« 東京ドームのチャリティイベント | Main | 『パラキス』のジョージ »

May 31, 2011

続:東京ドームのチャリティイベント

東京ドームのチャリティイベントの申込案内、
確かに、↓のように書いていますね。

<5/25(水)14:00~5/30(月)17:00申込み(登録)完了分まで。
*アクセス集中が予想されるため、会員様ごとに異なる受付期間を設定しております。本メール記載の受付期間内にお申込みください。>

でも、指定されたURLをクリックして申込をしようとしたら、
<締め切りが5月31日(火)17:00>と表示されていて、
申込期間が延長されたのではないかと思われても仕方ないと思います。

そして、何よりも、「このチャリティイベントの申込と、コンサートの抽選結果は、まったく関係ありません」
ということを、一言書いてほしかったです。
ただでさえ、たいへんな高倍率になるであろう嵐のコンサートなのですから、
チャリティイベントに当選してもいいのだろうかと、疑心暗鬼になるのは当然です。

バラエティ番組が3つもあって、歌も踊りもなく、面白いかどうかわからないチャリティイベントで、
東京ドーム5回公演、1回45000人ということですから、22万人で、
一人がダブって参加できず、ファンクラブ員以外はゼロですね。

私、2003年から嵐ファンをしていて、
いつもアリーナクラスのコンサートで、
ドームのような大きいところでやってほしくない・・・というファンの声がいつもあるような状態でした。

それが、2006年の台湾・韓国の海外初公演が大成功して、
それを2007年正月に、凱旋コンサートとして横浜アリーナや大阪城ホールでやって、
それが、2007年の京セラドーム2回、東京ドーム2回公演に発展していったんです。
一つ一つ丁寧に、最高と思えるものを作り上げていって、
それがファンの心をつかんで、もっと観たいもっと観たいとなって、評判を呼んで、
嵐も、嵐のコンサートも大きくなっていった過程を知っているので、
何をやるのかよくわからないチャリティイベントで、東京ドーム5回って、大丈夫?
と思ってしまうんです。

本気で成功させたいなら、告知の方法も、もっと徹底させる必要があるでしょうに、
今の嵐なら、だまっていてもこれくらい集まるだろうという安易さを感じるのです。
バブルはいつかははじけます。
残るのは、いい仕事をして積み上げてきたことのみ。

私の心配が杞憂で、チャリティイベントが嵐ならではの素晴らしいものになることを願っています。
https://www.fc-member.johnnys-net.jp/online/A/event2011


|

« 東京ドームのチャリティイベント | Main | 『パラキス』のジョージ »