余命宣告を受けていたようで、(WSより)
命をテーマにしたこのドラマ、
その事実が、彼の役作りにリアリティを持たせたのでしょうか。

でも、余命宣告を受けた末期ガン患者でも、
元気に生き続けている人たちを何人も知っている私からすると、
WSなどの報道で知る原田さんは、
たった一つしかない自分の命を赤の他人である医師に任せて、
役者としての欲に殉死したような印象を持つのです。

末期ガンを克服した人は皆、
全身全霊で自分の生に向き合い、
深遠なる命の真実にたどりつき、
そこから不死鳥のように甦っているんですね。

松田優作さんはじめ、ガンで亡くなった素晴らしい俳優たちは、
ガンと壮絶に闘いながら、役者魂を貫いたような報道がされ、
また、それを褒めたたえるような風潮があるけれど、
死んでしまったら、お終いです。
一旦役者の欲を捨て、生きる欲を優先したら、
役者としても新たに生まれ変わり、さらに刺激的な別の世界も待っているのに、
もったいないことだなあと、いつも思います。


|

July 24, 2011

近況報告&大野くんの存在の大きさ

チャリティイベントの手伝いで、
津波の被災地の大船渡と陸前高田に行ってきました。
がれきの山に、時間が止まってしまっているようで、
私も思考が止まってしまって、言葉も出てきませんでした。

東京に戻ってくると、以前と変わらず賑やかな街中。
でもリーダー不在の日本はこれからどこに向かうのだろうか・・・。

そんな中、今年も国立の嵐のコンサートに行くことができる有難さをかみしめ、
舞台が観れるかどうかは、人事を尽くして天命を待つの心境。

先の見えないこの不確実な時代に、
人気とか、視聴率とか、数字に振り回されない、
ハードルが高く、着実に自分の財産として蓄積のできる舞台に挑むという選択は、
地道で賢いなあと思ってしまいます。

JALの機内誌の同年代の副操縦士と一緒の写真、
一般の社会人の中に入った居心地の悪さからなのか、
アイドルやスターの顔ではなく、シャイな普通の男の子の顔。
はにかんだ表情が私の長男に似て見えて、我ながらビックリ。

知り合いの若者が、潤くんがベッキーの家に行ったテレビをたまたま見たそうで、
「松本潤って、いい人そうですね」と言うので、
いかに彼の中身が素晴らしいか熱弁をふるって、引かれてしまいました。

うどんぶりちゃんに久々に大笑いしてしまいました。
嵐って、うどんぶりちゃんとか、ミッキーとか、芸達者なゆるキャラとすごく相性がいいですよね。
auのCMや餃子にフライパンがいらないCMなんか見て、
大野くんという芸達者なゆるキャラがいることが、嵐の大きな魅力になっているんだなあと改めて思いました。

先日、嵐のアルバム売り上げの推移を載せてくださった方がいらっしゃいましたが、
嵐のバラエティ番組がゴールデンタイムで一気にたくさん観ることができるようになったのと、
アルバムの売り上げの急増と一致しているような気がしました。
以前私は、8時だよ全員集合のようなコント番組を嵐がやったらいいのに・・・と書いたことがありますが、
ドリフのコントは練りに練られ、リハーサルを重ねて作ったものだったそうだけど、
嵐にしやがれの鹿賀丈志さんの時の即興ミュージカルや、
GACKTさんの模擬デートは、
出たとこ勝負の、自由でゆるい感じのコント風味の面白さを生んでいますね。
特に大野君の存在がいいアクセントになっていると思いました。

|

July 13, 2011

Message from Japan

Message from Japanをフルバージョンで見ました。
素晴らしい出来で、福島原発の事故がなければ、
手放しで大喜びしたと思います。

すべてに原因と結果があって、
嵐がどんなに呼びかけたって、
原発事故の放射能漏れという原因が解決しないことには、
海外からの観光客は簡単に戻ってこないでしょう。

それだけでなく、問題が解決されていないにもかかわらず、
それに蓋をして、「来てください、日本を救ってください」というのは、
いかにも不誠実だと思います。

今、日本は世界中から注目を集めています。
原発の今後と放射能漏れから食べ物が汚染されているからですね。
命の生存にかかわることは、観光よりも遥かに重大事ですから、
わざわざ日本に観光に来る人は少ないでしょう。

嵐のMessage from Japanは、
「ご支援ありがとうございます。復興に向けてがんばっています。」というメッセージだけの方が、
世界から共感を得られたと思うのです。
「日本に来てください」というのは、原発の今後の見通しがついて、
日本は安全であるという信頼を本当に得られてからだと思うのです。
長期的展望に立って、その時その時でできることを誠実にやっていくしかないと思うのです。

