« November 2010 | Main | January 2011 »

December 28, 2010

おまえは俺になれる。

先日たまたま見て、そのまま最後まで観てしまったのが、
香川照之さんが、松田優作さんに、「おまえは俺になれる」と言われたことを検証する番組。

松田優作さんは、人間の感情の機微を表情に表すのが素晴らしくて、
あの作品の、あのシーンの、あの表情・・・という、
まさにその瞬間を表す印象的な表情をたくさん残しているんだけど、
それは、松本潤も同じだなあと思います。

ごくせん、きみぺ、花より男子1とリターンズ、スマイルなんかを見ると、
松本潤こそ松田優作になれる、いやそれ以上の俳優になれると思うんですよ。

でも、松田優作との違いは、彼は作品作りに凄まじい執念を見せ、
役作りのために奥歯を抜いたり、脚本を書き変えたり、監督と衝突してクビにしたり。。。
そういう伝説を残すほどの強烈な個性が、松田優作の松田優作たるゆえんで。

それって、俳優として素晴らしいことなのかもしれないけれど、
のめり込めばこむほど、一人の人間の考えることの限界や傾向というのがあって、
どの作品も松田優作作品になってしまっているような。。。

松本潤の俳優としての特質は、松田優作とは逆の、
えっ?! これって松本潤?という新鮮な驚きで、
松本潤であって松本潤でないという人物像を作り上げること。
作品を自分流にもっていくのではなく、与えられた作品や役柄の中で、新しい芽を生み出すこと。

もしかして、松本潤という俳優は、
好きなように演じていいという自由を与えられるよりも、
ものすごく制限された条件下で、
強い縛りがあるからこそ、自分の個性とせめぎ合って、
非常にセンシティブで揺れ動く人物像を生み出せる魅力があるのかもしれません。


|

長期的視野

いやはや、テレビも雑誌もついていけません。

ファンになってからずっと、嵐が今のような超人気になるのは当たり前で、
そうでないのは、皆が嵐の良さに気付いていないからだと思っていましたが、
いざ、嵐の良さを多くの人が気付くようになると、
あまりの露出についていけません。

というか、私自身が異常な忙しさになってしまったのとリンクしているため、
この状況を楽しめないのが残念で。。。

そんな中、思わず買ってしまった雑誌non-no。
表紙などの潤くんの美しさ・麗しさ・りりしさに、レジ直行してしまったのですが、
潤くんがセンターに立って、嵐を率いているような構図ですよね。
意外とこういう並びって少ないようで、私の中でのイメージは、
潤くんは、嵐の中で向かって右端が一番納まりがいい気がします。
そして、嵐が今のような人気になれたのも、
一番華やかで強そうな潤くんがセンターではなく、端にいるイメージ戦略も一因のような気がします。

中心にいるのが当然のような人が中心にいるのではなく、端にいることで、
5人のバランスがよくなるってことですね。

non-noの中でうれしかった潤くんの言葉は、
「この1年で手に入れたものは、長期的視野かも」ですね。
目の前のことに必死で、それがうまくいっていなければ、長期的視野なんか持てないと思うんですよ。
目の前のことをちゃんとやっているから、次から次へとオファーがきて、
たくさんのオファーがあるからこそ、その中で長期的展望につながるような魅力的なものもあるんでしょうね。
私たちは目の前の潤くんや嵐しか見えないけれど、彼らが望む未来につながる仕事が待っているんだろうなあと思います。

|

December 25, 2010

うさぎさん、もうひと頑張りです。

うさぎさん

よく頑張りましたね。
嵐ちゃんの氷水落下が、途中から氷水でなくなっていたのは、
うさぎさんのおかげかもですね。

うさぎさんがそんなに頑張っているのに、
学校の先生や嵐ちゃんのスタッフなどの大人たちが、
情けないと思われていると思います。

それはなぜか?

ほとんどの人間は弱く、自分の身を守ることに必死だからです。
うさぎさんが学校の先生にどんなに訴えても、解決しようとしないのは、
もしうさぎさんに味方すれば、いじめている側から悪く思われ、何を言われるかわからないからだと思います。
学校の先生も多数派に付くんですね。

学校の先生を味方にするためには、圧倒的にうさぎさん側が強く、
うさぎさんを守らないと、職を失うという状況にしないといけません。

そのためには、有無を言わせない客観的証拠をそろえることですね。
医師の診断書。証拠写真。録音。メモ。落書き。衣服。なんでもです。
写真や録音するための携帯等の機器を学校に持っていったことで、非難されるかもしれませんが、
絶対にひるんではいけません。
校則より、自分の命や体や尊厳を守る方が遥かに優先順位が高いんですから。
こういう機器を持ってくる必要がないように学校がしてくれないからだと堂々と主張してください。
そして、日々あったことを日記につけてください。これも立派な証拠になります。
いざというとき、関係した生徒たちを同時に別々に問い詰めれば、
うさぎさんの日記が本当か作り話か、すぐにわかります。

