« 初紅白、よかったですね~。 | Main | 分厚い世代層がターゲット。 »

January 03, 2010

「紅白出場、ありがとう~!」

会場から、「紅白出場、ありがとう~」というおじさんの叫び声が聞こえましたが、
私も同じ気持ちだなあと思いました。

「おめでとう」という他者を祝う言葉ではなく、
頑張って出場してくれて、私の夢の一つをかなえてくれて、「ありがとう~」という感謝の気持ちなんですね。

ファンだけでなく、嵐を支え、育ててくれたスタッフたちにとっても、
報われたような気持ちになって、「ありがとう」という言葉の方がふさわしいと思っている人たちもいるのでないかと思います。
嵐は、いろんなものを背負って、あの場に立っていたんですね。

印象的だったのは、大ちゃんの堂々たる落ち着きぶり。
NEWS ZEROに出演の時もそうだったけれど、
他メンが緊張してテンパッテいるときは、普段とは逆に思えるほどの風格が漂うんですね。
潤くんとは違う意味で、嵐の精神的支柱だと思いました。

そして、一昨年の初めての国立と同じように、
紅白の積み重ねてきた歴史に敬意を払い、それを生かしたパフォーマンスを行って、
期待以上の満足を与えてくれました。
赤から白への衣装の早変わり。
リピートすると、ほんの一瞬なんですよね。
さぞや綿密な準備と人手がかかっていることと思います。
新しく与えられたチャンスをステップアップの土台にすべく、
知恵と心と今まで培ってきたあらゆるものを総動員して、驚きを創生する。
これが、松本潤だし、嵐ですね。

やはり、「ありがとう」の言葉しかありません。


|

« 初紅白、よかったですね~。 | Main | 分厚い世代層がターゲット。 »