« March 2010 | Main | May 2010 »

April 24, 2010

Think globally, act locally.

星フリに最近、外国の方の投稿が続いてうれしいです。

ちょうど昨日、滝に打たれて、「相葉、二宮、松本、大野、櫻井、
この5人にしかできないことをやって、世界中の人を幸せな気分にさせる~!」と叫んだ映像が流れましたね。
そして、ニューヨークでリスのまねをしている写真も。

ジャニーズに入ったばかりのジュニアのころに語った夢は、
「海外でコンサートをすること」と言っていたそうですし、
潤くんは、ジャニーズに入ったときから、思いは日本に全く限っていなかったんですね。
そして、観るエンターテイメントは歌舞伎も含め、国籍を問わず。

海外では、嵐の中で潤くんがとても人気があるそうですが、
あの日本人離れした容貌が、日本人より外国の人に受けやすいということもあるかもしれませんが、
彼のものの考え方・行動に、Think globally, act locally(世界規模で考え、身近な地域で活動する)が垣間見えるからではないかと思うのです。

そして、波風を立てないことを良しとする日本人社会とは一線を画する、アグレッシブな指向性。
例えば、ムービングステージやMJウォークは、アイディアを思いつくことも素晴らしいけれど、
それを実現させ、その偉大さを時間をかけてあらゆる人たちに認めさせたことが、
安全第一、誰も責任をとろうとしない、出る杭は打たれる・・・の日本社会で、本当に凄いことだと思うんです。
先が見えない不安から、たくさんの危険性を危惧する声や強い反対があれば、あきらめざるを得ないというのが、ほとんどの人間なのに、
潤くんは、おそらく、あちらこちらを説得し、粘り強く、あらゆる手を打ちながら、たくさんの人たちを巻き込んで試行錯誤を繰り返し、
時間をかけて強い信念で実現させたんだと思うのです。

また、世界にはたくさんの言語、文化、習慣、宗教、価値観があって、
一見、異質なもの同士、なかなか理解し合えないように思うけれど、
潤くんは、あらゆるものに興味を持ち、素直な気持ちで吸収し、楽しもうとしている。
そうすると、視点がどんどん広がり、結果的に思考が深まる。
人間って、表面的にはすごく違っているように見えても、
深い根っこのところでは、共通する心があると思うんですよ。
だから、同じ音楽や映画が、世界中でヒットしたりするわけで、
感激するツボって、万国共通なんでしょうね。

そんなこんな考えると、いろんな国々の潤くんファンは、
異質な日本人というよりも、
違和感なく理解しあえる同質なものを感じるのではないかしら・・・などと思ったりします。

|

April 21, 2010

『わが家の歴史』に思う。

私、潤くんのドラマ仕事の成功は、
まったく新しい、彼にしかできない魅力的な人物を造形したかどうかで判断しているんです。

そんな素晴らしいオリジナルなキャラクターを創りだしたのは、
慎・モモ・耕二・キャル(舞台『エデンの東』)・道明寺・ビト・義男ですね。

これらを演じる潤くんには、他のどこでも見たことのない表情があるんですよ。
今回の義男について言えば、ドキッとしたのが、
姉の政子の鬼塚との結婚話を知って、
「俺ら家族を養うために自分を犠牲にしたとじゃないですか?」と、
心配そうに詰め寄るところの表情です。

姉の幸せを願って、必死で聞くんだけど、
長男である自分のふがいなさや自信のなさと相まって、
なんとも複雑で切ない、まさに若き義男を象徴するようなシーンでした。

弟の佐藤隆太くんとは、どうみても年齢的に逆だろう・・・ですが、
宗男役のイメージを表現してくれる、潤くんより若く見える俳優が見当たらなかったのかもしれないと思いました。

ところで、このドラマはいろんなことを教えてくれますね。

富を得た男は、対等に渡り合うデキル妻より、
しょうもない家族を大勢抱えている女性の方に安らぎを感じるということ。
自分がこれだけの人達を養っているということで、仕事や生きることへのモチベーションが上がるのでしょうか。

中井貴一さんと佐藤浩市さんの迫力あるシーン。
真にいい男とは、こういう命がけの勝負をいくつも重ねて出来上がるものなのか。
そして、相手が一歩も引かず勝負を挑んできたときに初めて、友と認めるということ。
潤くんも、この二人の大先輩に甘え、教えを請うだけでなく、
きっとどこかで勝負を挑んでいたのではないか。
だからこそ、この二人から認められているのではないかと思う。

孫のためのお金にまで手を出すお父さん。
悪気はないんだけど、もはや性(さが)とでもいうのでしょうか。
人間だれしも、理性だけではどうにもできない性と共に生きているのではないか。

