« 『わが家の歴史』に思う。 | Main | 軽潤さま »

April 24, 2010

Think globally, act locally.

星フリに最近、外国の方の投稿が続いてうれしいです。

ちょうど昨日、滝に打たれて、「相葉、二宮、松本、大野、櫻井、
この5人にしかできないことをやって、世界中の人を幸せな気分にさせる~!」と叫んだ映像が流れましたね。
そして、ニューヨークでリスのまねをしている写真も。

ジャニーズに入ったばかりのジュニアのころに語った夢は、
「海外でコンサートをすること」と言っていたそうですし、
潤くんは、ジャニーズに入ったときから、思いは日本に全く限っていなかったんですね。
そして、観るエンターテイメントは歌舞伎も含め、国籍を問わず。

海外では、嵐の中で潤くんがとても人気があるそうですが、
あの日本人離れした容貌が、日本人より外国の人に受けやすいということもあるかもしれませんが、
彼のものの考え方・行動に、Think globally, act locally(世界規模で考え、身近な地域で活動する)が垣間見えるからではないかと思うのです。

そして、波風を立てないことを良しとする日本人社会とは一線を画する、アグレッシブな指向性。
例えば、ムービングステージやMJウォークは、アイディアを思いつくことも素晴らしいけれど、
それを実現させ、その偉大さを時間をかけてあらゆる人たちに認めさせたことが、
安全第一、誰も責任をとろうとしない、出る杭は打たれる・・・の日本社会で、本当に凄いことだと思うんです。
先が見えない不安から、たくさんの危険性を危惧する声や強い反対があれば、あきらめざるを得ないというのが、ほとんどの人間なのに、
潤くんは、おそらく、あちらこちらを説得し、粘り強く、あらゆる手を打ちながら、たくさんの人たちを巻き込んで試行錯誤を繰り返し、
時間をかけて強い信念で実現させたんだと思うのです。

また、世界にはたくさんの言語、文化、習慣、宗教、価値観があって、
一見、異質なもの同士、なかなか理解し合えないように思うけれど、
潤くんは、あらゆるものに興味を持ち、素直な気持ちで吸収し、楽しもうとしている。
そうすると、視点がどんどん広がり、結果的に思考が深まる。
人間って、表面的にはすごく違っているように見えても、
深い根っこのところでは、共通する心があると思うんですよ。
だから、同じ音楽や映画が、世界中でヒットしたりするわけで、
感激するツボって、万国共通なんでしょうね。

そんなこんな考えると、いろんな国々の潤くんファンは、
異質な日本人というよりも、
違和感なく理解しあえる同質なものを感じるのではないかしら・・・などと思ったりします。

|

« 『わが家の歴史』に思う。 | Main | 軽潤さま »