« うさぎさん、もうひと頑張りです。 | Main | おまえは俺になれる。 »

December 28, 2010

長期的視野

いやはや、テレビも雑誌もついていけません。

ファンになってからずっと、嵐が今のような超人気になるのは当たり前で、
そうでないのは、皆が嵐の良さに気付いていないからだと思っていましたが、
いざ、嵐の良さを多くの人が気付くようになると、
あまりの露出についていけません。

というか、私自身が異常な忙しさになってしまったのとリンクしているため、
この状況を楽しめないのが残念で。。。

そんな中、思わず買ってしまった雑誌non-no。
表紙などの潤くんの美しさ・麗しさ・りりしさに、レジ直行してしまったのですが、
潤くんがセンターに立って、嵐を率いているような構図ですよね。
意外とこういう並びって少ないようで、私の中でのイメージは、
潤くんは、嵐の中で向かって右端が一番納まりがいい気がします。
そして、嵐が今のような人気になれたのも、
一番華やかで強そうな潤くんがセンターではなく、端にいるイメージ戦略も一因のような気がします。

中心にいるのが当然のような人が中心にいるのではなく、端にいることで、
5人のバランスがよくなるってことですね。

non-noの中でうれしかった潤くんの言葉は、
「この1年で手に入れたものは、長期的視野かも」ですね。
目の前のことに必死で、それがうまくいっていなければ、長期的視野なんか持てないと思うんですよ。
目の前のことをちゃんとやっているから、次から次へとオファーがきて、
たくさんのオファーがあるからこそ、その中で長期的展望につながるような魅力的なものもあるんでしょうね。
私たちは目の前の潤くんや嵐しか見えないけれど、彼らが望む未来につながる仕事が待っているんだろうなあと思います。

|

« うさぎさん、もうひと頑張りです。 | Main | おまえは俺になれる。 »