« 最近の『嵐にしやがれ』考 | Main | 紅白司会、おめでとう! »

November 03, 2010

世の中疑っている。

先日の少年倶楽部でニノが、「世の中疑っている。5人でバブルがはじけたら・・・とこわがっているんですよ。」
というようなことを言っていましたね。

世の中なんて信じられるはずないですよ。
皆自分のことが可愛くて、誰も責任をとろうとしなくて、
ほとんどの人は、人気があるものに、どう~と押し寄せてくるだけで、
人気がなくなったら見向きもしない。
そんなこと当たり前。

歴史を振り返ると、
国でも、組織でも、企業でも、
世の中の流れとか、需要の変化とか、競争に敗れて・・・とかもあるかもしれないけれど、
ほとんどは、内部崩壊、自滅ですね。

でも、世の中がどんなに変わっても、生き残るものは生き残る。

それでは、どんなものが生き残るか?
私は、世の流れに応じて常に変化し続けることと、本気の志を持つことだと思う。

建前でない、本気の理念・志を持てば、それにふさわしい人が周りに集まってくるし、
内部でいろんな問題が起きても、高く大きな目標のため、個々の利害を超越して結束することができると思うのです。

彼らの人気は、「5人それぞれが個性的で仲がよいから」と口をそろえて言われ、
今の世の中で失われている美徳を彼らの中に見出しているからですよね。
つまり、欲しくても手に入らないものを持っているから尊敬もされ、
観光立国ナビゲーター、ニッポンの嵐、JAL再建のシンボル・・・といった、
国家的プロジェクトに活用されているんでしょうね。

こんな嵐には、世の中を疑うのではなく、
世の中をよい方向に動かしていく・・・ということの方がありだと思うのです。
少なくても、潤くんにはそういう気概が感じられます。

と同時に、「運は細部に宿る」とも言います。
小さなことをおろそかにしたため、運を逃すということは大いにあり得ますので、
落とし穴にも気をつけつつ・・・ですね。
そうしたら、さらに輝ける未来が待っていると思います。

嵐の12年目に向けて、そんなことを思います。


|

« 最近の『嵐にしやがれ』考 | Main | 紅白司会、おめでとう! »