« 紅白司会、おめでとう! | Main | お悩み相談 »

November 05, 2010

相思相愛

ジャニーズ事務所は教育機関ではなく、商業主義における勝ち残りをかけた、弱肉強食な世界なんですよね。
そこに、まるで子供だった中学1年から入って、女の子たちがきゃあきゃあと寄ってきて、わけのわからない混沌の中、
楽しい刺激と共に、見たくもないもの、経験したくもない経験をたくさんしてきたのではないでしょうか。
コンサートで、自分の汗のついたTシャツを奪い合うファンを見て、何を思うんだろう・・・と、よく思いました。

でも、松本潤はそういう人たちを幸せな気持ちにすることを仕事として、日々努力することで素晴らしい男に成長しました。
魑魅魍魎の芸能界で、種々雑多な影の部分を、時間をかけて輝けるエンターテイメントへと昇華してきたのかもしれないですね。

雑誌やネットで何を書かれても、弁明も反論もできず、
仕事で結果を出すしか術がない中、
紅白の司会という輝かしい仕事の発表の直後、
真偽は誰もわからない、彼にとっては遥か過去のことが雑誌に書かれ、大勢の人の目に触れる。
心中察するにあまりあるものがあります。
どんなに辛いことかと思います。

今回のENJOYの“相思相愛”という言葉、自分はこんなにファンを愛し、ファンのために尽くしているんだから、
僕のことをもっと愛してよ・・・という、彼の切実なる叫びのようにも、私には思えます。

10周年のとき、嵐が超多忙な中、5000枚のサイン色紙を書き送って、私たちを感激させたように、
11周年の辛いときに、私たちが彼らのためにできることがあるのではないかと思うのです。

例えば、嵐メンバーのラジオに励ましのメールをしたり、
CMのスポンサーやNHKに、嵐メンバーの素晴らしさや自分がどんなに嵐に励まされているかなど、
嵐を使って良かった・・・と思ってもらえるような手紙を書いたり、
或いは、この星フリのメインBBSに励ましのコメントを書いたり、
アンケートを書いて、次回のコンサートの参考にしてもらったり・・・などなど、
嵐からしてもらうだけでなく、自分の時間と頭とエネルギーを使って、嵐のために、今こそできることがあると思うのです。

人間って、見守られていると思うから頑張れるし、
感謝されるから次へのパワーになると思うのです。


|

« 紅白司会、おめでとう! | Main | お悩み相談 »