窮地に立っている日本の観光地を救うためなら、
日本国内向けCMの方がよかったのではないでしょうか。
もはや、日本国内で放射能汚染の影響を避けることはできないでしょうから。


|

July 12, 2011

ギラギラ・ランランしたまなざし

嵐のワクワク学校のアンケート集計、
ファミさん、茶々丸さん、ゆきだるまさん、
本当にありがとうございます。
やはり集計していただいて、全体を俯瞰することができて、
イメージがクリアになってよかったです。
潤くんの電気の授業、ふるさとの大合唱、メンバーへの感謝の言葉、相葉ちゃんの養豚場の授業、
この4つが多くの人の心を打ったベスト4だったんですね。
そして、ゆきだるまさんが、なんと集計結果を円グラフにしてくれました。
その素晴らしい能力にビックリです。
星フリにはいろんな才能や経験をお持ちの方がいらっしゃって、
それを活用してくださること、本当にうれしく思います。
いつもありがとうございます。

おととい、昨日と、新幹線で出かけることがあって、
車両の一番前には、潤くんのゼルダの伝説のCMポスターが貼られていて、
行きは、そのポスターのまん前の席に座って、じーっと彼を見続け、
帰りは、座席の向きが逆になっているので、すぐ後ろに彼がいるように座りました。
後ろからじっと私を見守ってくれていると思えて、ドキドキ気分でした。

それにしても、最近の彼のCMの目はイキイキランランしていますね。
モリ・慎・モモ・道明寺と、憂いを含んだ、ときには虚無的なまなざしがものすごく魅力的でしたが、
ゼルダの伝説、JAL、日立の餃子と、ヤンチャな少年であり、獲物を狙うギラギラ感もあり、
これまた、他の誰にも真似のできない魅力的なまなざしです。
こういう目を見ていると、彼は、60歳、70歳になっても、
何かに狙いを定めて、命を燃やして熱中している、いい男になっているだろうなあと思えます。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html


|

July 10, 2011

人に恵まれること。

嵐のワクワク学校の記者会見の後で、
制作発表の時は、「歌は歌わない」と言ったのに、
実際は歌ったことをわざわざ記者たちに謝ったということに、
感激した記者達が記事にしてくれているんですね。

七之助くんの四世帯住宅の新居に行って、
「下に父親と母親がいてたいへんだね」と言う潤くん。

新聞記者たちや友達の未来の奥さんの立場になって考えたり、感じることができる人なんだなあと、
改めて思います。

嵐ファンたちが何か言いたいことがあると、
潤くんのラジオにメールするというのも、
潤くんなら、自分たちの気持ちをわかってくれるだろうと思ってのことですよね。

私がアンケートを続けているのも、
彼は、ファンの声(いいことも悪いことも)を必要とし、真摯に受け止めてくれる人だと思うからなんですよね。
それがわかっているから、アンケートに回答してくださる方も、
たいへんな集計をしてくださる方もいらっしゃると思うのです。

だって、事前にコンサート会場の客席からステージを見、
終わってからビデオで研究し、
他の人たちのコンサートや舞台や映画をあんなに観に行くのは、
もちろん好きだからもあるけれど、
ファンや観客の視点を持ち続けるためでもあると思うのです。

常にいろんな人の立場や視点に身を置いているから、
気づかいができるし、
その気づかいに感激する人もたくさんいる。
その一方、どんなに気づかいをしても感じない人は感じない。

出会いって、結局、そういうことなんじゃないかと思うんですよ。
気持ちと気持ちが触れ合ったとき、
言葉や態度に表わさなくても、気と気が合うときがある。
その場では、何の進展がなくても、
気と気が合った人間同士は、いつか何かに発展することがある。

潤くんの態度に感激して記事にしてくれた記者たちは、
彼ら自身がきっと仕事に真面目に取り組んでいて、
だから潤君の態度が琴線に触れたんだと思うんです。
そういう記者たちとの信頼関係が、
思わぬところで、潤くんを救ってくれることがあるかもしれません。

人に恵まれるっていうけれど、
結局は、自分がどういう人間であるかで、似た感性や意欲を持つ人たちが集まってくる。
どんなに才能があっても、人気があっても、
人に恵まれなかったら、長続きしない。
芸能界も一般社会も同じなんでしょうね。


|

July 02, 2011

【嵐のわくわく学校】アンケート私の回答

(1)総合的満足度 5

(2)いつ参加されましたか? 6月24日(金)

