« Think globally, act locally. | Main | 志村けんさんと。。。 »

May 01, 2010

軽潤さま

御殿場アウトレットのマネキンファイブ、
1時間があっという間で、えっ、もう終わり?!でした。

通常のひみつの嵐ちゃんは、複数の企画なので、
1つの企画で1時間持たせるのは、ダレルんじゃないの・・・とか思っていたのに、逆でした。

平板な企画をいくつも並列に並べるよりも、
今回のように、一つの企画を、ロケや一般投票やスタジオや番宣カーなど多方向から攻めていくことで、
マネキンファイブという軸はブレずに、立体的な厚みのある番組になって、凄くよかったと思いました。

そして、潤くんの軽潤ですが、
コンサートのソロの決め方を思い出しました。
潤くんは、他のメンバーのソロが決まってから、バランスをみて自分のソロを決めると、何かで言っていました。
潤ファンの思い込みですが、潤くんのソロが一番バラエティに富んでいて、
そのときそのときのコンセプトがまったく違うように思うんです。
自分の中だけで考えていると、どうしても狭い枠の中で決めてしまうけれど、
他のメンバーがやるものそれぞれをじっくり観ることで、
ヴィヴィッドなインスピレーションが湧いてきて、新たな創造ができるんではないかと思うんです。
つまり、他のメンバーからもズレているし、過去の自分からのズレテいる。

今回の軽潤、或いは漫才スーツは、
他のメンバーだけでなく、今までのマネキンファイブで出てきたすべての衣装ともかけ離れたコンセプトですよね。
松本潤にとっては、たいした意味のない順位付けよりも、
観る者の度肝を抜く・楽しませる・・・
そういうクリエーター魂の方が遥かに重要なのではないかと思いました。


|

« Think globally, act locally. | Main | 志村けんさんと。。。 »