« マンネリは偉い! | Main | 両立は可能。 »

April 26, 2011

強い男待望論

私が潤くんを好きなのは、彼の強さ。

嵐にしやがれの笑点で、円楽さんの腹黒キャラを割り振られていたけど、
客観的にも、彼には悪キャラが似合い、
清濁併せ持つ強さがあると思われているんだなあと納得。

花男の進くんが泣けるまで2日間待って、
やっと泣けたとき、「よく頑張ったなあ」と焼き肉をおごってくれる優しさは、
彼の強さの証明でもあると思うのです。
そして、F3も一緒だったのに、支払いは潤くんだったのも、
主役でありリーダーでもあるという自覚からでしょうね。

マネキンファイブSPの丸パクリや、
VS嵐での勝負に異常にこだわった潤くんは、
そういうダメな自分を笑い飛ばせる強さがある。

これから長い復興の道を生きる日本には、
賛否のあること、立場が違えば利害が対立することが山積みで、
そんな中を強く、全責任を負って率いていくリーダーが待望されていると思うのです。
草食系男子には日本を託せない。

被災地への支援で印象的だったのは、
長渕剛さんの自衛隊訪問。
平和な時代には、その存在自体が否定的にとらえられ、
被災地では、遺体の捜索や放射線の恐怖など、
心身ともにきつく地味な仕事を黙々とやっているのに、
日が当たることのない人たちに、
♪乾杯~、今、人生の大きな舞台に立ち~♪と歌い、
自衛隊員たちは肩を組み、合唱し、心を震わせていた。

隠れた心境を思いやる想像力があれば、
ギター一本と歌の力で、
彼らの心をわしづかみにし、
感動の渦を作りだすことができる。
どれほどの励ましになったことでしょう。
彼らの誇らしく輝く笑顔を見て、
心底感謝の念が湧いてきました。

これからは強く真に賢い男たちが必要とされるでしょう。
まさに潤くんの時代ですね。


|

« マンネリは偉い! | Main | 両立は可能。 »