(3)性別&年代  女性・50代

(4)心に残ったシーンBEST10
1.ふるさとの大合唱
2.潤くんに他の4人が感謝の言葉を言うところ。特にニノの言葉が印象的でした。
  初回だったので、準備なく突然言わなくてはいけない感じがよかった。
3.相葉ちゃんの養豚場
4.潤くんのエネルギーの単位を1アラシとした実験
5.最後、グラウンドをゆっくり歩いてファンに手を振っていったところ。潤くんが近くに来てくれたので。
6.トイレそうじの映像

(5)良かった点を箇条書きでお願いします。
・四方に向いた大きなオーロラビジョン。どこにいてもメンバーの表情がとてもよく見えた。
・リレーをしたり、自転車をこいだり、一生懸命体を使っていた。
・初回だったので、嵐も手探り状態だった感じが新鮮でよかった。
 
(6)良くなかった点を箇条書きでお願いします。
・グッズ販売方法

(7)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
・ふるさと1曲しか歌わなかったが、そこに至るまでの授業があったので、
その1曲に命を与えて感動のラストになったと思います。
歌の持つ大きな力を再認識し、数多く歌えばいいというものではないと気がついた。

*****************

【嵐のワクワク学校】アンケート、明日7月3日(日)が締め切りですので、回答をお願いいたします。

今回は、満足度が全員といっていいくらい5ばかりですし、
心に残るシーンBEST10ということで、
集計の難しい質問がメインですので、
集計はお願いしないことにしました。

集計しなくても、潤くんは一人一人の回答を読んでくれると信じていますし、
他メンのラジオにも知らせますから、
入院中の相葉ちゃんも読んでくれるかもしれません。

それでは、なにとぞよろしくお願いいたします。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html

|

July 01, 2011

私が気付かされたこと。

携帯電話や家電のCMをやって、
CDやグッズをたくさん売って、
大量消費の申し子のような嵐が、
エネルギー問題の授業なんて、
まさに自己矛盾だと思っていたけれど、
今回のイベントに参加して、
もしかして彼らは、その矛盾を十二分に自覚しているのではないかと思いました。

本当は声を大にして言いたいことがたくさんある。
特に潤くんや翔ちゃんは勉強家だから、
興味を持てば持つほど、人類が、そして地球が向かっていく先の恐ろしさを本気で憂いているのではないか。
だけど、嵐が原発反対なんて堂々と言ったら、たくさんの仕事を失うでしょうね。
原発のおかげで生活している人たちがたくさんいるように、
嵐のおかげで生活している人たちもたくさんいる。
でも、今の嵐は多くの人たちに影響を与えることができるほど大きくなったのだから、
何かができるのではないか・・・と、
考えに考えたことが、今回の嵐のワクワク学校だったように思います。

大企業をスポンサーとする番組やCMをやっている彼らの立場からすれば、
四方八方制限だらけだったと思います。
でも、あれもダメ、これもダメと、やれることの枠がどんどん狭められるほど、
知恵を絞り出して、深く本質に迫らざるをえなくなり、
結果として、多くの人の心を打つ素晴らしいイベントになったと思うのです。

相葉ちゃんが養豚場で赤マルをつける仕事は、本当に辛かったと思います。
子供をとられたと思って怒る母豚や、連れていかれる前にすり寄ってくる豚たちを見ることで、
知識としてではなく、感情が揺り動かされて、
嵐もファンも、自分たちは他の命を犠牲にして自分たちの命を生かしていることに、
深く納得させられました。

分厚いお肉料理などの値段当てゲームとか、バラエティで盛んに行われているけれど、
これからそういう番組を見るファンの目もシビアになってくるでしょう。
つまり、綺麗事ですますという安全策を放棄したんですね。
これから嵐に対して何らかのマイナスが働くかもしれませんし、
いろんな意味で覚悟の必要なことだったと思います。

でも、嵐くんたちも私たちも、矛盾を抱えて生きざるをえないという痛みを共有することができたんですね。

エネルギーをエンターティメントに置き換えて、電力を目に見える形にし、
最後、Happiness=ドライヤー○秒と表現した、
嵐でなければできないセンスに脱帽しました。

テクノロジーが進歩して、生活が便利になればなるほど、
地球を破壊している。
地球から見れば、人間は害でしかない存在。

でも、人間には心がある。
感謝する心、感動する心、
何かを生み出す心、
そして、人をハッピーにするエンターテイメントがある。

嵐ができることは、一人一人の心に何かを深く刻み続けることだと、
このイベントを通して私は気付かされた気がします。

最後『ふるさと』の大合唱は、地球をふるさととした人間の善なる心の讃歌のような気がしました。
私たちの心で、ふるさと地球を救うことができればという願いのようにも思います。


|

« June 2011 | Main | August 2011 »