« 嵐伝 | Main | Think globally, act locally. »

April 21, 2010

『わが家の歴史』に思う。

私、潤くんのドラマ仕事の成功は、
まったく新しい、彼にしかできない魅力的な人物を造形したかどうかで判断しているんです。

そんな素晴らしいオリジナルなキャラクターを創りだしたのは、
慎・モモ・耕二・キャル(舞台『エデンの東』)・道明寺・ビト・義男ですね。

これらを演じる潤くんには、他のどこでも見たことのない表情があるんですよ。
今回の義男について言えば、ドキッとしたのが、
姉の政子の鬼塚との結婚話を知って、
「俺ら家族を養うために自分を犠牲にしたとじゃないですか?」と、
心配そうに詰め寄るところの表情です。

姉の幸せを願って、必死で聞くんだけど、
長男である自分のふがいなさや自信のなさと相まって、
なんとも複雑で切ない、まさに若き義男を象徴するようなシーンでした。

弟の佐藤隆太くんとは、どうみても年齢的に逆だろう・・・ですが、
宗男役のイメージを表現してくれる、潤くんより若く見える俳優が見当たらなかったのかもしれないと思いました。

ところで、このドラマはいろんなことを教えてくれますね。

富を得た男は、対等に渡り合うデキル妻より、
しょうもない家族を大勢抱えている女性の方に安らぎを感じるということ。
自分がこれだけの人達を養っているということで、仕事や生きることへのモチベーションが上がるのでしょうか。

中井貴一さんと佐藤浩市さんの迫力あるシーン。
真にいい男とは、こういう命がけの勝負をいくつも重ねて出来上がるものなのか。
そして、相手が一歩も引かず勝負を挑んできたときに初めて、友と認めるということ。
潤くんも、この二人の大先輩に甘え、教えを請うだけでなく、
きっとどこかで勝負を挑んでいたのではないか。
だからこそ、この二人から認められているのではないかと思う。

孫のためのお金にまで手を出すお父さん。
悪気はないんだけど、もはや性(さが)とでもいうのでしょうか。
人間だれしも、理性だけではどうにもできない性と共に生きているのではないか。

そして、このドラマを彩ったたくさんの有名人たち。
あんなに有名人たちと遭遇したり、縁があったりなんかしないよ、おかしいよ・・・
と思ったりもするけれど、
同じ空間で実際に会うことはないだけで、
私たちの誰もが、その時代のヒーローや芸能人たちと一緒に生きているんですよね。
私は松本潤と一緒に生きているし、嵐が常にそばにいる。
テレビや雑誌やインターネットで、時代を象徴する人たちと常に接している。
だから遠い将来、平成の家族を描くときに、嵐がドラマの中に登場したら、
ある意味、真実をついていると言えるのではないかと思う。
眉が濃いだけの若いチャラ男が、松潤役で出てきたら、私はどう思うのでしょうね。

|

« 嵐伝 | Main | Think globally, act locally. »