そして、客観的証拠が集まったら、それらをすべて持って、
ご両親と一緒に、学校長に訴えてください。
仕事を休んでも、必ず両親一緒にです。
海外にいたり、どうしても片方の親御さんが同席できないときは、自筆のサイン付きで、言いたいことを書いてもらってください。
そして、その時、必ず録音機器を持っていくことを忘れないでください。
堂々と、「録音させていただきます」と言って、スイッチを入れれば、断れません。
ここまでやれば、学校は動かざるを得ないと思います。
これらの証拠を学校以外に提供されれば、校長や担任は職を失うなどの大きな不利益を被るからです。

哀しいかな、人間は正義では動きません。何があっても所詮ひとごとだからです。
自分の大事なものを失う恐れがあってはじめて、本気になって動くんです。

イジメの客観的証拠が集まったら、それをTBSの社長宛にも送ってください。
もちろん、オリジナルは自分が持っていて、コピーしたものを送ってください。
自分の住所・名前・電話番号をちゃんと書いて、
簡易書留や配達証明など、送った証拠が残る方法で送ってください。
うさぎさんたちがどんなに訴えても、番組内容を変えなかったのは、
良心的番組を作るより、視聴率で評価され、責任をとらされるからでしょうね。
でも、番組のせいでイジメが行われているという事実が社外に提供されると、
TBSの責任者たちの身が危うくなります。

ここまでしなくてはいけないの?と思われるかもしれませんが、
ここまでしなくては、人は動きません。
それは、うさぎさんが一番よくご存知だと思います。

嵐ちゃんは、このままうやむやのうちに、氷水落下や熱湯銃がなくなっていくかもしれませんが、
自分たちがやってきたことの結果をちゃんと受け止めるために、(スタッフも嵐メン自身も)
イジメの客観的証拠は必ず送ってください。
これは、嵐の今後にとって、非常に大事なことです。

海老蔵さんの事件にしても、こうなることを予想できた人たちは周りにたくさんいたと思います。
でも、たいへんなお金を稼いで、自分たちの生活を支えてくれる大スターに何も言えなかったり、怖かったり、所詮ひとごとだからでしょうね。

星フリに、投稿してくださってありがとうございます。
投稿してくださらなければ、学校で行われていること、知りませんでした。
辛い思いをたくさんたくさんしてこられたと思いますが、
うさぎさんがこれまでされてきたこと、立派です。
もうひと頑張りです。


| | Comments (0)

December 11, 2010

うさぎさんへ

うさぎさんへ

ごめんなさい。
こういうところで、具体的にどういうイジメが行われているか書いたら、
それを見て、まねる人が出てきますね。
考えが足りなかったです。
私より、うさぎさんの方がよく考えていて、賢いですね。

まねられたらいけないことを、嵐の番組で行われているということは、
非常によくないことですから、
うさぎさん、行動してください。

「中学校で行われている嵐ちゃんゲームというのは、具体的にどういうことなのか、
まねられたら誰の目にもいけないこと(例えば、熱湯銃・氷水落下など)を、やめるべきである」
ことを、↓にメールや手紙を書いてみてください。

・潤くん・ニノ・相葉ちゃん・大野くんのラジオにメール
・NEWS ZEROの翔くんに手紙
・嵐ちゃんの番組プロデューサーに手紙
・TBSの社長に手紙

そして、親御さんに実情を話して、担任の先生と学校長に、
「イジメをやめさせ、安全に学校に通えるようにしてほしい」と手紙を書いてもらってください。

日本社会は、誰も責任をとろうとしません。
ですから、TBSの社長や番組プロデューサー、学校長や担任の先生など、
責任をとらざるを得ない人に直接訴えるのです。

嵐ちゃんゲームのようなことが広がれば、番組にとっても、嵐にとっても、
非常にマイナスイメージなだけでなく、
社会的問題になって、番組打ち切りなどになる可能性もあります。

行動を起こすことで、さらにうさぎさん自身が辛い思いをして、
クラスメートにもっと酷いことを言われたり、されたりするかもしれませんが、
うさぎさん自身が強くなって乗り越えてください。
イジメをするのは、自分に自信のない弱い人たちですから、
自分より圧倒的に強い人にはイジメをしません。

うさぎさんがしていることは、嵐のためにも、嵐ちゃんの番組のためにも、
いじめているクラスメート、いじめられているクラスメート、そしてうさぎさんご自身にとっても、
絶対にいいことですから、
自信を持って頑張ってください。


|

December 10, 2010

嵐ちゃんゲーム?

