« 軽潤さま | Main | やっぱり、言いたい。 »

May 04, 2010

志村けんさんと。。。

今まで何度か、嵐には『8時だよ全員集合!』のようなコントをやって欲しいと書いてきましたので、
志村けんさんとのバカ殿様は興味しんしんでした。

潤くんが、「よし、やろうぜ!」と一番はりきっていましたが、
コント・せりふのところでは一番スベッテいたというか、ズレていましたね。
そして、大ちゃんが素晴らしい才能を見せていましたね。
動きと表情だけで笑わせる。
本当に得難い、とてつもないコメディセンスだと思いました。

一見地味そうな大ちゃんに唸らせられ、
一般にはデキル人と見られている翔くんのボケや、
エロ・カッコイイが売りの潤くんのスベリなど、
グループとしてのバランスがいいですね。

嵐のバラエティでの売りって、打たれ強いところだと思うんです。
マネキンファイブにしても、洋服のセンスを競うだけでは、一般の人には面白くもなんともない。
そこに、西川先生みたいにボロカスに言う人や、
一般の投票の、貧乏そう・・・とか、サゲサゲのコメントがあって初めて、
バラエティとして生きてくるんだと思うんです。

そして、キャラっていうのは、何かに反応したときに立ってくるんだと思うんですよ。

私たちだって、何か事件が起きたときのとっさの反応で、その人が本当はどういう人かわかるってことがありますよね。
ですから、『嵐にしやがれ』の予期しないことに対する嵐メンの反応でキャラ立ちをさせるというのは、
ある意味、いいとこ突いているのかもしれません。
即興のメイクだったから、相葉ちゃんのヘタさ加減がわかって、皆に突っ込まれていましたものね。

私たちファンは、好きな人の一挙一動に目を凝らして、喜んだりめげたりしていますが、
一般の視聴者というのは、忙しい仕事や日常の合間にバラエティを見るのですから、
わかりやすくないと面白く思ってもらえないと思うのです。
そのためにキャラ立ちは必要でしょうし、
かっこいいイメージと逆に、やりこめられたり、けなされたりするのが面白かったりするし、
どこかに毒があることで、日頃の隠れたうっぷんが晴れたりすることがあると思うのです。

また、嵐は、酸いも甘いもわかったオジサンとの相性がいいとも思うんです。
あら技のときの、きたろうさん、
宿題くんのオグさんなど。

今の日本で失われつつある、父親と息子たち、上司と部下たち、近所のおじさんと若い子たちのような、
丁々発止のやりとりは、ほのぼのします。

『8時だよ全員集合!』も、いかりや長介さんと他のメンバーとの丁々発止が楽しかったのですから、
志村さんと嵐メンとのコント番組はイケると思うんですがね。。。


|

« 軽潤さま | Main | やっぱり、言いたい。 »