« 「何? 理由が欲しいの?」 | Main | 世の中疑っている。 »

November 02, 2010

最近の『嵐にしやがれ』考

番組スタート時、いったいどうなるのかしら~だった『嵐にしやがれ』、
最近、いい感じになっていますね。

ゲストが長年かけて築き上げてきた自分の芸の集大成を、
今をときめく嵐相手に、大放出し、
それを嵐メンが準備もなく、適当に付き合ってあげる・・・という、
重厚・濃厚・本気vs軽い・薄い・適当という対比が、
安定感があって、いいです。

この2週の松岡修三さん、八嶋智人さん、凄い意気込みで本気度がハンパなかったですね。
本気には、惹きつけられますし、
本気であればあるほど、キャラがデフォルメされて、面白いですよね。

八嶋さんが、嵐メンを活かす演出を考えに考えてきて、
番組を盛り上げようと必死にやったのに、
最後、潤くんがエチュードも河口湖殺人事件もなかったことにしてしまうドSっぷりが、
オチとして効いていましたね。

バラエティ番組はたくさんありますが、
こんな風に、ゲストに番組作り自体を預けてしまう(もちろんスタッフとの入念な準備があるでしょうが)番組って、
私は知らないので、
ゲストにとっては、たいへんだけどやりがいがあって、
しかも、個性豊かだけど、相手に合わせて引く技を心得ている嵐の5人を使えるんですから、
野心ある芸人・タレントさんにとっては、ぜひやってみたい番組なんじゃないでしょうか。

|

« 「何? 理由が欲しいの?」 | Main | 世の中疑っている。 »