« プロデュース力 | Main | 『わが家の歴史』に思う。 »

April 19, 2010

嵐伝

嵐伝、土曜日の夜という、一般的勤め人(男女とも)がゆっくりと、
次の日の出勤を気にせず、テレビをグダグダ見れる日に、
新たな視聴者を嵐に向けさせるための番組作りだったのではないかと思います。
つまり、宿題くん的な深夜の見たい人だけ見る番組から、
なんとなく、より多くの人にチャンネルを合わせてもらえる番組。(つまり、ファン向けではないということ)

そのためには、まず嵐がどういうグループで、どういうメンバーがいるのかを、
日本人の常識的な感覚で、凄いわね~と思ってもらえる、
勉学と両立させてニュースキャスターをやっているとか、
ハリウッドや海外で認められている俳優であるとか、
ストイックにコンサート作りをしているとか。。。
ファンなら知りすぎていることだけど、
芸能界に興味のない人たちにとっては、
『硫黄島からの手紙』は知っていても、嵐のメンバーが出ていたなんて、ほとんど知らないし、
まずは、へえ~と驚いてもらうことを狙ったのではないかなあと思います。
そこに、今人気の龍馬を持ってくるのはあざといなあとは思いますし、
イメージしやすいようにマイケルジャクソンを持ってこなくても、
潤くんは潤くんなのに・・・と思ったりしますけどね。

私、嵐と並んで超人気のEXILEのメンバーのこと、ほとんど知らないんです。
似たようなむさい男たちが大勢で歌って踊っているというイメージしかないんです。
それと同じように、最近、嵐っていうグループが人気らしいことは知っていても、顔がちょっといいだけでチャラチャラ歌って踊って、女どもにチヤホヤされているジャニーズの中で、なぜ嵐なのか、何が特徴なのか知らない人が多いと思うのです。

実際、なぜ嵐がこんなに人気になったの?と、
嵐にも芸能界にも興味がないけれど、
社会現象として教えて欲しいという感じで聞かれたことが何度かあります。
わかりやすい理由を知りたいんだろうなあと思います。


|

« プロデュース力 | Main | 『わが家の歴史』に思う。 »