« December 2010 | Main | February 2011 »

January 31, 2011

アンケート集計、もうひと頑張りお願いします。

アンケート集計ありがとうございます。
今回は、お一人の集計量が多かっただけでなく、
長い期間にわたって、少しずつ変化していった、
国立とドームの両方のアンケートでしたから、
非常に難しかったと思います。
本当に本当にご苦労様でした。
ありがとうございます。

ただ、ひとつだけ、集計をお願いするとき、
メインBBSに↓のように書いたのですが、

>集計してくださる方は、(ア)~(エ)のそれぞれの集計と、(ア)~(エ)の合計の集計をお願いいたします。

(ア)~(エ)のそれぞれの集計だけで、
さらにそれをまとめた、(ア)~(エ)の合計の集計が行われていないようです。

私の書き方がよくなかったのと、確認不足で、
たいへん申し訳ないのですが、
(ア)~(エ)の集計の合計を出していただけないでしょうか。

アンケートBBSに、新たにログを立てて、(ア)~(エ)の集計の合計を書いていただけたらと思います。

終わった~と、ほっとされているところにたいへん申し訳ありませんが、
今回のコンサートツアーのまとめをシンプルに・・・ということでよろしくお願いいたします。

|

January 29, 2011

愛の人、愛のグループ

アンドロイドの腕組み潤くん、カッコイイですね~。
クールな頭脳をシンボライズしたような立ち姿ですね。

またしても新たな松本潤の出現と驚かされます。

こういう彼をフィーチャーしたドラマや映画を作って欲しいものです。(もちろん素晴らしい脚本で)

それにしても、クールな頭脳に、熱い心、これだけでモテナイわけがないのに、
加えて愛の人ですもの、
男も女もやられちゃう人が多いだろうなあと思う。

愛って、他の人が入ってこれる余地を残していることだと思うんです。

紅白が始まる前の円陣に入れてくれたと松下奈緒さんが感激していましたし、
石川遼くんも、潤くんに「緊張してませんか」と言われたのを喜んでいましたね。

嵐の愛の輪に入れたことで幸せになれる。

嵐というグループは、ファンや周りの人が入っていける余白がある。
つまり、自己完結していなくて、穴だらけ。
例えばバラエティ番組なら、ゲストが参加することで、嵐と一緒になって一つの世界が完結するって感じ。

競争社会で必死に生きているからこそ、人の心の機微がわかって、
ちょっとした気遣いができるんだろうなあと想像します。

アンケート集計、全項目を引き受けてくださってありがとうございます。
たいへんでしょうが、究極のところ、私たちの愛が伝わればいいんだと思うんです。
そこから何を感じるかは、潤くんや嵐のメンバー次第ですからね。
ということで、集計される方ができるだけ楽な方法でお願いいたします。


|

January 23, 2011

アンケート集計してくださる方、募集いたします。

本日は、【10-11Tour~君と僕が見ている風景~】ツアーアンケートの締切日ですので、
回答をよろしくお願いいたします。

今回は、国立とドームの内容がどのように違うようになるか、
前もってわからずに、国立とドームを一緒のアンケートにしたのですが、
実際はだいぶ変わったようですね。
私は国立に1日参加しただけですので、
ドームの内容がよくわからず、アンケート制作者として、
どうしたらよいかわからず、いろいろご迷惑をおかけしてしまいました。

結局、(1)(4)~(7)の項目は、↓のようにお願いすることにしましたが、
その後回答してくださった方々は、私の意図をよく酌んでくださって、
たいへんありがたく思います。
(ア)国立だけ参加の方の集計
(イ)ドームだけ参加の方の集計
(ウ)両方参加された方の総合的な回答の集計
(エ)両方参加された方の、国立とドームの別々な回答の集計

集計してくださる方は、(ア)~(エ)のそれぞれの集計と、(ア)~(エ)の合計の集計をお願いいたします。
1週間後の1月30日(日)を締め切りといたします。

ということで、集計してくださる方を募集いたします。
(1)(2)(3)は、一人の人にお願いいたします。
(14)は、私がまとめます。
たいへん数が多いので、お一人で、複数の項目の集計をしていただけたらありがたいです。
だいたいの傾向を嵐メンバーに伝えるためのものですので、適当で結構です。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。
==========================
(1)総合的満足度・(2)どの会場にいつ参加・(3)性別&年代・男性・女性