うさぎさん

中学生だったんですね。
理路整然とした文章に、まさか中学生とは思いませんでした。

学校で嵐ちゃんゲームというのが流行っていて、
ターゲットにされて辛いんですね。
「痛いからやめて欲しい」と訴えても聞いてもらえず、
周囲に相談してもひどくなるばかりで、
お友達はそれで、学校をずっと休んでいるんですね。

嵐ちゃんゲームというのは、具体的にどういうことをするんですか?
教えてください。

実情がわからないと、どう反応したらいいのかわかりませんので。


|

December 05, 2010

お鼻チーンしてもゴージャス!

今年は、ドラマのスタッフには恵まれませんでしたが、
CMは、スタッフさまさまですね~。

嵐5人のCMが、庶民がわいわいがやがや商品を楽しんでいる感じだとすれば、
潤くんのピンCMは、商品にゴージャスな品をプラスするんですよ。

同じ商品なのに、松本潤を使うことによって、高級感が醸し出されるんであれば、
企業にとっては、松潤さまさまですね。

お鼻チーンしてもしてもゴージャスなんて、驚きですよ。

アイドルにこんなことさせるなんて、へたすりゃイメージダウンの危ない橋を、
本人もスタッフもよくぞ渡った!
その勇気に乾杯です。

ティシューなんて、使い道は山ほどあるけど、
風邪引きさんや花粉症さんにターゲットを絞って、
えっ?! かっこつけマンだと思っていた松潤が、お鼻チーンしてるよ・・・
と、目を疑いますし、あっけにとられて見てしまいます。
ティシューの山なんて見たくもないものだけど、それが綺麗にさえ見えてしまう。(←私だけかな?)

ドラマやバラエティと違って、CMはテレビさえつけていれば、誰の目にも入ってくるものだから、
企業もタレントもイメージ戦略としては、ものすごく重要ですよね。

私、お鼻チーンCMは、まったく逆イメージのことをすることによって、
かえって、潤くんの品の良さやゴージャス感を強調することになった戦略勝ちだと思いますね。
松本潤だからこそできることですもの。

かつては、なぜ潤くんのピンCMがないの?とぐちっていましたが、
商品に高級なプラスアルファできるタレントとして、ますます需要がありそうに思います。


|

December 01, 2010

きれいな心を持っているグループ

友達からのメールです。

***********
残念ですが「嵐」のことはよくわかりません。

でも「嵐」はみんながきれいなこころを持っている感じがして
見ていて好感が持てますよね。

なんとかいう夜の番組で、それぞれがコーデイネートした服装で現れ
お買い上げー!と選ばれていくコーナーがありました。

たまたま見ていたら
マツジュンがよく似合うけどちょっとイケてないファッションで
最後まで残って、へん?ヘン?と赤くなって、芯からあせっていました。
2枚目なだけにそれがとってもミスマッチで微笑ましかったよ。
人柄の良さを垣間見た感じ。
○○さん(←私のこと)のテイストがうかがえました。

わたしはちょっとおめでたい、だけど抜群に、ごきげんそうな相葉君が
ひいきかな。
疲れた日々、見ていてアクがない分、なごみます。
************

今まで、私の嵐キチガイに無関心だった友達たちから、次々と、
嵐いいわね~、私もファンになっちゃった・・・という声が届きます。

そういう声の全員が、相葉ちゃんがごひいきなんです。
そして、いつかコンサートに行ってみたいわ~なんです。

でも、おそらくファンクラブに入って、必死でチケットをとろうとはしないだろうなあという感じですね。

3つもある嵐のバラエティ番組を何気に見て、
あら、いい感じじゃないの。仲よさそうね。癒されるわ~・・・なのでしょうか。

テレビって正直ですよね。
ちょっとした表情や言葉のやりとりに、何かが見えちゃうことがありますからね。
その辺を、海千山千のおばさんたちは見逃しませんからね。

こんなに心のきれいそうな子たちのグループのコンサートって、
ものすごくチケットがとれないんですって。
じゃあ、私もファンになっちゃおうかしら・・・が、始まりかもですね。

たいていの人はそこどまりでしょうが、
そこから、ファンの泥沼(乙女スパイラルとも言う)に陥っていく人との分岐点は何なんでしょうね?


|

« November 2010 | Main | January 2011 »