そして、このドラマを彩ったたくさんの有名人たち。
あんなに有名人たちと遭遇したり、縁があったりなんかしないよ、おかしいよ・・・
と思ったりもするけれど、
同じ空間で実際に会うことはないだけで、
私たちの誰もが、その時代のヒーローや芸能人たちと一緒に生きているんですよね。
私は松本潤と一緒に生きているし、嵐が常にそばにいる。
テレビや雑誌やインターネットで、時代を象徴する人たちと常に接している。
だから遠い将来、平成の家族を描くときに、嵐がドラマの中に登場したら、
ある意味、真実をついていると言えるのではないかと思う。
眉が濃いだけの若いチャラ男が、松潤役で出てきたら、私はどう思うのでしょうね。

|

April 19, 2010

嵐伝

嵐伝、土曜日の夜という、一般的勤め人(男女とも)がゆっくりと、
次の日の出勤を気にせず、テレビをグダグダ見れる日に、
新たな視聴者を嵐に向けさせるための番組作りだったのではないかと思います。
つまり、宿題くん的な深夜の見たい人だけ見る番組から、
なんとなく、より多くの人にチャンネルを合わせてもらえる番組。(つまり、ファン向けではないということ)

そのためには、まず嵐がどういうグループで、どういうメンバーがいるのかを、
日本人の常識的な感覚で、凄いわね~と思ってもらえる、
勉学と両立させてニュースキャスターをやっているとか、
ハリウッドや海外で認められている俳優であるとか、
ストイックにコンサート作りをしているとか。。。
ファンなら知りすぎていることだけど、
芸能界に興味のない人たちにとっては、
『硫黄島からの手紙』は知っていても、嵐のメンバーが出ていたなんて、ほとんど知らないし、
まずは、へえ~と驚いてもらうことを狙ったのではないかなあと思います。
そこに、今人気の龍馬を持ってくるのはあざといなあとは思いますし、
イメージしやすいようにマイケルジャクソンを持ってこなくても、
潤くんは潤くんなのに・・・と思ったりしますけどね。

私、嵐と並んで超人気のEXILEのメンバーのこと、ほとんど知らないんです。
似たようなむさい男たちが大勢で歌って踊っているというイメージしかないんです。
それと同じように、最近、嵐っていうグループが人気らしいことは知っていても、顔がちょっといいだけでチャラチャラ歌って踊って、女どもにチヤホヤされているジャニーズの中で、なぜ嵐なのか、何が特徴なのか知らない人が多いと思うのです。

実際、なぜ嵐がこんなに人気になったの?と、
嵐にも芸能界にも興味がないけれど、
社会現象として教えて欲しいという感じで聞かれたことが何度かあります。
わかりやすい理由を知りたいんだろうなあと思います。


|

April 17, 2010

プロデュース力

ひみつの嵐ちゃんSPのゲストの島田伸助さんに、
潤くんが、「嵐をプロデュースしてほしい」というようなことを言っていましたね。

伸助さんの番組では、タレントさんをいじり倒したりして、
見るに堪えなくなることがありますが、
そういう番組が高視聴率を誇っていますね。

島田伸助さんの著書『自己プロデュース力』を読んだことがありますが、
どうしたら売れるか、人気者になれるか、
その分析力、努力、凄いです。
考えに考えて、「そうだ! ヒール、悪役になろう」と閃いて、ツナギにリーゼントで漫才を始めたんですね。
この本、芸能界に興味のある人なら一読の価値ありですし、
ビジネス書としても有名なものです。

仲のよいほんわか感が売りの嵐と、批判は覚悟で悪役に徹している伸助さん。
伸助さんの毒に嵐がメチャクチャにされそうな気もしますが、
そういう人に、プロデュースをしてほしいという潤くん。
異質なものに身を預けて、どういう化学変化を起こすか、
私も楽しみです。


|

April 15, 2010

~せずにはいられない人たち

わが家の歴史は、いろいろ悩んだり考えたりするんだけど、
結局は、無意識のパターンに沿った行動をせずにはいられない人たちの歴史でもあったように思う。

八女家を助けてはクビになり続けるつるちゃん。
事業を考えついては、失敗するお父さん。
それでも懲りずに胡散臭い儲け話を持ってくる古賀くん。
自分のことを棚にあげて、娘に説教するお母さん。
次々に愛人を作る鬼塚さん。
場を冷やすことを言わずにはいられない阿野さん。
右だか左だかわからなくなっても、社会の暗部にひきずりこまれていく大浦さん。