(4)感激した瞬間BEST3

(5)歌・踊り・演出を総合したパフォーマンスBEST15

(6)衣裳BEST5
    
(7)装置・特殊効果などBEST5
 
(8)良かった点(コンサート内容)
 
(9)良くなかった点(コンサート内容)

(10)良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、グッズ、チケット、パンフレットなど)

(11)良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、グッズ、チケット、パンフレットなど)

(12)DVD発売についての意見や要望

(13)今後の嵐のコンサートについての意見や要望

(14)上記の項目に含まれない感想や意見&全体的な感想・・・ミツコがやります。
===============================

メインBBS上で、上の各項目に、”○○がやります”と書いていただけるとありがたいです。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

|

January 22, 2011

甘酸っぱい感傷

8年前、『ごくせん』第1回の再放送を偶然観てしまって、
ヤンクミに惚れて、ドラマにはまって、毎回録画して観ていました。

生徒達にはまったく興味がなく、
そういえば、沢田という生徒の名前がよく出てくるな・・・くらいの意識しかなく、
それが、7話の取り調べ室に入ってくる生徒の暗い目に、エ~!!! 誰これ???
が、松本潤との衝撃的な出会いでした。

7話の放映時は留守しなければいけなかったので、録画しておいたもので観ました。

もしヤンクミに惚れなければ、松本潤に出会うこともなく、
私の人生も違ったものになっていたかもしれません。

卒業スペシャルから8年ぶりの、バラエティ番組での共演を見て、
甘酸っぱい感傷で胸がいっぱいになります。

堂々とした仲間さんに、純な潤くんという感じで、
女性に強気でエロい松本潤とは正反対な印象です。

かと思えば、スタッフに、「持ってんだろ!」とえらそうな態度で迫ったり、
とんでもない格好の翔くんを見て、顔色ひとつ変えずに、「どうしたの?」と平然と言い放ったり。

いくつもの違った顔に見せてもらった、今回のひみつの嵐ちゃんでした。


|

January 19, 2011

キモビューティ&紅白

コーセーのまつげやさんの今回のCMも、くるんとカール、
可愛くてトボケた感じも出ていて、いいですね~。
第1回の、まつげがどんどん伸びていく映像をはじめ、
キモイんだけどビューティという、新たな分野が開拓されたようで、
CM制作者の才能と、このCMにGOを出したコーセーさんの勇気に脱帽です。

ファンにとっては念願の、女性向け化粧品CMに潤くんを使ってくれただけでなく、
彼の浮世離れした美しさを活かす、キモビューティな世界観を作ってくれて、
感謝感謝です。
CMって、たかが1本のマスカラから、ここまで斬新な世界を広げることができるんですね。

その正反対とも言えるのが、紅白のときの、僕たちのふるさとニッポン。
なんですか、あれ?!
5人が日本各地に取材に行ったのに、
それを、数枚の写真にして、
その前に5人を棒立ちにさせて、セリフを棒読みさせて、みんなで歌を歌って終わり。
何のアイディアも、サービス精神も、ときめきもない。
おそらく、『ニッポンの嵐』の本が好評だったことからきた、安易な企画なんだろうけど、
渾身の歌やエンターティメントを期待している視聴者は、
小学校の卒業式みたいな、セリフの割り振りに、ポッカーンとして引いちゃうよね。
せっかく素敵な歌なのに、心に響いてこなくてもったいない。

どんなものでも、どんな素材でも、それを活かそうとする情熱と才能次第なんだなあと思う昨今であります。


|

愛のフィードバック

福岡のオーラス、素晴らしく感動的だったようで、良かったですね。

その感動が冷めないうちに、ぜひ、アンケート回答をお願いいたします。

今回は、国立とドームツアーで、かなり内容が変わったようで、
回答が難しいかもしれませんが、
(4)~(7)は、↓のように集計をお願いしようと思います。

(ア)国立だけ参加の方の集計
(イ)ドームだけ参加の方の集計
(ウ)両方参加された方の総合的な回答の集計
(エ)両方参加された方の、国立とドームの別々な回答の集計

ですから、これから回答される方は、(ア)~(エ)のいずれかに当てはまるように回答してくださいませ。

集計してくださる方は、(4)~(7)の(ア)~(エ)ごとの集計と、
(ア)~(エ)を全部合計した集計をお願いいたします。

コンサートに参加すると、嵐メンたちの愛に包まれていると感じます。(私の場合は潤くんの愛ですが)
愛と口で言うのは簡単ですが、その愛を表現するために彼らが行ってきたガンバリを思うと、
恩返しをしたいと思わずにはいられません。

