« どうなの? お悩み相談 | Main | 毒舌3兄弟 »

February 27, 2010

フィギュア選手でなくてよかった~。

女性セブンに高橋大輔選手に似ているということで載っている、ステップしている潤くんのモモ風写真。
失神ものです。

そこで、妄想特急スーパー潤『フィギュア号』に乗り、
氷上を華麗に滑る松本潤の映像が頭の中を駆け巡ります。

でも楽しい妄想はそこまで。
世界的大スターになった松本潤には、
国の威信をかけて、金メダルの期待と重圧がかけられ、
完璧な演技を要求される。
繰り返し繰り返し、何度やっても同じにできる完璧さのためにひたすら努力し、
一応権威と思われている他人の主観で点数がつけられ、それに一喜一憂する。

メダルの栄光なんて一瞬のもの。
その後の長い人生で、メダルが誇りになったり、縛りになったり、
良くも悪くもその人を制約する。

それより私には、マネキンファイブでのDAIGOくんのロック滑りで、
♪完璧なんてな~い、スイスイ~♪と楽しく滑って、踊っている方がいい。

潤くんには、無限の可能性があって、
その表情と演技で、あらゆる人や物語を演じられるし、
応援団ナリキリで笑わせてくれるし、
どんな分野にあっても、新しい何かを創り出す才能とエネルギーがあると思う。

ところで先日のVS嵐での潤くん、腰パンでしたね。
国母選手バッシングと何か関係があるのでしょうか?

新曲は、『troublemaker』。
いい子ちゃんイメージの嵐ですが、
この閉塞した日本社会に、風穴を開けたいというメッセージでもあるのでしょうか?


|

« どうなの? お悩み相談 | Main | 毒舌3兄弟 »