そして、ゆかりさんは、不特定多数の男にチヤホヤされることが安住の場だったのではないかと思う。
お見合い話を厭がって、義男に手紙を出して呼んだのも、
もしかしたら、義男と一緒になることよりも、一人の男性と結婚することから逃れるためだったのではないか。
だから、洞爺丸の遭難事故から生き残っても、義男の元には行かなかったのではないか。
血を吐いて、自分の体の危機を感じたときになって、また義男を呼び寄せて、
ベッドに横たわって涙を落したけれど、
元気になったら、また去っていった。
必ず帰ってくる・・・と手紙を残したのも、ある意味残酷だと思う。
こういう手紙を残せば、義男はいつまでも自分を待っているとわかっていて、
主導権は常に自分にあって、自分は自由でいられる。
最後、客が男性ばかりの食堂で生き生き働いていたのも、彼女の無意識の選択ではないかと思う。


|

April 12, 2010

企画勝ちですね。

『わが家の歴史』の楽しい3日間が終わって、しばし呆然。。。

このドラマ、企画勝ちだなあと思う。
懐メロ番組のような、懐かしの出来事・懐かしの人たちをちりばめることで、
ああ、これ、知ってる、知ってる。
へえ~、この人って、本当はこういう人だったんだ。
あの事件の裏では、こういうことがあったんだ・・・ってね。
人間、知っていることは安心して楽しめるし、
時代の流れに沿って、次から次へと懐かしいものが登場するので、
飽きずに8時間見れますものね。
潤くんのドラマをほとんど見たことがないうちのダンナ、
3日間、見ていました。
自宅で寛ぎながら見る人のツボをとらえた、いかにもテレビ的なドラマだったなあと思います。

そして、懐かしの出来事や人を要所・要所に入れることによって、
同じ時代背景を、八女家の人たちも自分の家族(祖父母や父母も)も生きてきたんだなあと、
共有意識を持つことができて、親近感を持てたし、わかりやすかったです。
ダメ家族っぷりも、お金があっというまになくなることも、
所詮、人間なんてこんなものよ、それでもたくましく生きなくちゃね・・・という感じが、
見終わった後、じわ~っと染みてきました。

こういう大勢の登場人物がいるドラマって、それぞれの役割を期待されて呼ばれるわけで、
それじゃあ松本潤って、どういう俳優なんだろう・・・て考えたくなります。
同年代の芝居のうまい、顔や姿のよい俳優たちと何が違うか?
私は、気品と情感だと思うのです。
気品は持って生まれたものと生き方から醸し出されるものだし、
情というのは、いろんな感情体験の積み重ねでしか獲得しえないものだと思うんです。
人情の機微がわからなければ、表現もできないし、
潤くんは自分の情を伝えることで、相手の隠された情感も引き出せるから、
恋愛部分をいろんな作品で期待されるんでしょうね。
でも、恋愛に限らず、どんなにハンサム・美人でも無機質なイメージより、
情感が醸し出される俳優の方が、作品に厚みが生まれるし、余韻が残ると思うのです。

ゆかりさんとの今後は、想像にお任せ・・・なんでしょうが、
まあ、うまくいってもいかなくても、奔放な彼女に振り回されっぱなしでしょうね。
その象徴が、あの門扉キス。
二人の関係性をキスだけで表現したという意味で、自販機キスと双璧ですね。


|

April 09, 2010

誇らしい日本を象徴するグループ

何年も前から友達と、
「嵐は、世界中どこに出しても恥ずかしくない、誇らしい日本を象徴するグループだから、そういう仕事をさせて欲しい」と話していました。
とうとうそういう仕事がきましたね。
観光立国ナビゲーター。

ニュースキャスターを頑張っている翔くんや、
あえて『スマイル』のようなドラマをやり、カンボジアのエイズの少女の取材に行く潤くんなど、
社会的に熱い意識を持っているメンバーがいる嵐。

でも、社会的メッセージを表立って発することは、嵐にはふさわしくないように思う。
それよりも、今まで彼らがしてきたように、
C・D・Gの嵐やまごまご嵐などのように、彼らが関わることで、
今まで知らなかった現実や背景を楽しみながら知ってもらうというスタンスがいいなあと思う。
だから観光立国ナビゲーターというポジションは、いいとこ突いているなあと思います。

外国の人にとっても、好きなタレント、興味のあるパーソナリティを通して、
その国民性や、その国の新たな魅力の発見するということは大いにありますものね。

せっかく与えられたこのチャンスですが、
PRに駆り出されるお飾りタレントで終わるか、
エンターテイナーという仕事を通して、
長きにわたる各国のよりよい関係に貢献していけるかは、
内に秘めた熱い気概と、事務所の戦略次第だなあと思います。

と、ここまで書いて、kekeさんの投稿を読んでビックリ。
観光庁、リキ入れてますね。
どうだ~! 嵐のアジアでの底力を知ったか~!という気分ですね。

|

April 04, 2010

普段ロムしかしていないのに。。。

普段ロムしかしていないのに、
文句を言うために現れる人がいますね。

日頃は他の方々の書き込みで楽しませてもらっているのに、
何か気に入らないことがあると、
突然現れて、楽しく盛り上がっている場に水を差す。

どうしても気になることがあれば、
管理人のあきさんにメールをすれば、対応してくれるのに、
わざわざ掲示板に書き込んで、
謝らせて、当たり障りのない書き込みしかできないようにして、
満足ですか?

非常に憤りを覚えます。

|

« March 2010 | Main | May 2010 »