感想やアンケート回答などでフィードバックすることが私たちファンができる愛の表現だと思うのです。
誰か一人が何気なく書いた言葉が、大きなヒントになることもあると思いますし、
予期しないことが、とても好評だったり、
フィードバックがあって初めてわかることだってあると思うのです。

ということで、相思相愛を実現するための一つの手段である、
【10-11Tour~君と僕が見ている風景~】ツアーのアンケート回答をお願いいたします。

1月23日(日)が締め切りですので、どうぞよろしくお願いいたします。


|

January 15, 2011

女性に対しての上から目線

宮里藍ちゃんが、結婚したら仕事をやめるかもしれない・・・と言ったのに対して、
やりきった感があればやめてもいいってことかな・・・というようなことを言った時の潤くん。

女性に対しての上から目線。
態度だけでなく、視線を斜め下に移すような目の動き、表情が、
彼独特で、すごくセクシィなんですよね。

すごく魅力的なんだけど、ドラマでこの表情を見たことがないのね。
彼自身、この表情の魅力を知っているんだろうか?

松本潤は年上に人気があるとか、
年上女性との恋愛ドラマが合うようなことを言われているけど、
表面的なとらえ方しかしていないから、
『夏虹』みたいな勘違いドラマが作られるんだと思うんです。

年上に恋する若い男の子の恋愛ドラマならいくらでもあるし、
それができる若い俳優も、いくらでもいる。

でも、松本潤の松本潤たる魅力は、女性に対する上から目線なんですよ。
マツコさんが、もっと悪かったり嫌な感じになったら、土下座してもお願いしたい・・・というなこと言っていたけど、
つまり、年上女性より上に立って、翻弄したり、手のひらで転がしたり、おまえのことなんかわかってるぜってな態度に、
きゅえ~と来るんですよ。
だって、そんな男いませんもの。
ただ可愛い、ハンサム、優しい、できる、慕ってくれる・・・とかの年下男、若い俳優はいるけど、
松本潤みたいにエロくて、年上女性に対して強気に上から見下ろすことができる俳優、います?
日本だけでなく、世界中を探してもいます?

広くいろんな役に挑戦するのも大事なことだけど、
たくさんいる若い俳優たちの中で、自分だけが持っている特別な資質、魅力って何なのか、
他の俳優たちが、どんなに頑張っても足元にも及ばない、松本潤だけの強み。
それを掘り起こして、深く追求していくことで、俳優松本潤の強い芯ができて、
結果としてバリエーションも広がって、
大きなチャンスを得たり、たくさんの役柄を演じられるようになるのではないかなんて思ったりします。


|

January 07, 2011

自分らしさへの模索?

真夜中の嵐の頃、潤くんは、
他のメンバーたちに抑え込まれて、口の中にいなごを無理やり突っ込まれたり、
熱湯のたらいに足を入れさせられたり、
嵐一番のヘタレとされていたようですね。

それが、ごくせんの頃からトンガリ始めて、(反抗期とも言われていたようですが)
スマイルのときには、中井貴一さんが、
番宣番組だったか、メイキングDVDだっかた忘れましたが、
「嵐のバラエティを見ていると、他のメンバーが松本くんに気を使っているように見える」
というようなことをおっしゃっていましたね。

翔くんのヘタレが定着したのも、わりと最近ですね。

つまり、嵐5人の関係性というのは、長い目で見ると流動的なんですよね。
今後、翔くんがヘタレを返上する日がくるかもしれませんし、
嵐のグループダイナミックスは、個人仕事の成果とも関連して、
どう変わっていくかわかりません。

私、今回の一連の大ちゃんの潤くんへの言動は、
かつての潤くんのような、一種の反抗期かもと受け取っています。
つまり、自立した個を確立する上で必要なアピール?
大ちゃんの魅力って、何を言ってもおっとりしている癒し系でもありますが、
うたばんの時の下剋上や、怪物くんのわがままいたずらっ子も、
大ちゃんならではの魅力だと思うんです。
うたばんも怪物くんも終わってしまったので、
もう一つの特質を使って、これからの嵐に貢献しようという意欲の現れかもと思ったりします。

嵐は仲が良いと言われていますが、
それぞれの個性の確立への模索と、嵐というグループへの貢献を、
他のメンバーが見守っている結果だと思うのです。
ああしろこうしろという強力なリーダーがいるわけでもなく、
自分で考えて、自分で実行して、他のメンバーとの掛け合いの中で、学んでいく。
それは、台本のないコンサートのMCだったり、バラエティでのやりとりだったり。。。

