« 続:東京ドームのチャリティイベント | Main | 五木ロボット »

June 04, 2011

『パラキス』のジョージ

今日から、映画『パラダイスキス』が公開ですね。
私が潤くんのファンになって間もない頃、
この原作マンガを読んで、ジョージこそ、松潤にピッタリの役だと思っていました。

そのジョージを向井理くんがやっていますね。

彼を初めて観たのは、ドラマ『バンビーノ』で、
潤くんが向井くんのアパートに転がりこんで、
二人で生活するあたりから、急に注目し始めました。
わあ、この子、うまいわ~! 魅力あるわ~って。
それまでのイケメン俳優にない、とぼけた面白さがありましたね。
ですから、今の彼の大活躍は、ものすごく納得。

一見アクがないから、向井理くんをキライという人も少ないと思うし、
どんなドラマでも、役でも、それなりにハマってしまう感じですね。
でも、パラキスのジョージは、映画を観ていないので何とも言えないのですが、
写真や予告映像を見る限り、
あの派手ないでたちは、向井くんにはちょっと気の毒のような感じがします。

かといって、潤くんがあの格好をしたら、
あまりにキマリすぎて、
そのケバケバしさに、これって、どんな映画なんだ?!と、めまいがしそうな。。。

潤君の場合、スィッチオンしたときのモデルウォークは、メチャメチャかっこいいし、
コンサート登場時などのキメキメポーズは、
あの顔をあいまって、思わず、カッコイイ~となっちゃいますから、
脚本、共演者、スタッフ、あらゆるものがうまくハマったら、
最高のパラキスになり、最高のジョージになるでしょうが、
あまりにド派手なだけに、
から回ったら、失笑ものになってしまうという、
リスキィな役ではありますね。

まあ、パラキスはできませんでしたが、
これから先、潤くんの毒のある華やかさを活かした役を見てみたいなあと思います。


|

« 続:東京ドームのチャリティイベント | Main | 五木ロボット »