« 《惜福》その後 | Main | 『ニッポンの嵐』 »

September 15, 2010

大森美香さんて、もしかして。。。

有栖川さんの大雅への態度って、
実は、脚本の大森さんの潤くんへの思いではないか・・・なんて思い始めました。

手の甲に十円玉を乗せたままで、いろんなことを表現させていましたよね。
不自由を科した上で、何かを表現せよと課題を出す。

潤くんが年上女性を虜にするのは、そのたぐいまれなエロさと、賢さと、心の機微に触れる優しさ。
番宣やタイトルバックで、その魅力を存分に発揮して、年上女性とのエロい雰囲気を作り出していた。

ところが、相手が子持ちということで、エロさは禁じ手になってしまった。
しかも、精神年齢の幼さと鈍感さという、潤くんの長所の逆の設定にしてしまった。

さあ、これで年上女性を萌えさせてごらんなさいよ。
できる?

さらに相手役の年上女性を、実は女のいやらしさ満載なのに、
男たちのほとんどを虜にする、綺麗で、楚々として、しっかりしていて、完璧だと思われていると描いて、
視聴者の反感を買うように描いた。

さあ、これでラブラブ感いっぱいにしてごらんなさいよ。
あなたたちにできるかしら?

大森さんは、潤くんも竹内さんも、その長所も短所も魅力もよく知っているんだと思う。

だから、あえて手かせ足かせをしていじめてみたくなった。
いじめた先に何が見えるか?何が生まれるか?

潤くんって、いじめがいがあると思うんですよ。
有栖川さんにいじめられたときの表情、詩織に酷い言葉を投げつけられたときの切ない表情、
絶品ですもの。

そして松本潤は、どんなにいじめても、決して恨まず、そこから何かをつかんで、必ず這い上がってきますもの。


|

« 《惜福》その後 | Main | 『ニッポンの嵐』 »