他のメンバーの模索を見守ることができるのは、
各メンバーが、自分自身で模索し続けているからでしょうし、
自分がその痛みや苦しみを知っているからこそ、他者にも寛容になれるのではないかと思います。

これができることが、嵐というグループの強みだし、
だからこそ、毎回違うコンサートを何回も観たいというリピーターがたくさんいて、
嵐のバラエティ番組が3つも存在できているんだと思います。

嵐の各メンバーが、自分らしい個性を発揮して、楽しそうにやっているのが、嵐の魅力ですが、
自分らしさとは何なのか?
自己満足ではなく、視聴者やファンにも受け入れてもらわなくてはいけないし、
嵐内でのバランスにも活かされる自分らしさ。

そこに行きつくまでの道のりは決して平たんではなく、
時には、人を傷つけたり傷つけられたり、波紋を巻き起こしたり、生みの苦しみや成長の痛みもあるでしょう。
また他メンバーが変われば、自分も新たな自分らしさへの模索の旅に出なくてはいけない。
”5人が個性的で仲が良い”というのは、生易しいことではありませんね。


|

January 03, 2011

大ちゃんのお悩み相談

「嵐にしやがれ正月SP」の録画、やっと見ました。
大ちゃんのお悩み相談。
いろんな受け取り方があるでしょうが、
私には、ひたすら潤くんの懐の広さ、人間的スケールの大きさが印象に残りました。
大ちゃんも、それをよくよく知っているから、
そんな潤くんに甘えて、わざとああいうお悩みを作って、相談しているんだろうなあと。

紅白を見ても、大舞台に一番強いのが大ちゃんで、
他のメンバーが緊張していればいるほど、大ちゃんがのびのび実力を発揮している感じで、
一番肝がすわっているのが大ちゃんで。。。

だから、メンバーにどんなにいじられても平然としているし、
大舞台で他のメンバーがド緊張していると生き生きしていて、
他のメンバーの悩みがイマイチ盛り上がらないと見ると、悪役になって、
いつもいじられている潤くんに逆噴射。
つまり、状況次第で、どのようにも対応しますよという自在さがあるんでしょうね。

テレビを見る限り、大ちゃんと潤くんの間で、打ち合わせがあるようには見えないのですが、
信頼関係がないと、ああいうやりとりはシコリを残すと思うのです。
でも3回も続けてやっているということは、潤くんがいかに大人であるかの証明みたいなもんですね。

このところのオールバックのヘアスタイルと共に、
一段と大人のいい男の階段を登りつつあるようで、色っぽいです。


|

January 01, 2011

紅白初司会

紅白の司会、最初は、
グループでやると、いかにも台本を割り振りました・・・みたいな感じになって、
嵐の良さが生かされていないと思いましたが、
司会は、嵐の良さを知ってもらう機会ではなく、
歌手の方々の、もしかしたら一生一度の晴れ舞台になるかもしれない方を紹介するのが仕事なんだから、
これでよかったんだと思うようになりました。

それに、フリーにできることが何もない、決められた台本を読むだけだとかえって、
例えば、潤くんの凛々しさとか、崇高さとか、歌手の方々への敬意とか、
そういうものが浮き彫りになりますね。

付け焼刃でない、人生をかけて築き上げてきたものが凝縮して現れるのが紅白の舞台。
だからなのか、印象に残ったのは、
加山雄三さんや植村花奈さんや桑田佳祐さんのように、
自分の言葉で自分の生きざまを語った歌。

加山雄三さんは、歳を重ねてさらにパワーアップして楽しくやってるぜ!という感じだし、
植村花奈さんは、トイレの神様をフィーチャーして、おばあちゃんとの思い出と自分の未熟さを重ねているし、
桑田佳祐さんは、がんを得た自分を斜め上から励ましたり、怖いけどそれでもやめられない女の子との愛とロマンスを茶化したり、
そういう歌に共感したり、新鮮だったり。。。

初出場だったときの嵐は、嵐というグループを知ってもらうために、
紅白という既成概念に挑んでいるようにさえ思えるアピールの仕方だったけど、
2回目の今回は、縁の下で支えようという感じを受けました。
一見地味な司会者かもしれないけれど、
これからの可能性を大いに期待されるあり方だったのかもしれません。

それでは、皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


|

« December 2010 | Main | February 2011 »